BarCode

DD・MDDなどのお人形関連手作りのアウトフィット製作・紹介するブログです。お人形に嫌悪感のある方の閲覧は、自己責任でお願いします。 ツイッターなどもやってます。@barcode355 (http://twitter.com/barcode355) (創作造形(C)ボークス造形村)

DDS

冬に咲く

こんばんわこんにちわ。

平日と違いまったりムードな土曜日の朝。
普段なら人であふれる駅のホームも今日は疎ら、そんな静かな日。

しかしBarCodeはゆっくりもしてられないみたい。
来る来週の 2018年11月25日 UHA味覚糖館 7Fイベントホールにて開催
箱庭vol.7にBarCodeはディーラー参加します。
箱庭7会場案内_印刷用A4サイズ縮小可

ブース番号は「さ」です。
年内最後の大阪でのイベントになりますので、関西の皆様是非×2あそびにきてくださいね。

さてさて、ほぼ一ヶ月の間ブログをお休みの間皆様いかがお過ごしでしたか?
BarCodeは冬を皆様と楽しいものにできるように、
色々とオモシロイ事を考え中…だったりします。

そんな中少し前にTwitterにて、簡単なご報告をしましたこんな布。

KIMG1295

一番下が上代というBarCodeではモンスター級の高級布をゲットいたしまして、
折角なので大赤字覚悟で今までに無い斬新なアイテムを一つ作ってみたいなぁと思ったわけですよ。

一応生地の説明をいたしますと、

まずは遥々海を越えてきた國は伊太利(イタリー)の舶来品。
勿論素材は絹100%の特級なモノで染の花柄だけでなく、
地模様でも草花をモチーフにした柄が施されていて生地だけでも飽きない質感。
勿論手触りだってふんわり柔らかで数々の布を触ってきたBarCodeの二人ですら
こんなにいい生地は滅多に触れることはないほど。

そんないい生地なので、そのまま包んでも十分にリッチな気持ちになれますが、
それじゃ皆様が納得できないところですよね。

なのでこうしてやりました。

まずはお写真

ドーン

_DSC8173

「栄華秀英(えいかしゅうえい)」です。
草木の花の総称として使われる熟語より命名。
豪華絢爛なバラの柄に
形も花の様にボリュームを最大限にしたパーティードレスです。

_DSC8180

あえてシルエットを派手にせず、
生地の良さや技術面での良さを全面に押し出したつくりを目指しました。
特徴としてはお馴染みの2in1の発想をアレンジし、
ほぼ1枚でお写真の様な姿になるドレスとなっております。

それだけでは寂しいかも?
ということでワンポイントにカフス(手首についてる飾り)も作ってみました。

_DSC8191

後ろ姿も可憐な感じに。
今回このドレスを作るにあたって一番に気にした点は、
金具や継ぎ目しまいにはファスナーさえも裏(背面)に持って来ない事。

どんなに前が美しくても後ろに色々小細工しちゃあオモシロく無いでしょ?
そりゃ勿論、背中に編み上げをすればサイズは自由効きますし便利。
ファスナーが背面にあればお着換えも楽×2。

でもね、折角の良い生地なんだから縫いも裁断も良くなくちゃ生地がかわいそうだと思うんです。

_DSC8183

そんでもって、アクセントにシュシュを身頃と同じ生地で作りました。
別に長い髪の毛の娘に向けて作ったわけでなくオマケとして可愛かったので…。
勿論こちらもセットとして含まれます。

_DSC8188

今回生地が柔らかなこともあって、
ボリュームを出すために通常の二倍シャーリングにしてます。
更に芯として珍しいカラーのチュールでボリューム増し×2。
そんでもってチュールが直接当たれば辛かろうということで、
レーヨン100の紫の裏地でシッカリ保護。

ミニ丈でありながら重厚な趣を醸し出します。

_DSC8199

対応サイズは DDS M胸~DDdy迄とパターンの限界を突き詰めました。

普通のイブニングドレスの様に長い丈のドレスを作り、
一着を高価にすれば正直BarCodeとしてはオイシイ所ではあります。

しかしそれでは良いモノを広く皆様に渡すことは絶望的ということで、
今回あえてパーティードレスの様な手に取りやすい価格帯のものでなおかつ、
数を作れるように工夫をしたアイテムになりました。
内容物は、「ドレス」+「カフス×2」+「シュシュ」になります。

しかしそれでも数に限界があり今回の合計10セット(※内Twitter通販分5セット)限定となります。
ゴメンナサイ…。

しかし、配布予定価格は頑張らせてください。

¥182700÷10セット=¥18270になるところ、
普段の皆様へのご愛顧のせめてもの恩返しとして

改めた配布予定価格は… 
¥9500-でお願いします

イベントでは箱庭vol.7から配布予定です。
イベントに来れない人のためにTwitterにて数量に限定を設けて配布もする予定です。

世界の全ての花の様に新しい価値を芽吹かせていきたい。

モノ言わぬ花々に心打たれる男 <しぃ>

来たぜ幸せ

こんばんわこんにちわ。

イベント前の寝れないドキドキ感を味わう男しぃが、夜更かしついでに書いているブログ。
皆様休日の夜楽しんでいますか?

今週はサボった分の挽回ということで、もう一個アイテム作ってみました。
早速なんですがお写真を…

どっかーん


_DSC8077

「フォーチュンパーカー」です。
アメリカの中華料理店の食後に出てくるひどい扱いを受けるお菓子から命名
残念ながらモデルとなったお菓子の様におみくじの機能はありません。
しかし形が何かを包んだようにふっくらしていて柄も七星テントウの様な柄なのでこのお名前に。

生地は無地とドット柄のニットで少し長めの丈で袖もふっくら&長め。

_DSC8078

今回の特徴である袖。
まるで何かを包んであるかのような2つ合わさった形。
ステッチのおかげで、硬すぎない程度に形状保持するそのふくらみが新しい?

_DSC8080

フードはこんな感じ。
少し小ぶりながら深めのフードでおデコまでならしっかり被れます。

_DSC8085

もう一つの特徴は襟。
ファスナーが付いた部分とは異なり内についたグレーの襟がのぞくデザイン。
フードは実はその襟から伸びているんですよ。

配布予定価格は¥3500-
ドールズインワンダーランド 大阪 28から配布予定です。

意外と幸せな男 <しぃ>

遅れて

こんばんわこんにちわ。

続いては先週のDoll’s Myth.にてひっそり出していたニューアイテムを一つご紹介ですよ~♪
本当は先週の金曜日に時間があればブログまで頑張りたかったのですが、間に合いませんでした。

ってなわけで思いついたら吉日!こんなタイミングだけどご紹介。
さり気なく前回のブログやTwitterなんかには映っていた謎のアイテム

そう、ソレなんです。

ドーン

_DSC8052

「マッカーサー」です。

パンツ×○○のワンピースみたいなアイテムは数多く作ってきましたが、
今回のアイテムは組み合わせからぶっ飛んでいて、
パンツ×ダブルコートをモチーフに制服ライクな装いのワンピースドレスを製作。

_DSC8054

チェックの大人しいウール地を使い”黒感”出しつつ、
それを裏切るような真っ赤の裏地が味を醸し出すワンピース。
今回襟は蘭服ぽい立ち襟に前面のカシメが威圧感MAX。

コスプレの様で独創的ながら浮世離れしすぎない感じを目指しました。

_DSC8056

後ろはこんな感じ。
あえてパンツ側ではなく上着側に付けられたベルト留めが、
この服をワンピースだと認識させてくれます。
よく見ると肩の部分にタブもあるので飾りつけなんかも楽しめるようになっていたりします。

_DSC8058

ベルトを通すとこんな感じに。
今回は細めのベルトで少し可愛くしました。(私用したベルトはR一工房様より)
他にもタイツやソックスで肌の露出を抑えたり。
ベルト留めを活かしてチェーンや組み紐なんかでアレンジするとカッコよくなりますよ。

配布予定価格は¥6000-
実は第39回Doll’s Myth.から配布してました。

おっちょこちょいな男 <しぃ>

白いヤツ

こんばんわこんにちわ。

私用とその他で相変わらず更新が遅くなり失礼しました。
皆様お元気でしょうか?

先週のDoll’s Myth.はお喋りお兄さん(オジサン)のしぃが欠席しちゃってすみません。
春からほぼ×2休んでなかったので有給消化ということで、お友達の別荘にて遊んできましたよ。
こんな感じで…

_DSC8034_DSC8006

_DSC7968_DSC7950

久々のさぼり… いと楽しかったデス。
しぃに期待してお越しいただいた方や、目印にしていた皆様にはご迷惑をおかけしました。
ゴメンネ!

さてさて、充電もほどほどに明日の
2018年10月28日(日)まんだらけグランドカオスにて開催
ドールズインワンダーランド 大阪 28にBarCodeはディーラー参加します。
ブース番号は「16」です

そんでもって今回は先にTwitterによってまさかの配布アイテム化?したものをご紹介。

ソーです×2 あれですよあれ。

とりあえずまずはお写真を

どん

_DSC8063

「タオルセット」ですよ。

タオルとバスタオルの各1枚をセットにしたモノ。
お写真の様に巻けば何だか少し背徳感。
Twitterに上げたモノよりやや薄手にはなりますが滑りにくく、
吸水速乾性に優れたタオル地にて量産化。
バスタオルに特に留め具などは使用していなくてもこのように負けるのがうれしい所。

_DSC8065

バスタオルはおおよそ 縦46㎝・横27㎝で端の処理はシンプルにして、
畳んだ時の薄さと畳みやすさを重視してみました。

_DSC8066

タオルの方はおおよそ 縦27㎝・横11cmコチラも端処理は同じ。
各タオル共に生地の個体差もあるため大まかなサイズにはなりますが、
1/3のサイズを目指しました。

_DSC8067

これから先寒いシーズンに突入しますが、こんな使い方もいいんではないでしょうか?
ただのタオルですので上のお写真の様な羽織りやその他色々な使い方出来ますよ。

_DSC8068

タオルとバスタオルの端には識別用の花柄刺繍付けてみました。
青はバスタオル 赤はタオルになっていて畳んであっても判りやすくなっていますよ。

そんでもって折角のタオルに因んで、

_DSC8069

スーパーDX(デラックス)なお風呂向けフルセットもご用意しました。
コチラは、タオルセット+バスローブ+ヘッドキャップの豪華4点で
配布予定価格は¥5000-…つまり!

スーパーDXセット(¥5000-)=バスローブ(¥4000-)+ヘッドキャップ(¥500-)+タオルセット(¥?-)
なのでそのままの計算しまして、

タオルセットの配布予定価格は¥500-でお願いします。

勿論ドールズインワンダーランド 大阪 28から共に配布予定です。

白湯出汁に心打たれた男 <しぃ>

ここにあった

こんばんわこんにちわ。

というわけでご用意しちゃいました。
まずはお写真から見ていきましょうね。

べべべべん!

_DSC7901

「スカート」です。
チェックの生地にピンクベージュが秋らしい弱変形スカート。
前が2cm程短くなっておりヒップで持ち上がる後ろと合う絶妙な丈感。
シンプルなのに目立つ大きなリボンでありながら、
色が大人しいためどんなシーンにも合わせやすいですね。

_DSC7902

バックスタイルはこんな感じ。
今回は長さにも余裕がありますし、
生地も秋冬用の厚手のモノなので、
シルエットに影響が少ないためセンターファスナーを採用しました。

_DSC7903

コレだけ寄って撮ってもハッキリとしたリボンのおかげてしっかり目立つスカートです。
ニュートラルなスタイルなのにどこかかわいらしい。

配布予定価格は¥3000-
Fukuoka I・Doll VOL.9から配布予定です。

「こういうの探してたんだよね」は無くなる前にお早めに。

旬を大事にしたい男 <しぃ>

照らすは夜の

こんばんわこんにちわ。

出発までもう少し時間がありますので、用意しつつブログ(;'∀')φカキカキ。
そういえば、前回のイベントアイドールwest前に急遽ご紹介したアレ

Twitter無い人向けにこんなドレス ↓↓
_DSC7868

正式版出来上がったのでご紹介しようと思います。
会場では色々と秘密をお教えしたのですが、さらに改良しより面白くなりましたよ。

まずはお写真から~

ドッカーン


_DSC7878

「月光」です。
月のように白く滑らかな色と透き通るような輪郭が何とも愛おしい一品。
サテンとオーガンジーの絶妙なハーモニーに中に込められたピンクのレースが、
月明かりに照らされた素肌の様に淡く切ない。

と性に合わない言い回しはここまでにしまして、

_DSC7889

全体像はこんな感じ。
今まで作って来たドレス系のアイテムをところどころベースにしつつ、
独特なシルエットのウェディング系ドレスに仕上げてみたアイテム。
サテンも「ただ白だから」と考えず、
質感の違いや特性の違いを生かした2種類のサテンを大胆に使いました。
スカート部分はオーガンジーの透け感が美しいバルーン型。
中にピンクのレースが覗きなんとも幻想的。

_DSC7890

後ろはこんな感じ。
チョットだけベールを外したお姿になってもらいまして
後ろはお着換えに便利なファスナーには相変わらず拘ります。
それでいてサイズや布の余りを気にしなくてもいいように、
コルセット部の一部にゴムを採用しシルエットを崩しません。

_DSC7891

オマケにお付けするヘッドドレスは、
偏光チュールやオーガンジーでシンプルかつ豪華に見えるそんなアイテムに。

_DSC7892

トップにはウエストのリ番と同色のリボンのバラをさり気なく。

ってなわけで、配布予定価かk… のその前に。









正直な話。
BarCodeがコレだけのためにわざわざブログ書き起こすほどの、
ドレスとは思えませんよね?

ドレスっていうのはいつの時代であっても”特別”な存在であってほしいモノ。

実生活には溶け込めないし、不便で場所取って、しかも重い。
だからこそ着るだけで気持ちを別世界に連れて行ってくれるのかもしれません。
あるいは見える景色が変わりそれはもう至高のひとときにさせてくれるものだと信じたい。

だからこそBarCodeもそんな想いに応えたい。
というわけで、今回はこんな仕掛けをご用意。

_DSC7898

まずは先ほどと同じく蛍光灯やフラッシュライト下で撮影したごく普通のアイテムの着用写真。
白くキレイな質感なのは先ほど紹介した通り。

それをこうして、こうじゃ!的な感じでブラックライトやブルーLEDのもと撮影すると…

_DSC7894

こんな感じ。
近紫外線に反応して中のピンクがよりはっきりとしたり、
使い分けをしていたサテンが青く輝いたりして、
まるで月光の様な淡い中に秘められた威風の感じる色合いに。

_DSC7880

スポット的に青色LEDをスカート裾に当てフラッシュを弱くかけてみました。
コレはこれでなんとも幻想的な感じではないでしょうか?

特別な明かりに照らされて、なおかつ写真では表現できない深い味わい。
まさに超特別なドレスとなっております。

_DSC7899

更に×2DD系のどのバストサイズにも合わせるべく余裕の対応力
お写真右はDDdy左はDDS/S胸と対応しています。

配布予定価格は¥20000- 限定数3枚
Fukuoka I・Doll VOL.9から配布予定です。

何もかも特別な日に特別な一枚を

ヴェルターズオリジナルをもらえなかった男 <しぃ>

in the autumn

こんばんわこんにちわ。

台風さんが無くなって意外と暑いそんな三連休中日。
皆様いかがお過ごし?

お出かけするにはいい感じですので行楽とか、ただ散歩するだけでも楽しそう。
春と違って日本では比較的のんびりとした時間が流れているような気がしますね。

そんなのんびりとした時間を過ごすのにちょうど良いアイテムが一つ出来上がりましたので、
ご紹介いたします。

どーん

_DSC7850

「レースinハイネックカットソー」です。

けっこう人気だったコレを今風にした感じのカットソー。
身頃地はウレタン入りウールで体を冷やしにくく動きの邪魔になりません。
レースも今回は少し柔らかく伸びのあるものを利用し最近にも通ずる進化を遂げました。

_DSC7852

後ろはこんな感じ。
レースをしっかり使い、前身頃のイメージを崩さず仕上げてみました。
それでいて今回はファスナー式にして着替えやすさUPで大変便利。

_DSC7856

ついでにコーディネートの見本を。
パンツと合わせた紹介のお写真の様な組み合わせもいいですが
この前紹介しましたスカートを使って何だかセンセーみたいな感じに。
家庭教師のお姉さん風といったところでしょうか。

男子は何だか期待が膨らむかも??

_DSC7859

裏の縫い少々を工夫して繋ぎ目に黒のラインが入っているように見えるのが、
今回のアイテムのちいさなオススメポイント。

フォーマルにもカジュアルにも使い方次第で色々遊べるので、
この秋のコーディネイトの基にしてみてはいかが?

配布予定価格は¥2500-
I・Doll West VOL.27から配布予定です。

この時期でも額に汗な男 <しぃ>

ひとつウエノ

こんばんわこんにちわ。

休憩をはさんで、またまたお目にかかりましたね。
意外と夜は更けっているものでそろそろ明朝と深夜の境目?
世界のどこかで起きて見てくれてる人が居ると信じながら今回もアイテムを一つご紹介。

まずは定番のお写真から~

どん! どん!


_DSC7841

左「ノーブルマンブラウス」と右「プリンスブラウス」です。

ベースを同じくし、色や対応サイズで名前を分けてみました。

ノーブルマンの方はDD・DDS・DDdy向け袖無しピンクストライプ柄のブラウス。
プリンスの方はMDD・SDC向け袖ありのモノトーンストライプ柄です。

まずはノーブルマンの方からご紹介。

_DSC7776

「ノーブルマンブラウス」
お名前の由来は「貴公子」、どこからか感じる高貴さが魅力。
軽くてしなやかなサテン地ストライプ柄で艶感のある手触り滑らかなブラウスです。
襟周りにレースやダミーのアスコットタイ(高貴そうなネクタイ)を付きでとってもゴージャス。
コチラは袖がない分胸元に目線が行く感じですね。

_DSC7778

バックスタイルはこんな感じ。
ヨークは今回無しにして素材本来の柔らかさを生かし厚み感を減らしてみました。
裾の長さはボトムに入れても出しても使えるちょい短め。

_DSC7846

パンツだけでなくスカートだって似合うんです。
その他にも袖がない事を利点にスーツやカーディガンと合わせやすいのも魅力だったりします。


続きまして、

_DSC7842

「プリンスブラウス」
お名前の由来は「王子様」
まだ、小さいけれど覇気を秘めた感じの堂々としたブラウス。
袖がある分より高貴な感じもありつつどこか可愛い。

コチラもサテンではありますが、少し硬めで光沢も控えめ。
その代わり手触りや生地自体の強さは「ノーブルマンブラウス」より強く、
引っ掛かりにくいので、暴れん坊な王子様&おてんばなお姫様に最適です。

_DSC7844

バックスタイルはこんな感じ。
コチラもヨークを無しにして少しでも薄くを目指しました。
その分動きにくく在ってはならない様に身頃はやや広めにとりました。

配布予定価格はどちらも¥3000-
I・Doll West VOL.27から配布予定です。

気品は身に纏いついてくるもの

気品あふれる男になりたい… <しぃ>

煌めきの向こう側

こんばんわこんにちわ。

そろそろお目覚めなんて方もいらっしゃったり?するかもな明朝。
二度寝な方も今から仕事なんて方も、おはようございます。

作るのに熱中しすぎてブログがギリギリになるいつものパターンですね。
そしてやっぱり眠い…ですね。
眠くなる前の最後の気力を振り縛り更新中。

そんなタイミング程いいモノが出来上がるっていう悲しいジンクスがありまして、
今回も凄くいいモノ…できちゃったんですよ。
ってなわけで、ご紹介しましょう!

まずはお写真から

どろろん!

_DSC7807

「メタリカスーツセット」です。
お洒落でキレイなオトナ感のあるスーツセット。
タイトスカートとジャケットの上下セットで登場です。(シャツは付属ではありませんが、コレ使ってます。)

_DSC7810

全体はこんな感じですよ。
チタンシルバーな生地をメインに、艶感ある紺色の組み合わせによるメタリックな質感。
どちらの生地も滑らかで肌触りが良いのがうれしい。
カラーのおかげか影がしっかりできて、よりシルエットが活きるスーツになりました。
カッコいいだけがスーツではありません。
可愛さの象徴ハートをあしらった黒レースでどこかチャーミング。
そしてそこに絶妙なスリットを加えることで魅惑的なタイトスカートが最大の武器。


_DSC7811

バックスタイルはこんな感じ。
前にスリットがあるのでこちらはシンプルそのもの。
スカートは真ん中にファスナーでのお着換えを採用してあります。

_DSC7812

裏地はしっかり今回はワイン色。
見えないところだけど、「着るとき見える。気分がアガる。」
な感じになればと思います。

_DSC7815

前面のボタンは金メッキで真ん中一点に配置しシンプルに仕上げました。
光るスーツと言えば派手でお笑いやショー的なものを思い浮かべがちですが、
ただ光るのではなくシッカリとシルエットを生かし形を面白くすることで、
ここまでキレイになれるんです。

このスーツならきっとワンランク上の世界へ導いてくれるはず。

配布予定価格は上下セット¥7000-

I・Doll West VOL.27から配布予定です。

ハジャギ過ぎ無い輝き

金属が好きな男 <しぃ>

この話、怖いんです…よ?

こんばんわこんにちわ。

そういえば今年もやってきました「ハロウィーン」の時期。
要は西洋の「お盆」に当たる日なのだとか?
以前にも言った気がしますが…。

それはさておき、日本でもお盆というと様々な噂話がありますよね。
勿論この「ハロウィーン」っていうお祭りにもそういう噂があるそうですが。

ってなわけでそんなうわさ話を基に一つ面白いモノができました。
折角なのでご紹介いたします。

ドーン

_DSC7824

「ごぉすとぱんつ」です。

この子とかあの子とかの親戚にあたるオバケさんが約3年のブランクを開けてやってきました。
どうやら今回もハロウィーンのお祭りに交わりたいみたい。
「ミンナ ト タノシク アソビタイ」とのことですので仲良くしてあげてください。
ってなわけで、久しぶりのこういう系のアイテム、
設計思考そのままにを今度はみんなが穿けるパンツの形にしてみました。

_DSC7820

全体像はこんな感じ。
捲ってはありますが、裾の長さはDDで膝位。
そんでもってMDDども穿けますその際はちょうどくるぶしまでの長さにしてあります。

捲ったほうが可愛いけどね。

_DSC7821

後ろはこんな感じ。
ご自慢の長い尻尾もしっかりついています。
そしてそのアシンメトリーな感じがまた可愛い。
右後ろにポケットもついてて便利さもいい感じ。

_DSC7822

実は今回のオバケさんは手があり動きやポーズのつけ方で様々な表情を見せてくれる愉快なヤツ。

お気づきになられただろうか…この何とも怨めしそうなポーズを…。(なんちゃって)


パンツを揺すっていたらお写真の様な可愛らしいポーズになりました。
勿論パンツとして便利なようにウエストは紐、レースのギザ歯口風ポケットも両前についてマス。

ハロウィーンだけでなくポップな感じのパンツとしても、
この愛らしさはあり?なんじゃないでしょうか。

配布予定価格は¥3000-
I・Doll West VOL.27から配布予定です。

「オイラ キット ヤクニタツ」かすかに聞こえるその声の先は…

実はハロウィーンをよくわかってない男 <しぃ>

Hiな

こんばんわこんにちわ。

最近Twitterなどを覗くと配管工のオジサンが世界を救うアクションゲームで、
可愛らしい王冠で綺麗な姿の姫に変身する(?)カメの王様を見かけます。
他にもオバケの姫様なんてのもいるみたい??
アレ流行ってるんですか?

何時も流行りに置いてけぼりなBarCodeが、
流行りを無理に追いかけることなく気まぐれなアイテムを作って紹介するブログ。

流行りだからと色々節操なく手を出すとかえってシンドイですからね。
というわけで、元気に参りましょう。

折角話題にもなったことですし、「管」に着想を得て作ったアイテムをご紹介。
まずはお写真を、

どっかーン!!

_DSC7829

「ドレインパイプスカート」です。

意味はズバリ「土管」なスカートです。
何を隠そうその姿がさながら筒の様に見えることからこの名前に。

別に汚れているワケじゃないよ。(´・ω・`)
形としてはハイウエストな長めのタイトスカートと言ったところ。
丈はちょうどアンダーバストからスネ位。

この形にするために非常に伸びのいいストライプ地をメインにウエスト帯をあえて無くし
何処から流れるようなラインを限界まで追求しました。
チラリと見えるレースもまた薄いモノを採用し、
キレイの中にも少し可愛げがあるスカートに仕上がりました。

_DSC7832

折角なのでバックスタイルは少し斜めから。
只々筒状にスカートを作ったわけじゃありません。
実はこの姿が少しでも美しくなるように、ウエストを無くしたといっても過言ではありません。
更にさらに、
お写真の様にしっかりとヒップに合わせるためにスカート上部を切り詰め、
ボディラインにこれでもかと追従できるよう工夫してみました。

_DSC7834

そんでもって最大のウリはこのギミック。
ファスナーでスリットを自由自在にできます。
それに合わせてレースはウエスト一杯までちゃんとついてます。

エロティシズムな感じも良し! オトナ可愛いも良し! 全閉でお淑やかな感じもアリ!
ご自由にお楽しみいただければと思います。

もう一つの利点はオープンファスナー故にお着換えが楽なのも見たまんまに。

そして気になる配布価格。
「シンプルゆえに工夫しました。」とか「伸びる生地が縫いにくくて」なんて弱音を言わず。
皆様の元に少しでもいきわたればと思いまして、

配布予定価格は¥2500-
I・Doll West VOL.27から配布予定です。

ミドリの土管から飛び出て世界の平和は守れないけど、
何処か誰かの救世主になればいいな。

追記:ファスナーの色違いで紺もできましたのでお写真置いておきますね。

_DSC7867

なので選べる2タイプですよ

_DSC7861

足元だけだとなんだかとってもセクシー…。

大きすぎて土管から出勤できない男 <しぃ>

邪魔されない時間とラブリーと

こんばんわこんにちわ。

またまた嵐な予感にBarCodeは少ししょんぼりなこの日この頃。
皆様は対策できていますか?

対策ばっちりな方も、忙しくて手が回ってない方も。
備えあれば患いなし! 肩透かし食らう位がちょうどいいかも?ですよ。
シッカリ備えて暮らしに安心安全を…。

備えるついでにもう一つ、
来る2018年10月08日(月祝)インテックス大阪にて開催
I・Doll West VOL.27にBarCodeはディーラー参加します。
ブース番号は「B59,60」です。

台風直後のイベントでやや備えに心配は残りますが、
台風に負けずアイテムいっぱいご用意頑張りますので、
どうぞ当日は皆様お誘いあわせのうえ遊びに来てくださいませ。

そんでもってまず今回お持ちするアイテムの一発目!

ばばーん!!!

_DSC7753

「ラフスタイル ハートパジャマ」です。
可愛らしいピンクのハートが目に留まるお気軽パジャマ。

_DSC7755

全体はこんな感じ。
パーカーと簡単なパンツのパジャマセットなわけですが、部屋着としては最強の組み合わせ?
ハート柄の生地はファーでこれからのシーズンもしっかり暖か。
それだけだと動きにくいのでグレーのニットで伸びを設け心行くまでくつろげるパジャマに。

_DSC7756

パジャマだからと手を抜かず、パンツには前ポケットも完備。
ウエストの紐でサイズだって思いのまま。

_DSC7757

勿論パーカーだってポケット付き。
有ると無いとでは利便性大違い。

_DSC7758

後ろはこんな感じ。
寒い時だってフードを被れば暖かい。

_DSC7761

そんでもって、こういうパジャマの利点!
パンツを外行き用に履き替えれば、「チョットコンビニに…」なんて感じでお気軽に外出できます。
組み合わせ次第では本格的なデートまで使えるかも?

_DSC7769

パンツはパンツで、
緩いトップスと合わせてくつろぎMAXのリラックスタイム~♪

_DSC7837

今回のパーカーは「寝る」ことも想定し裏地無しの薄くて楽な感じ。
その分縫製はしっかりと。

配布価格はだれがどう見ても”お得”な感じにしたくて、
頑張ってみました。

配布予定価格は上下セットの¥4000-

これはもちろんI・Doll West VOL.27から配布予定です。

週末アレやコレやとやりたいことあるけれど
結局お部屋でゴロゴロ まったり時間

くつろぎ過ぎな男 <しぃ>

ノワール

こんばんわこんにちわ。

今宵はこれにて最後の更新。

長かったようで短い夜もここまで。
もうじきお日様がお目覚め。
だから今日はここまで。

そしてそんな最後を飾るステキな物が出来上がりました。
ご紹介いたします。

まずはお写真

でーん!

_DSC7699

「オパールベルベット スカート」です。
洋風模様のあるオパールベルベットを大胆に使ったロングスカート。
縁には色合いの近い黒のレースで統一し大人しい感じに仕上げました。

_DSC7701

バックスタイルはこんな感じ。
いつもの様に後ろファスナーで着替えやすさ重視。
ふっくら気味のシルエットにはしっかりとタックを折りこみ型崩れしにくいのも魅力。

_DSC7703

丈感も短すぎず長すぎず、
DD&DDdyなら脛くらい DDSならくるぶし丈を意識しました。

_DSC7704

ベルベットの性格上細かい埃も出やすいため長期の着用はあまりお勧めしません。
念のために肌に触れる裏面に関しては白裏地を採用し最大限の色移り対策は行っています。

それを差し置いても、この長さと柄は魅力的是非一度お手にとってご覧くださいませ。

配布予定価格は¥3500-
Nagoya I・Doll VOL.26から配布予定です。

毛並みはクラッシュ気味な男 <しぃ>

リーチフォーザスカイ

こんばんわこんにちわ。

サタデーな明朝いかがお過ごし?
最近ぐずついたお天気であんまり良いとは言えないジメジメ気味な感じですね。
これが終わると一気に寒くなりそうな予感?

ってなわけで、今回はもしもの急な寒さをしのぐべくこんなものを作ってみました。

まずはお写真を

どーん

_DSC7680

「スターリー カーディガン」です。
星が輝く深い暗い夜空をイメージしたカーディガン。
生地は混毛の藍ニット、身頃は短め袖は長袖の合わせやすいアイテム。

_DSC7682

バックスタイルはこんな感じ。
前から伸びるバラのレースが少し乙女チックで可愛らしい感じ。
今回のカーディガンは襟元を小さくすることでちゃんと防寒着としての役割もあります。

_DSC7685

今回は甘めのワンピースと合わせましたが、
普段お使いのカジュアルやここぞというときのフォーマルな装いにもマッチします。

配布予定価格は¥2000-
Nagoya I・Doll VOL.26から配布予定です。

何かにとどくような気がする男 <しぃ>

マリア・テレジア

こんばんわこんにちわ。


明日はお休みで夜更かしなアナタも、
お仕事を頑張ってるあなたも、
皆様、夜遅くまでお疲れ様です。

BarCodeはもう少しお仕事な今日。
さすがにこの時間まで何か作業していると疲れが蓄積した来た感じがします。
こんな時欲しいモノと言えばやはり「甘いモノ」ですよね。

私もそろそろオトナ、学習しましたよ。
ちゃんと用意してあるんですよ「甘いモノ」。

折角なんで皆様にもお披露目~

どどど~ん


_DSC7670

「ブルーキュラソーワンピース」です。
柑橘系のフレッシュな香りが特徴の青いリキュールの様な甘いワンピース。
青をベースにリボンにボタンをこれでもかと青ずくし。
更にレースやパワーネットでデコレーションしパフェの様な盛り×2な甘さ成分で仕上げた一品。
メインの生地は綿を使っているので扱いやすくこう見えて…洗えるのもウリです。

_DSC7675

バックスタイルはこんな感じ。
後ろだって甘さ成分はそのままに、
便利な後ろファスナーで甘い夢から覚めさせません。(嘘)

_DSC7676

そして今回の特徴はトップ部のブラウス。
残念ながらフロントオープンはできませんが、
リボンと調和の取れたボタンが女子力120%をお約束。
細部まで甘いワンピース皆様もおひとついかが?

配布予定価格は¥5000-
Nagoya I・Doll VOL.26から配布予定です。

疲れが取れない男 <しぃ>

シークレット×2

こんばんわこんにちわ。

わりと長い間お待たせしました。
夕方に引き続きおニューなアイテムを引き続きご紹介していきたく思います。

今回はあえて自分にケンカを売るような不思議なアイテムを一つご紹介。
まずはお写真をどーぞ

シュパパっと

_DSC7666

「ポーカーフェイスワンピ」です。

最近少し流行りも変わり大人びたスタイルに再びブームの予感?ということで、
少しオトナな感じのワンピースを作ってみました。
しかしなんの制限もないのは作る側として面白くなかったので、
今回あえて自分に課した条件は、_DSC7623
コレに使用した生地のみで作る」です。

まだ在庫があるアイテムを選んだのには理由があります。
材質は同じでも形や使い方でどれだけのものができるのか?
という純粋な製作中の疑問に素直に向き合ってみたかったからです。

なので全く同じ素材のグレーのニットを使いシンプルで、
何処か大人の余裕がうかがえる形にしてみました。


_DSC7667

バックスタイルはこんな感じ。
便利な後ろファスナーなのは勿論着易さを重視した襟作りで扱いやすさもトップレベル。

そしてこのアイテムの最大の肝と言えるべくはやはり…

_DSC7669

この型のレース部分。
涙型を意識したくり抜きにパーカーでも使っていたレースを配置。

パーカーより透ける部分としては少ないのですが、
服のシルエットが想像を掻き立て窓から望むであろう光景を思い浮かべることができます。

配布予定価格は¥3000-
Nagoya I・Doll VOL.26から配布予定です。

シークレットな部分が多いほど人は魅力的に見える

冬場はトップ(頭)シークレットに過ごす男 <しぃ>

平穏

こんばんわこんにちわ。

3週連続したイベントも終わった後、
休む間もなく台風やらなんやらでドッタバッタな日々を過ごしていました。
北海道では大きな地震もあり日本全国それぞれに大変な事ばかりだと思いますが、
皆様御無事でしょうか?

BarCodeは何とか無事でございますのでご安心を。

しかし何があろうとも月日は流れるものでして、
来る2018年9月16日吹上ホール 第1・2ファッション展示場にて開催
【Nagoya I・Doll VOL.26】にBarCodeはディーラー参加します。
ブース番号は「G11,12」です

暗い事ばかりで、気が滅入る昨今ですが、
明るい気持ちで秋を迎えれるように頑張ってまいります。
どうか皆様に明るい平穏が訪れますように。

というわけで今回は明るくなれるような新作を、
いつもより張り切って作って参りましたのでご紹介。

まずはお馴染みお写真から

でぇ~ん!!

_DSC7655

「リストレイントパンツ」です。

「拘束する」を意味するこのパンツ。
生地は綿地をメインに等間隔に空いた穴が何だか縛られているかの様な姿に。
色も黒ということで締まりのある細身効果を狙ってありますが、
スタイル的にはスリムストレートで意外な穿きやすさ。

_DSC7657

バックスタイルはこんな感じ。
今回はあえて複雑化や綿地ならでわのツッパリを無くすべく後ろポケットはありません。
その分縦に走るステッチが一段と脚線美を演出。

そんでもって最大の特徴は…

_DSC7656

横からの図。
一つ×2てリボン風に摘まんでありまして、まるで「リボンを穿く様な」そんなパンツ。
留めはサテン地で滑らかさと、質感の違いで満足度の高い一品。
名前は禍々しい感じですが合わせる上によっては可愛くも恰好良くもなる万能なアイテムですよ。

配布予定価格は¥3500-
Nagoya I・Doll VOL.26から配布予定です。

常識に縛られずワタシらしく

拘束時間は∞。終わりなき雑務に追われる男 <しぃ>

アレ×2模様のアメアラレ

こんばんわこんにちわ。

イベントが続くと色々と思うことがありまして。
家に帰らない日が多くなり食べ物の賞味期限が…とか。
移動中や製作などで外部からの情報が少なく、
浦島太郎的な感じで時事ネタについていけなかったりとか。

しかしそんな中、遅なリましてスミマセンです。
色々作ってまして遅れちゃいましたがついに完成しましたよアレ。

アレですよアレ。

何が?と思われる方もそうでない方も。

気になると思いますので先ずはお写真を

どばばば~ん!!

_DSC7627

「BC特攻セット」です。

ツッパリ達の憧れであり、プライドそのものと言っても過言ではないアイテム。
彼らのハレの日に着用したり、チームの制服としての需要があったりします。
今回は白の皺になりにくい生地を使用してパキッとした見た目に重きを置いて作り、
左襟には菊紋の刺繍をあしらい本格的に。
できる限りそのままの形をミニチュア化できるよう工夫しました。

_DSC7629

というわけで、バックスタイルはこんなんっす!
今回は本物に倣い文字系の刺繍を当てました。
一文字×2が大きいのでその迫力足るのも見事。
文字は「喧嘩上等」のほかに「夜露〇苦」や「全国制覇」等をラインナップ。

_DSC7628

そしてそして、上着の前を開くとこんな感じ。
中に着ているのはサラシ風チューブトップ。

本物のサラシを巻く方が勿論カッコいいのですが、
正直面倒だし、お着換えも大変になりがち…。
というわけでオマケでありますがサッと着れるチューブトップにしました。
チューブトップの推奨はDDM胸~DDdy であくまでオマケ。

_DSC7630

ついでに横から。
腰までしっかり伸びたスリットによって動きやすさも折り紙付き。
ポケットに手を突っ込むという当たり前ができなきゃダサいよね?

_DSC7631

そんでもって上着を脱いでいただいて…
ボトムに穿いたボンタンもしっかりと。
タックはツータックにして腰回りは細く
下の絞りはできうる限りの細さで綺麗な膨らみにこだわりました。
本来は広い裾を巻き上げて絞るのが本格派ですが、やっぱり面倒なのでその辺も簡略化。
ブーツ等に裾を仕舞って入れておくとそれっぽく見えますよ。

_DSC7632

上着無しの後ろはこんな感じ。
今回は後ろポケットをあえて無くし座りやすく。
その代わりベルト通しを太めに。

そして今回のアイテムも、スカジャンと同じく刺繍やボタン等カスタムできます。
お気軽にご相談ください。

配布予定価格は¥9500- (既製品版の標準として)
Sendai I・Doll VOL.8から配布予定です。

実社会において中々着る機会はないですが、これなら楽しめる?

団体行動でよくはぐれる男 <しぃ>

見ざる 言わざる 着飾る

こんばんわこんにちわ。

暑い×2と言いますが、平成最後の夏休みももう終わり?
地元では半ドンで帰ってくる学生をチラホラ見かけ夏の終わりを感じています。

ということは、
必然的に秋に突入したわけでして、BarCodeもしっかりと秋物を作っていきたいところ…
って言っても暑いわけなので、少しズルい秋物を作ってみました。

要するに秋の準備号みたいな、
残暑でも涼しくなってきても使えるアイテムを作りましたのでご紹介。

まずはお写真を

ばばば~ん

_DSC7614

「シャツワンピ」です。
遡る事2年何となく思い付きで生まれた改造品を流行りに合わせてワンピにしてみました。
前の物は普通のシャツをベースにしてありますが、
今回のコチラのアイテムは新規パターンで作り発想だけ似た感じの別物。

素材も現代に合わせるべくややストレッチの効くシャツ地を採用。
袖は暑い日でも鬱陶しくなく肌寒い日でもうれしい7分袖。
カフスはちゃんとしたシャツクオリティ。

_DSC7615

バックスタイルはこんな感じ
ヨークや切り替えはシャツをそのまま継承し体に沿う着心地の良いようにしました。
ただシャツを伸ばしただけでなく、ワンピースとしての可愛らしさなんかも追求してます。

_DSC7616

勿論今回の目玉と言ってもいいリボンは飾りじゃないですよ。
今回お写真では前の方で結びましたが、結び方や結ぶ場所(前or後ろ)はお好みで

_DSC7617

試しに後ろで結んでみました。
スッキリと並ぶボタンが上品なかんじ?
他にも簡単なリングや髪留めなんかを利用して色々と遊ぶのもいいですね。

配布予定価格は¥4000-
Sendai I・Doll VOL.8から配布予定です。

飾り一つで可愛くも綺麗にもなる 誰かのためじゃなく自分のために

リボン結びが下手な男 <しぃ>

滑空

こんばんわこんにちわ。

嵐が去ったらまた暑さもどってるそんなこの頃。
暦の上ではすっかり秋ですが、まだまだ暑い日が続きそう…
皆様はいかがお過ごしですか?

BarCodeは電気料金にややおびえながらもエアコンが手放せない感じ
無いとサウナみたいな暑さにやる気も心も奪われちゃいそう。

しかしそんな秋はじめではありますが、
先週のHiroshima I・Doll に続き今週も I・Dollフィーバーな
来る2018年9月2日夢メッセみやぎにて開催
Sendai I・Doll VOL.8にBarCodeはディーラー参加します。
ブース番号は「B15,16」です

というわけなんですけど、
今回は先週ご紹介が間に合わなかったコレを詳しくご紹介

まずはお写真~♪

ぶぃ~ん

_DSC7618

「レースなモモンガパーカー」です。
肩の部分にレース成分を配合したややオトナなパーカー。
ポケットは少し可愛めに。

_DSC7619

バックスタイルはこんな感じっす!
生地が薄いのはいいですね。 
フードを大きくしても形がまとまり、どんなシーンにも使いやすい。
それでもちろん被れマス。

_DSC7620

フードを被るとこんな感じ

_DSC7623

地味なカラーではありますが、それ故に合わせやすく使いやすい。


配布予定価格は¥3000-
Hiroshima I・Doll Vol.1から配布してます。

勿論Sendai I・Doll VOL.8にもコチラのアイテムございますので是非×2見に来てくださいね。


宙を自由に飛びたい男 <しぃ>
ギャラリー
  • 冬に咲く
  • 冬に咲く
  • 冬に咲く
  • 冬に咲く
  • 冬に咲く
  • 冬に咲く
  • 冬に咲く
  • 冬に咲く
  • 来たぜ幸せ
QRコード
QRコード
記事検索
ランキング
ランキング2
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード