BarCode

DD・MDDなどのお人形関連手作りのアウトフィット製作・紹介するブログです。お人形に嫌悪感のある方の閲覧は、自己責任でお願いします。 ツイッターなどもやってます。@barcode355 (http://twitter.com/barcode355) (創作造形(C)ボークス造形村)

DDS(男の子)

アミそしてアミ

こんばんわこんにちわ。

少しばかり遅刻しましたが、
明日の「I・Doll West VOL.25」に持っていくアイテムご準備ができました。
物理的に今からもう一品作るのは不可能なので、
今週のラストを飾るのはこのアイテムとなります。
もっと色々作っていたいですしもっと色々研究したくはありますが、明日に備えてこの辺で。

というわけで元気に行きましょう。
コチラ!!

_DSC6526

「アミ ニットパーカー」です。
編みと網をかけて名付けました。
というものの私たちの手編みではないんですが、粗めの編みがどう見ても「カ〇ビー サッ〇ロポテト」に似た網目状だったのでこんな名前に…。

_DSC6527

今回はシンプルな被りスタイルのパーカー&少しユルめのシルエット。
中に多少着ていても被ることができるので、急な寒さに「一枚重ねる」的な使い方もおk。
勿論コレの上からベストなどを羽織るのもおしゃれかも?

_DSC6528

後姿はこんな感じ。
身頃だけでなく袖やフードに至るまでかなりユルくなってます。
袖もDDですら萌袖になるロングで手先の冷えも安心カバー。
ニット自体の伸び幅にも十分ゆとりがありますので、
バストサイズを気にしなくてもいいのが魅力の一つ。

_DSC6525

フードは被るとこんな感じ。
無駄に飾らずただシンプルに防寒性を追求。
Vネックシャツを応用し少しフードをダブらせて配置することで
胸元が少しでもあたたかくなればと思い工夫してみました。
今回のフードの薄さも相まってストリート感出てます。

配布予定価格は¥2500-
I・Doll West VOL.25から配布予定です。

地引網に掛かった男 <しぃ>

強い

こんばんわこんにちわ。
すっかり雨模様で明日が心配。
どうもこんにちわ、雨男しぃでございます。

そういえばアイドール名古屋って記憶している限り雨多いですよね?
そんな気がするこの日この頃。

たとえどんな天候であろうともBarCodeはできる限り全力で挑んでまいりますよ。
というわけで今回はそんな少しチャレンジなアイテムを一つご紹介。
飽き飽きしてる人も多いとは思いますがまずはお写真から。

_DSC6336

「テクニカルトーンスキニーカーゴ」です。
「テクニカルトーンデニム」のカーゴパンツ版を一つ作ってみました。
大本は一緒なのですが
他にもいろいろなアイテムの良いとこ取り(アレとかコレとかこんなのも)なすごいやつ。

生地はデニム×リブニットの黒を使い今まで以上の独特な履き心地。
おしゃれと作業着としての利便性スタイルの良さをこれでもかと注いだアイテム。
スキニーなのにニットのおかげで動きやすく。
外側がデニムで擦り傷にも強く 現場で外出でお家の中でも使える相棒。
カーゴだからオリーブとか迷彩とかデザートカラーととらわれず、
紺色採用でおしゃれとしても使いやすく。
洗濯だって出来ちゃうので汚れたってへこたれない。

_DSC6337

カーゴですから必ずついてますサイドポケット。
今回のは以前の白いのよりは劣りますがしっかりとした収納力を確保。
ポケット横から前に伸びるベルトにも長物を掛けることができて便利。
スキニーはこの横からのふくらはぎのシルエットがいいですね。

_DSC6338

バックスタイルはこんな感じ。
この変形ヒップポケット久しぶりに使いました。
意外と使い勝手もいいですし何より腰回しが細身に見えるのがうれしいですね。
切り替えの部分と綺麗にマッチして流れるようなステッチがインパクトあります。


配布予定価格は¥3000-
Nagoya I・Doll VOL.24から配布予定です。

強く 正しく 美しく

力を求めた男 <しぃ>

3度の飯より

こんばんわこんにちわ。
朝を迎える前にもう一度のこんばんわ。

秋は夜が長いので外にあまり出ない私なんかですと、
極夜の如く24時間日を見ない時もあったり。
そんな秋ですがいろいろなことを始めるのにちょうどよい季節だったりしますよね。
「スポーツの秋」だったり「読書の秋」だったり、
なんだかんだ言って「食欲の秋」だったり。

私なんかだとこの時期無性にビールがおいしいものですから、
「ビールの秋」なんて言ってたりします。

ちょうどこの時期ぐらいにビールのお祭りあったりしますよね。
今年は久々に行ってみたいなぁと思いながら・・・。

そんなアルコール分高めなお話は置いといて、新しいアイテムを一つご紹介

まずは写真見ていきましょうね。

_DSC6316

「ガーデンベスト」です。
念のために言っておきますが酔ってませんよ。

とりあえず名前のツッコミはまず置いといて、
朝晩少し肌寒いこのシーズンにあると嬉しいアイテムですよね。
このベスト少し変わってまして、
普通なら前立てを用いて留めるのが一般的なトップスですが、
これは裾で留めるという変わった形。
おかげでバストに沿って開き裾で纏まり角のある形になってます。
こうすることでバストやウエストに制約無く留めれるのが魅力。 

_DSC6317

バックスタイルはこんな感じ。
後ろは意外と短くちょうど腰との境目くらい。
少し裾を細身にすることでクビレをより強調できていい感じ。

ベスト単体でも

_DSC6314

このように合わせやすく
いろんなシーンに使っていただけます。


そんでもって、

コイツも「ガーデン」なアイテムの一つ。
でもこれで最後だったりしますのでご安心を、先ほどからご紹介していた。
スカートブラウス+そしてこのベストの3アイテムを
セットアップとしてまとめる事も検討していたのですが
今回はあえて3アイテムをそれぞれ個別にしました。

_DSC6312

そんでもって3つを着るとこんな感じに。
しっかりそれぞれの良さを最大限に引き出した纏まりのある形に。

_DSC6318

セットアップのバックスタイルはこんな感じに。
ゴムウエストを綺麗に隠しなおかつスカートの良さは殺さないようになっています。
肩回りも邪魔せず非常に動きの取りやすい形に出来上がりました。

ちなみにお名前の由来は冒頭でお話ししたビールにまつわる感じ。
「ビア”ガーデン”で働く人」をイメージしていたりします。
まったくもってアルコール臭いお話でスミマセン。

配布予定価格は¥2000-
Nagoya I・Doll VOL.24から配布予定です。

せっかくの秋 楽しまなくちゃ


酔いしれる男 <しぃ>

夢 魔法 そして現実

こんばんわこんにちわ。

9月も半ばあたりでそろそろ町の様子も「アレ」の準備でにぎわっていますね。

そうハロウィン。
用は西洋式のお盆のようなお祭りなんだそうです。
アンデットの様に仮装したり、
庭があるご家庭では派手に装飾されたオブジェなんかを作ったり。
定番のでかいカボチャをくりぬいたランタンなんかが有名ですね。

あのカボチャ実は数日にわたり晩御飯のおかずになることもあるらしく。
子供たちに飽きられることも多いとか。

と、言うわけで今回はそんなハロウィン向けのアイテムを一つご紹介。

いつもと同じ様にお写真から ど~ぞ。

_DSC6305

「パステルマジックロングパーカー」です。
ロングです そして淡いです …そして何よりパーカーです。

今年の猛暑にも活躍いたしましたロングパーカーに襟を追加して少しミステリアス?な感じ。
身頃を2トーンカラーで可愛さUP、
ポケットもそれに合わせて形を変更カシメがプラスされていいアクセントに。
袖も長くしてちょっとお化けっぽいルックスに。

_DSC6306

勿論フードも被れます。
少しボリュームのある髪型でも楽に被れるように大きめのにしてあります。

…でもそれだけじゃ面白くないよね♪


と、いうことで

_DSC6307

フード変形させちゃいました。
お名前のマジカルの所以はこの変形フード、「魔女の帽子」っぽい三角のシルエットが個性的。
三角形の先のほうに皺を入れることで独特な巻き具合。
フードのおかげで「魔女っぽい」を最大限に演出。

_DSC6308

フード被ってないバックスタイルはこんな感じ。
被っていないとそこまで目立った変更がないのでハロウィンの日だけでなく普段使いにもいい感じ。
ロング丈なので肌寒い日にも大活躍間違いなし。


勿論ハロウィンですから 皆仮装したいに違いありません!
そこで、

_DSC6309

念のためMDD向けも作ってみました。
DD用をブカブカに着るのも可愛いんですが、あればいいかなと思いまして。

_DSC6310

違いとしてはこんな感じ。
袖と身頃丈を少し小さくしただけで特別なことは行っておりません。
強いて言うならMDD向けということで、
私たちが識別しやすいように水色のファスナーを採用したくらいでしょうか。

配布予定価格はどちらも¥3000-
Nagoya I・Doll VOL.24から配布予定です。


田舎からの使者 <しぃ>

季節の変わり目 大人の二学期

こんばんわこんにちわ。

朝晩と少し秋を感じれるこの日この頃。
約一ヶ月のお休みを頂きましてすっかりリフレッシュなBarCode。
のんびりしているのもつかの間、
今週末2017年9月17日(日)開催 Nagoya I・Doll VOL.24 が近づいてまいりましたね。
今回は「H11,12」のブースにて皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

というわけで今回から夏休みの宿題の提出 …じゃなかった新作アイテムを紹介して行きますよ。
二学期も始まったすっかり秋ですもの、秋風のようなさわやかなアイテムから参りましょう。

まずはお写真から~。

_DSC6284

「デニムシャツ」です。
意外にも作ったことありそうでなかったアイテムの一つを今回は満を持して登場。

今まで「作らなかった」というよりは、「作れなかった」のが本音だったり。
理由といたしまして、以下が挙げられます。

〇 生地の問題。
デニムでなくそれっぽい生地を使えば済むことですが、
それでは芸がありませんしあくまで「デニム風シャツ」。
しかしよく流通しているデニムは生地が厚手のものが多くしかも硬いので、
形を出すのが難しかったのですが今回は薄く少し柔らかいデニムを使い、
角のしっかりと出てシャツらしい形になりました。
ついでに扱いやすいのも魅力。

〇 シャツの構造的問題。
シャツはその手法によりどうしても布が幾度と重なる部分がありデニムではどうしても野暮ったいシルエットになります。
今回は少し工夫し野暮ったさのないシャツらしさを追及。
ついでにピースの形状も見直しデニムっぽさをより強調してみました。

〇 コストの問題
今回は製作から洗いに至るまで効率をUPし今までのシャツ並みのコストまで下げることに成功。
いいものであっても高けりゃ意味がありませんからね。


_DSC6285

バックスタイルもシャツらしい細いシルエットがいい感じ。
ヨークもしっかり入れて動きやすさもしっかり考慮。
横に二本流れるステッチがデニムらしさを仄かに演出。

_DSC6291

そんでもって、シャツといえば胸元のコレ「台襟」。

どうでもいい話ですが、シャツを名乗るためには「台襟」が必要なのだとか。
台襟がなくそのまま襟が出ているものは大分類としてはブラウスという扱いに…。

襟のしっかりとした形を維持するのに必要不可欠だったり。
先ほど言っていた工夫はこの「台襟」をデニムとチェックの綿地の合わせ技で、
薄くかつデニムらしい風合いをそのままにスッキリとした首周りを演出。
面倒くさいアイロン掛け無しでもある程度襟の形をキープできる点で、
現代にも通用する技術のように感じます。

秋冬だけでなく幅広いコーディネートができるのでとっても便利な一品となっておりますよ。
一つは持っておきたいですよね。

勿論洗いの加工は実施済みです。一応36時間程であれば目立った色移りは確認できませんでした。
しかし、今回のシャツに関してお顔や直接肌に触れる面積も多いため、
長期ご着用で色移りの心配もございます。
インナーウェアを着用する・長期間の着用を避ける・市販の色止め剤で色止めをもう一度行う等、
色移り対策をお勧めいたします。

配布予定価格は¥2500-
Nagoya I・Doll VOL.24から配布予定です。


休み明けハイテンションな男 <しぃ>

アレアレ模様

こんばんわこんにちわ。

学生たちより遅めの夏休み~(?)。
大変お待たせいたしました、BarCodeしぃでございます。
今週から、2017年8月6日(日)インテックス大阪 5号館A・Bにて開催
ホームタウンドルパ大阪9」にお持ちするアイテムをぼちぼちご紹介して行く予定です。
BarCodeは「131-DD」にて皆様のお越しをお待ちしております。

今年の夏は荒れた天気に見舞われ大変な感じ。
予報では降る降る詐欺で中々降らない雨。
逆に降るときは災害レベルで降っちゃって大変な限り…。

そういえば学生のころ何人かいませんでした?
夏休みになるとタガが外れて色とりどりな髪色にしてみたり、
こんな時期だけすごく祭り男な学生さん。
「オトナなんかに俺たちの事は止められない!」的な思春期の荒れたハートの学生さんたち。
ファッションも個性的で目立つアノ感じ。
今回はそんなアイテムの再来ですよ。

ジャパニーズ独自の個性派アイテム再登場です。

「更にマブくなった俺たちを写真と共にご紹介していくんで 夜露死苦」…なんちゃって。

_DSC6201

「スカジャンRS-ZZ」です。

説明不要 ツッパリたちが一度は憧れる(?)目立つお洋服の華麗なる復活。

今回も光沢ある上質なサテンを使い肌触り滑らかで色もインパクトを更にアップ。
生地に至っても柄付き高級サテンを使えるようになったりと、今まで以上にマブくなりました。


そしてもちろん・・・・・ 

_DSC6204

ポケットは使えないと始まりません。
その他にもパターンを再度作り直しました。

シルエットの美しさを追求し、細くなった袖。
オールシーズンの使用を想定し、中綿を前回より薄い物を使用したり、
その他色々と実用に向けて改良いたしました。

着た人全てにあふれ出る自信を持っていただきたく、
細部までキマったお洋服になりました。
そんでもって、最大の特徴はやっぱり・・・

_DSC6205

イカした刺繍。
やはりコレがないと締まりが悪いですよね。
しかも今回は和柄な刺繍を独自ルートで制作いたしました。
前回よりも更なる強さをまとった本物志向。

そして何よりうれしいのが、刺繍の安定供給により再販が可能な点です。
なので前回の時のようなイベント会場で気に入った「色&柄」を
探すのに苦労しなくてもいいようになれるはず…。

ランダムに数種類を今回ドルパにてお持ち致しますので、
是非×2見に来てくださいね。

季節的には少し早めの登場にはなりますが、
嬉しさ故の急ぎ足だと思って許していただければ幸いです。

大変恐縮ではございますが原料価格高騰の影響をうけ、
配布予定価格は¥6000- (今回持ち込み分)
から配布予定です。


更に!!

世界に一つのオリジナリティを更に追い求める人向けに。
納期・配布価格要相談にてカスタムオーダーもお受け出来る体制を準備中。

刺繍をはじめ様々に拘りを実現するべく、

_DSC6207

写真の様にファスナーを2種類選択できたり。
左:ナイロンファスナー (開閉が楽でファスナーによる傷になり難いのがメリット)
右:メタルファスナー (半物志向の本格派 やっぱりカッコ良さはこちらに軍配が)

_DSC6206

今回登場のピンク・青のような柄入りの高級サテン地や
柄無し光沢のみのサテンや絹サテンなど生地だって選ぶことができるよう鋭意準備中です。

詳しくはブース又はTwitterのダイレクトメッセージ(@barcode355)にてお問い合わせくださいませ。

社会への小さな抵抗、自分の存在理由を探す旅人にピッタリな一枚をさらに追及。
パンチ力のあるカジュアル服としてもより鋭くカッコ良く。

電車の座席を座るのにやや抵抗感のある男 <しぃ>

せせらぎに願いを込めて?

こんばんわこんにちわ。

今週は結構ハードな一週間だった気がするそんな7月のラッキーデー。
そうです七夕ですよ。
織姫様と彦星様が年に一度だけ逢える橋が架かるそんな日。
何だか和製ロミオとジュリエットのようですね。
しかし織姫様は会いたくても震えたりしないしないあたりすごく辛抱強い気はします。
天の川がどれだけの濁流かはわかりかねますが、
彦星様ももう少し頑張ってもイイのではないでしょうか?

それはさておき丁度明後日
2017年7月9日(日)は、Sendai I・Doll VOL.6 
BarCode も勿論ディーラー参加しますよ。
ブースは「K01,02」にて、東北の皆様とお会いできる機会を頂きましたよ。
彦星様よりレア度は低いですが、
年におおよそ2回のチャンスです是非×2遊びに来てくださいね。

そんでもって
今回ご紹介するアイテムは、
そんなSendai I・Dollにお持ちするアイテムをご紹介。
もったいぶらずにお写真どーん。

_DSC6188

「バルーンデニム」です。
大阪のとある川で行われる七夕の灯篭流しがアイデアの元。
一説に睡魔を払うために、
眠りを紙で作った人形に肩代わりしてもらって川に流して祓い清める習慣なんだそうです。

このデニムで睡魔を退治はできませんが、
ゆらゆら川を流れる灯篭のような可愛い感じを形に。
ショートパンツ系の短い丈から伸びる脚で目が冴えることを祈ってます。

全体の形に目が行きがちですが、実はポケットを少し工夫。

_DSC6189

お写真の様に斜めにかつ大き目に切られた形で、
フワッとしたこのデニムでも手を滑り込みやすく、
小物を出し入れしやすい形状にしてみました。

可愛い系ではありますがデニムらしい使い心地はそのまま。

_DSC6192

バックポケットだって装備してあります。
勿論先ほどから見えているベルト通しもちゃんと使えますよ。

しかしあえて、その辺のこだわりを隠す形で

_DSC6194

こんな感じのヒラリとしたトップスとあわせてボリューミーにすることで、
DDSでもお写真の様に足が長く見える裏技的使い方もできますよ。

デニムと言うことで毎度ながら、色止め&洗い作業も完了済み。
色移りに恐怖せず少しでもデニムをお楽しみいただけるよう、
小さなお節介させていただきました。

配布予定価格はやっぱりデニムなので¥2500-
2017年7月9日(日)は、Sendai I・Doll VOL.6から配布予定です。

星に願いを 
川に祈りを

意外と泳げる男 <しぃ>

汎なモノ

こんばんわこんにちわ。

続きましてこんにちわ この記事から見始めた方もこんにちわ
明け方雨だったのに今は明るい感じの曇り空、雨なんて無かったかのような…。
アスファルトの水たまりだけがその雨を覚えているみたい。

ちょっと文学チックになっちゃってすみません。

今回ご紹介するアイテムは晴れ空が似合う汎用で夏に便利なアイテム。
実は前回のイベント(I・Doll West VOL.24)に間に合って少しだけ持って行ったものを量産化。
前回ご覧になった方もそうでない方も、
もしくは見落としちゃった方にもお写真を交えてご説明。

_DSC6080

「VネックTシャツ」です。
無難なベーシック系アイテム。
男女兼用だいたいフリーサイズ。
カラーは赤とグレッシュベージュの二色。
勿論ながら半袖。

_DSC6084

袖の長さはこんな感じで肘がしっかり出る感じ。
生地も薄手でインナーとしてお使いいただけるのは言うまでもなく、
レジャーやスポーツのお供にも幅広く使えるのが良いですよね。

_DSC6081

バックスタイルはシンプルそのもの。
それがまたいい、それでいい。

裾と袖周りのステッチを2重にして丈夫に。
それ以外の不要なものをそぎ落としたシンプルなアイテム。

配布予定価格は¥1500-
第35回 Doll’s Myth.から配布予定ですよ~。

真夏の太陽に良く似合うシンプルさ

単純明快な男 <しぃ>

まいて行こう 

こんばんわこんにちわ。

毎度ながら遅くなりましてスミマセン。
しかもいきなり告知なんです さらにスミマセン。

明日2017年6月4日(日)開催のI・Doll West VOL.24(京セラドーム大阪 スカイホール)
ブース「D11,12」でディーラー参加致しますよ。
6月と言うことで夏物多めです。
蒸し暑い日々が続きますが、皆様のささやかな涼みになればと思います。

と言うわけで今日も急いだ感じで色々とご紹介致します。
まずは小手調べに簡単なものを一つ。

_DSC6049

お洋服がメインではなくて…

ウエストのベルトにご注目!
ズバリ今回のアイテム「サッシュベルト」です。
すでに、「Sash(サッシュ)」だけでも「飾り帯・帯」という意味があるのですが…。
更に「Belt(ベルト)」まで乗っかって直訳すると「飾り帯帯」になるのは内緒のお話し。

巻けば何でも流行モノ風になる魔法の小道具。
ウエストの区切りが無いトップスやだるんとしたワンピース等のシルエットに、
女性らしさをプラスしたり 飾り気のないボトムにアクセントを加えることができますよ。

例えば…

_DSC6052

少しレトロ調なこんなアイテムも巻くことでどこか新スタイル風になります。
色も茶色なので汎用性が高くどのシーンにも使えますよ。
バックルも自由に調整できますので厚手~薄手まで幅広く対応します。

_DSC6053

こんな感じでどこかの雑誌とかでよく見る感じにも。
素材はソフトなフェイクレザーを使用し滑らかで使いやすさを追求。
本革をあえて使わないことでコスト面を抑え手軽にお使いいただければと思っています。

と言うわけで 配布予定価格は¥1500-
I・Doll West VOL.24(京セラドーム大阪 スカイホール)から配布予定です。

人生の区切りは中々曖昧だけれど
服はしっかり区切ってワンランクアップ

歯切れのいい男 <しぃ>

真っ直ぐの証

こんばんわこんにちわ。

ただいまの気温28℃…。

すでに暑いデスネ 熔けそうですよホントに。
今の時期くらいからへばっていてはダメなのもわかってはいるのですが辛い限り。
お仕事で外出が多い方はくれぐれも熱中症なんかに気を付けて、
こまめな休息をとってくださいね。

さてさて暑い暑い言っても仕方ありませんね、新しいアイテムご紹介して行きましょうか。
今回はこの時期くらいから欲しくなっちゃうアイテムですよ~。

メモの準備はよろしいですか?

こんなアイテム達です。


_DSC6016

左から「ダブルウェストホットパンツ2017 白」と
   「白ストレッチフィットタイトスカート改」です。
待ってた方も多いかも?なアイテム二つを作ってみました。
それぞれ個別に詳しく見て行きましょうね。

まずはパンツの方から…

_DSC6018

「ダブルウェストホットパンツ2017 白」です。
BarCode発信の「変形デニムホットパンツ系」を待望の白で作りましたよ。
再生産としては実に5度目のウルトラロングセラーアイテムで、
実は一番最初にこのブログで紹介したのもこのシリーズのアイテムなので歴史も古め。
しかし型紙は幾度となく変更されていたりします。
今回もその例に漏れず変更点ありますよ。
まずはサイドポケットの位置をほんの少しですが下げてみました。
他にもウエストベルト同士の距離を少し離してみました。
これによりスリムな見た目になりました。

_DSC6019

バックスタイルもしっかりヒップに追従したスタイルとなっているので使いやすさもUP!
様々なシーンで合せ安く気軽にアクティブさをプラスできますよ。


続きましてスカートはと言いますと…

_DSC6021

「白ストレッチフィットタイトスカート改」。
以前の「白ストレッチフィットタイトスカート」を少し改良して再登場です。
「個性の強いお洋服に合わせやすい」「ボトムに困ったらコレ」といった声が多く、
丁度品切れとなったので再生産致しました。
そのまま再生産と言うのもつまらないので、改造しちゃったわけなんです。

まずは、最近の流行に合わせやすいようにポケットをほんの少し下にして現代風に。
二つ目の変更は…

_DSC6023

ウエストをこんな感じのダミー分割式にしてより遊び心のある仕様にしてみました。

_DSC6024

バックスタイルは変化無しファスナーで簡単お着換えの便利仕様。
後ろのスリットで余計なまでのセクシー要素を出さず適度な感じにとどめてあるのも魅力。


最後にまたまた2ショット。

_DSC6026

今回は2つともステッチを藤色にしてみました。
生地のカラーがない分よりステッチの味が出て面白いんじゃないでしょうか?

配布予定価格はどちらも¥2500-
ドールズインワンダーランド 大阪 25から配布予定です。

線画の様に真っ直ぐなステッチで、これからの暑い時期の思い出を描いてみませんか?

汗を流す男 <しぃ>
ギャラリー
  • I・Doll West VOL.25のおまとめ
  • I・Doll West VOL.25のおまとめ
  • I・Doll West VOL.25のおまとめ
  • I・Doll West VOL.25のおまとめ
  • アミそしてアミ
  • アミそしてアミ
  • アミそしてアミ
  • アミそしてアミ
  • 冬のインパクト
QRコード
QRコード
記事検索
ランキング
ランキング2
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード