BarCode

DD・MDDなどのお人形関連手作りのアウトフィット製作・紹介するブログです。お人形に嫌悪感のある方の閲覧は、自己責任でお願いします。 ツイッターなどもやってます。@barcode355 (http://twitter.com/barcode355) (創作造形(C)ボークス造形村)

ワンピース

冬に咲く

こんばんわこんにちわ。

平日と違いまったりムードな土曜日の朝。
普段なら人であふれる駅のホームも今日は疎ら、そんな静かな日。

しかしBarCodeはゆっくりもしてられないみたい。
来る来週の 2018年11月25日 UHA味覚糖館 7Fイベントホールにて開催
箱庭vol.7にBarCodeはディーラー参加します。
箱庭7会場案内_印刷用A4サイズ縮小可

ブース番号は「さ」です。
年内最後の大阪でのイベントになりますので、関西の皆様是非×2あそびにきてくださいね。

さてさて、ほぼ一ヶ月の間ブログをお休みの間皆様いかがお過ごしでしたか?
BarCodeは冬を皆様と楽しいものにできるように、
色々とオモシロイ事を考え中…だったりします。

そんな中少し前にTwitterにて、簡単なご報告をしましたこんな布。

KIMG1295

一番下が上代というBarCodeではモンスター級の高級布をゲットいたしまして、
折角なので大赤字覚悟で今までに無い斬新なアイテムを一つ作ってみたいなぁと思ったわけですよ。

一応生地の説明をいたしますと、

まずは遥々海を越えてきた國は伊太利(イタリー)の舶来品。
勿論素材は絹100%の特級なモノで染の花柄だけでなく、
地模様でも草花をモチーフにした柄が施されていて生地だけでも飽きない質感。
勿論手触りだってふんわり柔らかで数々の布を触ってきたBarCodeの二人ですら
こんなにいい生地は滅多に触れることはないほど。

そんないい生地なので、そのまま包んでも十分にリッチな気持ちになれますが、
それじゃ皆様が納得できないところですよね。

なのでこうしてやりました。

まずはお写真

ドーン

_DSC8173

「栄華秀英(えいかしゅうえい)」です。
草木の花の総称として使われる熟語より命名。
豪華絢爛なバラの柄に
形も花の様にボリュームを最大限にしたパーティードレスです。

_DSC8180

あえてシルエットを派手にせず、
生地の良さや技術面での良さを全面に押し出したつくりを目指しました。
特徴としてはお馴染みの2in1の発想をアレンジし、
ほぼ1枚でお写真の様な姿になるドレスとなっております。

それだけでは寂しいかも?
ということでワンポイントにカフス(手首についてる飾り)も作ってみました。

_DSC8191

後ろ姿も可憐な感じに。
今回このドレスを作るにあたって一番に気にした点は、
金具や継ぎ目しまいにはファスナーさえも裏(背面)に持って来ない事。

どんなに前が美しくても後ろに色々小細工しちゃあオモシロく無いでしょ?
そりゃ勿論、背中に編み上げをすればサイズは自由効きますし便利。
ファスナーが背面にあればお着換えも楽×2。

でもね、折角の良い生地なんだから縫いも裁断も良くなくちゃ生地がかわいそうだと思うんです。

_DSC8183

そんでもって、アクセントにシュシュを身頃と同じ生地で作りました。
別に長い髪の毛の娘に向けて作ったわけでなくオマケとして可愛かったので…。
勿論こちらもセットとして含まれます。

_DSC8188

今回生地が柔らかなこともあって、
ボリュームを出すために通常の二倍シャーリングにしてます。
更に芯として珍しいカラーのチュールでボリューム増し×2。
そんでもってチュールが直接当たれば辛かろうということで、
レーヨン100の紫の裏地でシッカリ保護。

ミニ丈でありながら重厚な趣を醸し出します。

_DSC8199

対応サイズは DDS M胸~DDdy迄とパターンの限界を突き詰めました。

普通のイブニングドレスの様に長い丈のドレスを作り、
一着を高価にすれば正直BarCodeとしてはオイシイ所ではあります。

しかしそれでは良いモノを広く皆様に渡すことは絶望的ということで、
今回あえてパーティードレスの様な手に取りやすい価格帯のものでなおかつ、
数を作れるように工夫をしたアイテムになりました。
内容物は、「ドレス」+「カフス×2」+「シュシュ」になります。

しかしそれでも数に限界があり今回の合計10セット(※内Twitter通販分5セット)限定となります。
ゴメンナサイ…。

しかし、配布予定価格は頑張らせてください。

¥182700÷10セット=¥18270になるところ、
普段の皆様へのご愛顧のせめてもの恩返しとして

改めた配布予定価格は… 
¥9500-でお願いします

イベントでは箱庭vol.7から配布予定です。
イベントに来れない人のためにTwitterにて数量に限定を設けて配布もする予定です。

世界の全ての花の様に新しい価値を芽吹かせていきたい。

モノ言わぬ花々に心打たれる男 <しぃ>

照らすは夜の

こんばんわこんにちわ。

出発までもう少し時間がありますので、用意しつつブログ(;'∀')φカキカキ。
そういえば、前回のイベントアイドールwest前に急遽ご紹介したアレ

Twitter無い人向けにこんなドレス ↓↓
_DSC7868

正式版出来上がったのでご紹介しようと思います。
会場では色々と秘密をお教えしたのですが、さらに改良しより面白くなりましたよ。

まずはお写真から~

ドッカーン


_DSC7878

「月光」です。
月のように白く滑らかな色と透き通るような輪郭が何とも愛おしい一品。
サテンとオーガンジーの絶妙なハーモニーに中に込められたピンクのレースが、
月明かりに照らされた素肌の様に淡く切ない。

と性に合わない言い回しはここまでにしまして、

_DSC7889

全体像はこんな感じ。
今まで作って来たドレス系のアイテムをところどころベースにしつつ、
独特なシルエットのウェディング系ドレスに仕上げてみたアイテム。
サテンも「ただ白だから」と考えず、
質感の違いや特性の違いを生かした2種類のサテンを大胆に使いました。
スカート部分はオーガンジーの透け感が美しいバルーン型。
中にピンクのレースが覗きなんとも幻想的。

_DSC7890

後ろはこんな感じ。
チョットだけベールを外したお姿になってもらいまして
後ろはお着換えに便利なファスナーには相変わらず拘ります。
それでいてサイズや布の余りを気にしなくてもいいように、
コルセット部の一部にゴムを採用しシルエットを崩しません。

_DSC7891

オマケにお付けするヘッドドレスは、
偏光チュールやオーガンジーでシンプルかつ豪華に見えるそんなアイテムに。

_DSC7892

トップにはウエストのリ番と同色のリボンのバラをさり気なく。

ってなわけで、配布予定価かk… のその前に。









正直な話。
BarCodeがコレだけのためにわざわざブログ書き起こすほどの、
ドレスとは思えませんよね?

ドレスっていうのはいつの時代であっても”特別”な存在であってほしいモノ。

実生活には溶け込めないし、不便で場所取って、しかも重い。
だからこそ着るだけで気持ちを別世界に連れて行ってくれるのかもしれません。
あるいは見える景色が変わりそれはもう至高のひとときにさせてくれるものだと信じたい。

だからこそBarCodeもそんな想いに応えたい。
というわけで、今回はこんな仕掛けをご用意。

_DSC7898

まずは先ほどと同じく蛍光灯やフラッシュライト下で撮影したごく普通のアイテムの着用写真。
白くキレイな質感なのは先ほど紹介した通り。

それをこうして、こうじゃ!的な感じでブラックライトやブルーLEDのもと撮影すると…

_DSC7894

こんな感じ。
近紫外線に反応して中のピンクがよりはっきりとしたり、
使い分けをしていたサテンが青く輝いたりして、
まるで月光の様な淡い中に秘められた威風の感じる色合いに。

_DSC7880

スポット的に青色LEDをスカート裾に当てフラッシュを弱くかけてみました。
コレはこれでなんとも幻想的な感じではないでしょうか?

特別な明かりに照らされて、なおかつ写真では表現できない深い味わい。
まさに超特別なドレスとなっております。

_DSC7899

更に×2DD系のどのバストサイズにも合わせるべく余裕の対応力
お写真右はDDdy左はDDS/S胸と対応しています。

配布予定価格は¥20000- 限定数3枚
Fukuoka I・Doll VOL.9から配布予定です。

何もかも特別な日に特別な一枚を

ヴェルターズオリジナルをもらえなかった男 <しぃ>

マリア・テレジア

こんばんわこんにちわ。


明日はお休みで夜更かしなアナタも、
お仕事を頑張ってるあなたも、
皆様、夜遅くまでお疲れ様です。

BarCodeはもう少しお仕事な今日。
さすがにこの時間まで何か作業していると疲れが蓄積した来た感じがします。
こんな時欲しいモノと言えばやはり「甘いモノ」ですよね。

私もそろそろオトナ、学習しましたよ。
ちゃんと用意してあるんですよ「甘いモノ」。

折角なんで皆様にもお披露目~

どどど~ん


_DSC7670

「ブルーキュラソーワンピース」です。
柑橘系のフレッシュな香りが特徴の青いリキュールの様な甘いワンピース。
青をベースにリボンにボタンをこれでもかと青ずくし。
更にレースやパワーネットでデコレーションしパフェの様な盛り×2な甘さ成分で仕上げた一品。
メインの生地は綿を使っているので扱いやすくこう見えて…洗えるのもウリです。

_DSC7675

バックスタイルはこんな感じ。
後ろだって甘さ成分はそのままに、
便利な後ろファスナーで甘い夢から覚めさせません。(嘘)

_DSC7676

そして今回の特徴はトップ部のブラウス。
残念ながらフロントオープンはできませんが、
リボンと調和の取れたボタンが女子力120%をお約束。
細部まで甘いワンピース皆様もおひとついかが?

配布予定価格は¥5000-
Nagoya I・Doll VOL.26から配布予定です。

疲れが取れない男 <しぃ>

まぜまぜ

こんばんわこんにちわ。

先週は仙台でのHTドルパだったこともありましていつもより一日遅れる形になりましたが、
皆様お元気でしたでしょうか?
台風やら何だか目まぐるしい毎日ですが私は何とか元気ですよ

目が回ってる場合じゃなかった…。

来る2018年8月26日広島産業会館 西展示館にて開催
Hiroshima I・Doll Vol.1にBarCodeはディーラー参加します。
ブース番号は「B09,10」です

近畿や九州北部からもアクセスしやすいイベントになってますので、
よろしければ皆様と楽しいひとときを過ごしたいと思います。

ってなわけですので、
今回も折角のイベントに面白さをプラスするべくニューでヤングなアイテムをご用意。

気になる全貌を早速お写真から

ばいーん

_DSC7608

「オリーブミックスワンピース」です。

今までの商品化しなかったアイデアをまとめて一つのワンピースにしました。
生地は白ニットとストレッチのオリーブを使い少し地味目な色合い。
形は、パンツ型のワンピースでオフショルダーでパフスリーブで、
さらにホルターネックで胸元が開いてるという呪文の様な説明になる見た目がどう考えても個性的。

_DSC7609

バックスタイルはこんな感じ
後ろもやっぱり一筋縄ではいきません。
バッサリと開いた背中が前面のインパクトに負けない強さを持ってます。

パンツ部分はズレ防止も兼ねてちゃんと帯のある形に。
やっぱり便利も大事。

_DSC7612

今回のこのアイテムこの角度からが全てを現しているような気がします。
手を入れているポケット実は新設計の変わったシステムのモノ。
アイデアとしては以前からあったのですが、
「採算が全く取れないかも?」との事で今まで採用には至らなかったのですが、
折角なので新しいことにチャレンジするべく頑張ってみました。

配布予定価格は¥4500-
勿論Hiroshima I・Doll Vol.1から配布予定です。

考え続けてここまで来ました

嗜好がぐーるぐるな男 <しぃ>

もしかして

こんばんわこんにちわ。

灼熱の日々が続いているこの日この頃。
皆様お元気ですか? 
この暑さですので、くれぐれも無理なさらぬようにお願いしますよ。

そんな中BarCodeは少し北へ…。

来る2018年7月22日はつどーむで開催の
Sapporo I・Doll VOL.2」ですよ。
勿論BarCode はディーラー参加致しますよ。
今回はたくさんのアイテムをお持ちするべく船旅での参戦の予定です。
是非×2 当日は遊びに来てくださいね。

そして今日は暑さの中ふと思うことがありまして。
「この調子で暑くなるなら未来の人はどんなお洋服が流行るだろうか…」なんて思ってみたわけです。
どうせ思いついたならいざ作ってみたいのがBarCode。

折角ですので今回お持ちするアイテムとして作ってみました。
まずはお写真から~

どん!!

_DSC7539

「異邦人ワンピ」です。
BarCodeが考える20xx年に普及すればいいな~的なワンピース。
動きやすく何かと便利なお洋服。
イメージしたのは「未来のトレジャーハンター」。
きっと未来の夏はこんな感じの服装で乗り切れるはず?

_DSC7542

通気性がよく乾きやすい綿ニットと保湿性の良い撥水合皮風ニットの、
組み合わせからなる近未来的カラー

よく使う&汚れる部分は縁を撥水地にしてあり便利かつ合理的に。
色分けされたサイドには隠しのポケットがあり、
道具等もポーチなしで結構持ち運べるうれしさ。

_DSC7544

後姿はこんな感じ。
サイドとの色味の違いで細身効果とサイド側の保温を、真ん中は吸水性の良さを追求しました。
1枚のモノとしては珍しくベルト通しを付けて、
アレンジで個性を簡単に出せるのもポイントの一つ。

_DSC7545

暑い夏の日差しをしっかりガードできるフードが付いて、今回は大きめを採用していますよ。
前面のファスナー式でお着換え楽々&お楽しみいっぱい。

配布予定価格は¥4000-
勿論Sapporo I・Doll VOL.2から配布予定です。

チョット未来からやってくる
きっと進化したアイテム。

モット時代に取り残された男 <しぃ>

す~は~~

こんばんわこんにちわ。

今回はかなり遅めの更新。
準備や製作がズレ込んでてややピンチなこの日この頃。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

6月になりお仕事お勉強が忙しい方もそうでない方も。

明日2018年6月3日(日)(11:30~16:00)
京セラドーム大阪スカイホール(ドーム外観の雲みたいに見えるところ)にて開催
I・Doll West VOL.26」にBarCodeはディーラー参加しますよ~。
ブース番号は「E01,02」でインフォメーションを過ぎた角地の場所です。
当日は皆様とお会いできるのを楽しみにしていますよ

さてさて、今回も短い準備期間ではありますが、
シッカリいいモノ作ってまいりましたのでご紹介させていただきますね。

まずは気になる全体像お写真から

どどどんぱ

_DSC7464

「サマーなワンピ ミント」です。
昨今のミント愛好家の方にもお勧めしたい淡いミントカラーの涼しげなワンピース。

_DSC7465

全体がとてもシンプルにまとまったアイテム。
使い勝手の良い軽い綿ニットを採用し肌触り等もばっちり。
バストの部分はゴムを使い伸縮することでしっかりフィット。

お着換え楽々に貢献する 前面ファスナー+ホルターのスナップでお着換えももっとお気軽に。

_DSC7466

バックスタイルはこんな感じ。
夏物ということで、少し肌の露出多め?
丁度バスト裏でクロスさせたテープで下着を隠しつつ大胆な肌露出を実現。
ヒップの飾りリボンで女性らしいボディーラインを強調。
スカート裾には同じ生地のギャザーレースで可愛らしく。

_DSC7467

一応お勧めとしては、DD M胸~DDdyですが、
試しにDD S胸にて着用してみました。
ホルターのおかげでずり落ちることなく着用できます。
ただ後ろのクロスしたテープが少し余るので、
下着を着用する等少し工夫があるとなおいいと思います。

配布予定価格は¥4500-
I・Doll West VOL.26から配布予定です。

チョコミントが苦手な男 <しぃ>

色変える

こんばんわこんにちわ。

地元開催って近い分だけ無理しちゃって後が大変な感じ?
毎度「近いから移動に時間かからないし」とか「道具そろってるから」とか言って
ほんとギリギリまで作業しているBarCodeでございます。

しかし睡眠は意外ときっちりとってますのでどうかご安心ください。
当日徹夜感バリバリでイベントとか私自身が嫌なので、
それだけはないようにがBarCode始まって以来のお約束だったり。

それはさておき今回もとっておきを一つご紹介。
メモの準備は大丈夫ですか?

それではまずはど定番お写真から

どどんどんどん

_DSC7268

「花畑ワンピース 紫」です。
以前作った「花畑ワンピース」の柄違い
今回は紫ベースの花柄をメインに白綿地と黒ストライプサテンで上品に仕上げたワンピース。
シャツの様な可愛らしい襟がなんともカントリーな一品。

特に生地とボタン以外は変更有りません。

_DSC7269


新アイテムというよりどちらかといえば「バリエーションが増えました。」な感じ。
一応念のためバックスタイルもどうぞ。

寒色系なので夏にも涼やかに見えていいかも?
コレ一着でも結構便利なのですが、
半袖なので上から何かを羽織ると結構楽しめます。

例えばこんな感じとか

_DSC7271

こんなのとか

_DSC7274

アレンジで色々と楽しめます。
是非自分だけのオリジナリティを追求してみてください。

配布予定価格は以前に同じく¥5000-
箱庭6から配布予定です。

色が違えば見方は変わる
こんなものと思わずいろんな角度でモノを見ると
世界はもっと楽しいはず


色違いの男 <しぃ>

深海の様に

こんばんわこんにちわ。

続きましては前回のイベントにてご好評いただき品切れとなったアイテムの復活品を一つご紹介。
短期間での復活としては記録更新の”たった2週間”での再登場です。
まぁ、実は途中まで準備していたってのも最速で再登場出来る理由だったりしますが…。

もしかしたらご察しのいい方にはバレちゃってるかもしれませんが、
どうせなんで最後までお付き合い願えると嬉しく思います。

てなわけでまずはお写真

ドーン

_DSC6850

「ディープオーシャンドレス ホワイトキャップ」です。

前の「ディープオーシャンドレス」にチョットだけ変更を加えつつ再登場であります。
違いはレースをより重厚な感じにするべく、
銀色を使い威厳ある風格に更なる磨きを掛けました。
その他は作り等は前のと同じですのでサイズフリーは勿論で
紐のみで簡単お着換えなのも同じです。

_DSC6849

銀色レースにすることでメリハリ感がさらに出て良い感じ?

_DSC6852

後ろも特に大きな変化はありませんがこんな感じ。
肌の露出もいい感じで結構ギリギリを狙っていていい感じ

配布予定価格は前と同じく¥5000-
第37回 Doll’s Myth.から配布予定です。

知れば知るほど深い所に堕ちてゆく
それがとても心地良いから

昨日駐車場でスタックした男 <しぃ>

芽吹く

こんばんわこんにちわ。

というわけで本日における更新は3度目?
今回のblogは色々と準備にかかっちゃいまして遅くなりましてスミマセンね。
アイテムが仕上がるのが遅かったのも一つあるのですが、
撮ったはずの写真がまさか消えて撮り直しになるとは思いませんでした…。

皆様、バックアップは大事ですよホントに。

しかしどんなにヤバくたって新しいアイテムをご紹介するのがこのblog。
気持ちを切り替えて頑張ってまいります。
今回ご紹介するアイテム正直な所少し早い気もしますが春向けのアイテムだったり。
しかしもう言ってる間に1月は終わります。
今くらいから準備しておくのが何かと良いと思いますよ。

てなわけでまずはお写真から~

ドーン 

_DSC6803

「ロマンチックファー」です。
胸元が雲のような波型になっているのが可愛い感じ。

_DSC6804

腰の同柄リボンで腰のメリハリをはっきりさせつつボーダー柄が全体の質感を統一。
ほんのり薄ピンクのファーがアクセント。


_DSC6805

バックスタイルはこんな感じ。
あい変わらずなファスナー使用なのはさることながら、
今回のワンピースは折角頑張って結んだ前面のリボンを解かなくてもお着換えできるほど、
大きめにオープンするので「このリボン会心の出来だったのに…」なんてことにならない仕様に。

しかし柄がシンプルな分そのままだとパンチ力に欠けるなぁとも思えますが、
工夫次第で色々化けるのがシンプルなアイテムの魅力。

例えば春だと

_DSC6807


去年の夏ものパーカーを用いてこんな感じに。
さっきまでの大人しい感じを一掃、ギャルファッションの様な個性の光る見た目に。

更に「まだまだ寒いよなー」ってときは

_DSC6838

前回ご紹介したベストでこんな感じに。
このためだけに作ったかの様なぴったりさ。
袖のファーのおかげでシッカリ暖かそうにも見えます。

_DSC6839


リボンも柔らかいのでちゃっかりファスナーも閉めることができていい感じ。
これにあとはお好みで毛糸の帽子とマフラーなんかがあると更に暖かそうになります。

配布予定価格は¥3500-
第37回 Doll’s Myth.から配布予定です。

寒さの分だけ暖かくなれるはずだから…

男 <しぃ>

なが~い お供

こんばんわこんにちわ。

そろそろ出発の時…。
普段と違い平日の移動なのでどうなることやら不安少々。
そんな時に頼れるのは普段愛用している「戦友」的なアイテム。
皆さまにもそれぞれ大きさや用途は違えどお持ちかと思います。
私なんかで言うと長く愛用していた糸切鋏なんかがその例に当たります。

今週の最後を飾るアイテムはそんな永く愛されることを願う物をご紹介
それがコチラ

_DSC6252

「サイレントワンピース」です。
チョット変わったワンピースをお探しの方にもお勧めしたいアイテム。
真っ白な生地に黒のステッチと黒レースのパキッとした見た目が視線を引きますね。
でも形は至ってシンプル

…ですが、実は生地を拡大すると…。

_DSC6254

うっすらと映る模様が見えるでしょうか?
これ実はこのメインの生地、真っ白な迷彩ストレッチデニムなんです。
だからこそのデニム特有のステッチが施されていたりします。

しかもこの生地の特徴はストレッチなので伸びるのは勿論、
使い込むことで柄がはっきりとわかるように自然とエンボス風に柄が浮き出てきます。

まるで自分色に染めたかのような独特な味をお楽しみいただけるアイテムとなっております。

_DSC6253

バックスタイルも特に難しいことはしてません。
ただ使いやすさの為のファスナーがあるだけ。
あえて言うならドレスとしては珍しくゴムウエストを使用せずに、
綺麗なままのスタイルで仕上げ、使い手に寄り添うモノとして作りました。

シルエットがシンプルな分色々なシーンで幅広くご愛用していただき、
「戦友」となれることを唯々願うそんな一品。

配布予定価格は¥3500-
I・Doll VOL.50から配布予定です。

永く寄り添うその想いと共に


一歩ずつ歩んでゆきたい男 <しぃ>

はじめました。

こんばんわこんにちわ。

暑い日まだまだ続いてますね。
正直お外出たくない日々…。

そんな暑い夏、外食産業は色々とフェアをやっていたりしますね。
カキ氷にマンゴーに土用丑の日等々・・。
中華屋さんですと「冷やし中華」が思いつきますね。
何というか例のフレーズが頭によぎりますね、
実はそんなフレーズを歌った曲もあるそうですよ。

と言うわけで今回BarCode も始めました。
色取り取りでクールなアレを…。
春から密かに色々と試作を重ね遂に皆様にお披露目する日が。

と言うわけで今回ご紹介する物は…

こちら!

_DSC6210

「マンダリンドレス」です。
つまり日本でいう”チャイナドレス”ってやつですよ。
実はチャイナドレスは和製英語なので英語圏ではうまく伝わらないとか。
上記の「マンダリンドレス」と言った方が伝わるらしいです。
ちなみに「マンダリン」の意味は、「
官僚」。
中国語圏の官僚が着ていた服から改良されたのが元だそうです。

ジャンル分けするならコスプレ系ドレス。
縁に輝くサテンを入れることでメリハリがしっかりと付き非常に目立つアイテム。
さり気無いバラのアクセントがなんとも可愛らしい感じ。

_DSC6211

本来であれば横留めのドレスなのですが、
便利の良いように後ろファスナー仕様にしています。
布面積を切り詰めよりボディーライン≒シルエットになるよう目指しました。

そんでもってこのアイテムの最大の特徴と言えば・・・

_DSC6212

スリット! です。
コレがないと始まりませんね。
本来であればスリット位置は横2本が多いですが。
BarCodeはあえて左前に一本のみと攻めてみました。
あえて本来の留めと反対の左に配置し、目に留まるスタイルに。
セクシーさを出しつつも実用を考慮し「露骨に見せない」ギリギリの露出に調整しました。

更に、

_DSC6209

カラーは選べる4色
左から
赤・桃・青・紫展開。
はシルクメインの生地
は柄織りのサテン生地

配布予定価格は¥5000-
2017年8月6日(日)ホームタウンドルパ大阪9から配布予定です。

冷えてませんが 始めました。

ラーメンは味噌ラーメン派の男 <しぃ>

くっ、卑怯な…。

こんばんわこんにちわ。

すっかり雲の多くなってきた梅雨の空模様 皆様はいかがお過ごしでしょうか?
にわか雨で折角の洗濯物が洗い直しな日々、今日も大阪では少し降ってましたね。
そうこうしているうちに気づけば7月が忍び寄るそんな6月終盤…。
今週末2017年7月2日(日)は梅田スカイビル アウラホールにて開催 第35回 Doll’s Myth.ですよ~。
BarCodeは「G,5」にてディーラー参加しますよ。


今日はそんなDoll’s Myth.から配布予定のアイテムをご紹介していきます。

まずはお写真から

_DSC6072_1

「ズルい大人のセットアップ」です。
そうなんです、「ズルい」んです。
ちょっとサムネイルがカッコ良く見えるようなお写真を、
今回使用しているところも我ながら少しズルい感じですね…。

実物はこんな感じのカラー

_DSC6073

白×紺のストライプを夏っぽいニットで覆ったセットアップ。
袖は6分袖で適度に隠して上品に。
襟は麻と綿の混紡で夏場特に不快な湿気を首回りに残しにくく快適な着心地。

しかし「ズルい」とは無縁そうなアイテムですが、実はちゃんと「ズルい」んです。
毎度のことながらコレ、

2in1なんですよ。

つまりセットアップなんて言ってますが分類上ワンピースだったり。
「ズルい」でしょ。

_DSC6074

バックスタイルを見てもバレないあざとさも健在。
便利に着こなすことができます。

BarCodeのオススメとしては、

_DSC6075

こんな感じのレギンスや7分パンツと合わせたり、
ミニスカートで雰囲気を活かしたオトナ可愛いを作るのに適しています。

配布予定価格は¥3000-
第35回 Doll’s Myth.から配布予定です。

夏だってオトナはズルい

ズルい男 <しぃ>

暑さ和らげば

こんばんわこんにちわ。

明日のI・Doll West VOL.24まであと18時間…!

ドラマ「24 -TWENTY F○UR-」的な感じで残された時間を精いっぱい使って行きます。
別に娘が人質に取られているわけでも、
極秘命令を貰ったわけではございませんので、その辺はご安心を。
ただ自分自身が紹介したくてムズムズしているだけと言った方が正しいかも?

では早速ご紹介に移らせていただきますよ。

今回はこんなアイテムをご用意いたしました。

_DSC6062

「ウィンドベルワンピース」です。
裾がひらひらとしたシンプルなワンピース。
鎖骨と肩のつながる部分から伸びる柔らかな袖がとっても涼し気。
少し大き目に開いていてネックレスなどをキレイに引き立ててくれる胸元。
アンダーバストで切り換えて ウエスト部分をなでらかにしたマキシ丈。

_DSC6063

後ろは何時もながらの簡単お着換えのファスナーを採用。
少し短めの開きにしてワンピースの軽やかさを邪魔しないようにしてみました。

_DSC6064

このワンピースだけでも可愛いですがコレ何かを使ってまとめるとさらにオトナ可愛い感じ。
単色の白を区切ることで一段とウエストを強調。
上にボレロやガウンを羽織るのもいいかもしれませんね。

配布予定価格は¥3000-
I・Doll West VOL.24から配布予定です。

暑い日差しにひと時の安らぎを奏でてみたい


なびく男 <しぃ>

浜辺で…

こんばんわこんにちわ。

あのGWから二週間くらい(?)
皆さまお元気ですか?
私は帰ってから3日くらい抜け殻のような脱力感でした… 年齢を感じますね。
そんなダラダラしてるうちに明日2017年5月21日 (日) まんだらけ グランドカオス様で開催
「ドールズインワンダーランド 大阪 25」が近づいてしまいました。(アワワ・・・

と言うことで、おしゃべりは簡潔に明日お持ちするアイテムをご紹介致します。
今回ご紹介するアイテムはどちらかと言うとチャレンジャーなアイテムとなっています。
カジュアルと言うには少し違和感がある感じですが、
フォーマルともコスプレモノとも言い難くジャンル分けの難しい感じ。


まずは見てみながらご説明していきましょう。

こんなお洋服なんです。

_DSC6002

「ベイサイドワンピース」です。
最近の暑さに心は夏模様、そんな心をさわやかな青チェックで再現した一枚。
裾の作りはビーチパラソルをイメージした形で可愛くしてみました。
胸元はシャツワンピース風に仕立て、
前立てに大き目のシャーリングとチェックの色に合わせたボタンで大人しい可愛さをプラス。

_DSC6006

袖はそのすべてをレースで作ってみました。
ラグラン袖を用いたので通常のシャツスリーブよりも大きな面積をレース地が覆うので、
風通しも良く、涼しげのあるワンピースに。

_DSC6003

バックスタイルはこのような感じ。
袖のレースをそのままに背中周りが透けた感じで仕上げてみました。
夏っぽい感じが出ていてまさにベイサイドにピッタリな一枚。
くびれもしっかり出ているので相乗効果で綺麗にまとまっていますよ。


配布予定価格は¥4500-
明日のドールズインワンダーランド 大阪 25から配布予定です。

オマケで

「以前のコレっぽいワンピースあったはず…。」
と思った方のためにいっしょに撮影してみました。
知らない人にも優しいリンク付きですよ。

_DSC6014

左から「BC学園夏季学生服」「パビリオンワンピース
そして今回の「ベイサイドワンピース」です。
どれも特徴的で覚えていらっしゃる方も多いはず。
3品とも夏向けのスッキリしたワンピースとして使い勝手の良いモノとなってますね。
お暇な時にでも、是非チェックしてみてくださいね。

心に焼き付く暑さを涼やかに表現

額汗だくな男 <しぃ>

柔軟な対応

こんばんわこんにちわ。

更新のたびに読んでいただいている方は、さっきぶりですね。
まとめてお読みの方は、目を休めながら出大丈夫ですよ。
そして何より当ブログまでお越しの皆様、ありがとうございます。
そして皆様のお目当てやっぱり「新しいの」でしょうか?
勿論ご用意しています。

他のディーラーさんがツイッターやwebサイト等に新作情報を載せてる中だんまりでスミマセン。
おおよそ一週間前のイベント疲れが身体に…。
言い訳をしても変わらないので、できるだけ多くの「面白さ」で、
遅れた分を取り戻せればいいなぁ~と思い色々頑張ってますのでお許しを。

今回もそんな「オモシロ」アイテム入ってますゼ。
以前要望があったモノをBarCodeの曲がった解釈力と発想が超一人遊びしたアイテム

それがこんなのです。

_DSC5964

「フレキマキシワンピース」。
お名前の通り柔軟なニット素材を使ったシンプルな仕上がりそれでいて、
英字新聞風キャラクタープリントとの組み合わせでメリハリのあるアイテム
白もさり気無いストライプ地なので細身なシルエット感を演出します。
好評だったフロントクロストップを採用してバストサイズや肩幅を気にすることなく、
自由を邪魔しない感じも「フレキ」でしょ?

_DSC5965

バックスタイルは利便性の良いファスナーで、簡単・キレイ・イラつかない。
丈も程々にDDS~DDdyまで引きずらない長さを追求


配布予定価格は¥3000-
5月4日(木祝)ドールショウ50初夏 浅草「5H-09.10」&
5月6日(土)ドールズ・パーティー37「032-DD」から配布予定です。














BarCodeが普通の「マキシワンピース」をご紹介するわけないじゃない。
実はさっきからチラチラと写ってるのに紹介すらしない何よりも怪しい「紫のリボン」。
おしゃべりなBarCodeがこの点に触れないのがますます怪しぃ…。
と言うわけで思いっきり引っ張ってみましょう。

こんな感じで

_DSC5966

どう?雰囲気が極端に変わった感じですよね?
このアイテムの持つ「フレキ」な部分はここからが本番。
このリボン腰部分までしっかりと入ってまして、
スカートの丈を左右前後自由自在に遊べるようにしました。
ニット系を使った理由はこの変幻自在を助けるため。
勿論さっきみたいにそのまま使うのも自由ですが、
このお写真見た後だとこっちの方がいいかも?

_DSC5967

バックスタイルも一気に挑発的に柔らかなシワがランダムに入り、
この世に二つとないオリジナリティを超簡単に作り出しています。
この状態でもファスナー自体は問題なく使えますのでご安心を


更にさらにフレキは終わらない。

_DSC5978

こどもの日特集と言うことで、MDD~DDS(M胸)向けショートを追加!

裾が遊べるのは勿論ですが、このサイズのみお写真の2色を作成致しました。
時間の関係上少なくはなるのですが、ご要望が多い場合は再生産も検討します。
無限大の楽しみをフレキシブルにお楽しみいただければと思います。

改めまして、配布予定価格は¥3000-
5月4日(木祝)ドールショウ50初夏 浅草「5H-09.10」&
5月6日(土)ドールズ・パーティー37「032-DD」から配布予定です。

どんな状況もフレキ感で対応

フレキシブルな男 <しぃ>

美しさのその先へ…

こんばんわこんにちわ。
3月に入り少しずつ春めいてきた昨今。
お久しぶりの方もそうでない方も、改めましてこんにちわ。
BarCodeのしぃでございます。

町ゆく学生も卒業シーズンで、
打ち上げだったり卒業旅行だったりで何だか浮足立った感じの若い方が多めですね。
私どもは丁度一カ月ぐらいおサボりしてましてスミマセン。

毎年恒例の国家一大イベントの確定申告との格闘に明け暮れておりました。
改めて、日ごろから収支はちゃんとつけておかないと後々大変だなぁなどと思いますネ…。

今日はそんな内情はさておき…。
2017年3月12日(日)京都パルスプラザにて開催の「ホームタウンドルパ京都14
に向けての新作を紹介したく久しぶりに更新いたします。

今日は卒業やら入学やらで色々と催される、
「式典&パーティー」にスポットを当てたアイテムのご紹介。

正直なところ結婚式などの主役がいる場はまだ服装が決め安くて良いのですが、
もしも自分が主役だった時や、会場の誰よりも目立ちたい時って結構服装に悩むものですよね。
今回はそんなお悩みをスバッと解決、ズボラ派の方も納得のアイテムです。

それがコチラ。

_DSC5865

「トゥース・レ・メム」です。
お名前の由来はあるフランスで人気の曲だったりします。
意味などは皆様に調べて頂くとして…。

スタイルの良さを倍増させてくれるアイテムで肩・胸・腰回り・脚のどれもが主役。
ラメ感のあるニットとアンダーバストからウエストに伸びる透け感のあるレースで、
完全にフィットしなくてもシルエットを強調し、むしろオトナの気品すら感じさせてくれます。
スリットから見える生脚がさらにセクシーさを加速させます。

_DSC5866

バックスタイルは馴染み深いファスナー仕上げ。
お着換えのし易さも勿論美しさには不可欠だと考えておりますので、
できる限りの簡素化に努めました。

_DSC5867

でも心配なのが、「スリット故に見えすぎてしまうのでは?」とご心配なあなたの為に裏地も目立たない程度に入ってます。
こんな感じで足を重ねても見え過ぎない絶妙な艶やかさで、狙った獲物は逃さない?

_DSC5868

DDdyばかりモデルに使っても良さをアピールできませんので、
DDM胸での着用見本。
胸が大きくなくたって、細身な脚であったってこのようにキレイな感じに着用可能です。

配布予定価格は¥4500-
ホームタウンドルパ京都14から配布予定です。

主役を奪い取るための勝負服として
最大限の自己アピールとして 
重宝すること間違いなし

色仕掛けに弱い?男 <しぃ>

気持ちは…

こんばんわこんにちわ。

さっきも更新したところですが、そんな事気にせずに元気よく更新してまいりましょう。
今日みたいに寒い日にご紹介するのは少しあれなのですが、
あっと言うまに訪れる春に向けたアイテムを今回ご紹介。

気が早いと思われるかもしれませんが、春になってから春服を探すのって難しいんですよね。
そこで誰もが狙いをつけていない今こそ春服を手に入れるチャンス。

まずはお写真からどうぞ。

_DSC5797

「ブラックサッシュワンピース」です。
袖なしで帯がしっかりした黒それでいて大き目の花柄という組み合わせ。
まるで夏物を間違えてご紹介しているように思われるかもしれませんが、
これ単品で使うのを目的としたわけではなく合わせで着ることを目的にしたモノ。
勿論夏はこのまま使うのもアリかもしれません。


しかし今回のは合せ着なので上にお手持ちのシャツなどで合わせて以下のように…


_DSC5805

おとなしい感じで演出してみました。
このように重ねれば花柄のスカートに化けれたり、
ジャケット等と組み合わせても可愛い感じになります。
逆に中にタートルネックのニットやカットソーなどとセットでも可愛かったり。
合せやすくしたシンプルなアイテム。

この手のアイテムはお着換えのしやすさも選ぶポイントなので、

_DSC5801

バックはファスナーで一発クリア。
白と言うことで透け予防に裏地も入っていますので安心です。

そんでもって今回は…

_DSC5824

MDDのサイズも作ってみました。
仕様等はほぼ同じシンプルなのでどのジャンルのお洋服にも合わせやすいですよ。

配布予定価格は¥3000-
Sendai I・Doll VOL.5から配布予定です。

小さい春探しに行こう

探さなくても見つけやすい男 <しぃ>

ああ懐かしや

こんばんわこんにちわ。

おおよその人が寝静まっている今こそドキドキとワクワクをコッソリ楽しむお時間がやってまいりました。
突然ですが、皆さまは70年代と言われて何か思いつくことはありませんか?

ビートルズが解散したり、トミカが発売になったり・・・。

もしかすると万国博覧会行ったなんて方も居たりして?
私は残念ながらその時生まれていなかったので行ったことはないのですが、
当時最先端技術や異国文化との触れ合いに心躍らせたなんて方もいるに違いない。

今回はそんな心ときめかせ、活気のあふれる70年代
キラキラした日本の高度成長期をテーマに夢と希望あふれるアイテムを作ってみました。

それがコチラ!

_DSC5745

「パビリオンワンピース」です。
その当時ぽいレトロな感じのワンピース。
シンプルながら、しっかりとした花柄が見る人を飽きさせません。
ベースとなるクリーム色の生地も70年代のようなさり気無い高級感がある物を使用。
そして今回の目玉は何といってもお写真に写っている同じ柄の帽子。
勿論今回はコレがセットで付くのでご安心を。

_DSC5746

後ろにも花柄が入っていますがゴテっとではなく控えめなアピールをしてくれます。
ファスナーで簡単お着替えで、しかもDDdy も着れちゃう幅広い対応サイズ。
スカート丈は膝付近でレトロ感をグッと際立たせます。

_DSC5747

先ほどのアイテムと帽子を組み合わせてこんな感じでまたオシャレ。
花柄が驚くほどに調和し他のお洋服を引き立ててくれます。

配布予定価格は¥5000-
1月15日のドールショウ48冬から配布予定です。

ほんの少しのレトロ感で可愛さ倍増。
シンプルだけど良く目立つ。

レトロ風の男 <しぃ>

きれいな繋がり

こんばんわこんにちわ。

前回は挨拶のみでしたので、
久々の新しいアイテムを期待した方々には少し申し訳なく思っております。
そういうわけで今回はニューアイテムをババンとご紹介!
今年一発目の新しいアイテムは、
前回チラリとお写真をお出ししたアイテムからご紹介して行くことに致しますよ。

まずはお写真から。

_DSC5735

「テクニカルオーバーオール」です。
半年前にご紹介しましたアレを誰が望んだか待望のシリーズ化!
デニムの手軽さはそのままに、コレ一枚で使えるアイテムとして展開していくドレス系の第2弾。

何よりもこのシリーズの最大の特徴は、パンツからつながるコルセット部分です。
きつくタイトにならないようにゆとりを持たせつつ、
それでいてシルエットを崩さないように絶妙なバランスで作り上げたモノになっています。
さり気無く前回のあいさつの時のお写真で登場したアイテムと同じだったり。

_DSC5739

今回のはチョーカー部分のみで上部を支える構造にしてみました。
この様にすることで、肩幅を小さく魅力的に見せることができます。
まだまだこだわりはありまして…

_DSC5740

後ろは、がっぽり空いています。
デニム故の適度な硬さと引っ張り強度のおかげで、このように背中を開けていても大丈夫。
しっかりとコルセット部がヨレること無く仕上がっています。

_DSC5738

アレンジメントとして胸元のファスナーを少し開くと、このようにアダルティーなお洋服に…。
好きな所で開きを止めれるのもファスナーならではの良い所ではないでしょうか。
もちろん利便性の為のものでもありますので、全開にすれば楽々とお着替えできますよ。

配布予定価格は¥4000-
1月15日のドールショウ48冬から配布予定です。

「今年こそは」と口にする男 <しぃ>

秋のモーレツ その3

こんばんわこんにちわ。

まだ続きますよ。
どうせならオールナイトで皆様に新しいモノをお伝えしたいのですが、
なにぶん製作スピードの限界がありましてなかなかうまくはゆかないのが現状・・・。
まだ時間もありますので、可能な限り作る努力してみます!
とは言うものの熱い熱意だけでは物事はうまくゆきません。
今回はそんなヒートアップした気持ちを鎮める良いアイテムをご紹介。
お写真と共にその全貌をお教えいたします。

_DSC5623

「アイスカラーパーティードレス」です。
半年くらい前にご紹介致しましたドレスの2Pカラー的なアイテムです。(前のはコレ
寒冷色と言いますか、氷の涼やかな感じを、ジョーゼット*のように薄い空色のニットで大胆に表現。
薄いですが透けてほしくない部分は前のと同じく徹底的に見えない工夫してあります。
しかも今回はそれだけじゃない!

_DSC5624

中の透け防止インナーにレースをつけてみました。
つまり外側からほんのり見えるレースが一段と透明感をプラス。
中のインナーも限りなく薄いモノなので動きの妨げになり難くなるように改良。
透けて見える感じですが重なるとあら不思議しっかり透けを防いでいます。

_DSC5625

バックスタイルは、ファスナー&ゴムで快適なオシャレ時間を皆様に約束いたします。
寒さを楽しむお祭りなんかで着ると目立つこと間違いなし。
暖色系ばかりのこの時期にあえてぶつかって行くスタイルも良いのではないでしょうか?

配布予定価格は¥4000-
このアイテムは勿論明日の第33回 Doll’s Myth.から配布予定です。

ファッションは足元から、
寒さも足元からやってくる男 <しぃ>
ギャラリー
  • 盛る重ねる超えて行く
  • 盛る重ねる超えて行く
  • 盛る重ねる超えて行く
  • 盛る重ねる超えて行く
  • アイスクリアな
  • アイスクリアな
  • アイスクリアな
  • アイスクリアな
  • アイスクリアな
QRコード
QRコード
記事検索
ランキング
ランキング2
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード