BarCode

DD・MDDなどのお人形関連手作りのアウトフィット製作・紹介するブログです。お人形に嫌悪感のある方の閲覧は、自己責任でお願いします。 ツイッターなどもやってます。@barcode355 (http://twitter.com/barcode355) (創作造形(C)ボークス造形村)

新アイテム?

滑空

こんばんわこんにちわ。

嵐が去ったらまた暑さもどってるそんなこの頃。
暦の上ではすっかり秋ですが、まだまだ暑い日が続きそう…
皆様はいかがお過ごしですか?

BarCodeは電気料金にややおびえながらもエアコンが手放せない感じ
無いとサウナみたいな暑さにやる気も心も奪われちゃいそう。

しかしそんな秋はじめではありますが、
先週のHiroshima I・Doll に続き今週も I・Dollフィーバーな
来る2018年9月2日夢メッセみやぎにて開催
Sendai I・Doll VOL.8にBarCodeはディーラー参加します。
ブース番号は「B15,16」です

というわけなんですけど、
今回は先週ご紹介が間に合わなかったコレを詳しくご紹介

まずはお写真~♪

ぶぃ~ん

_DSC7618

「レースなモモンガパーカー」です。
肩の部分にレース成分を配合したややオトナなパーカー。
ポケットは少し可愛めに。

_DSC7619

バックスタイルはこんな感じっす!
生地が薄いのはいいですね。 
フードを大きくしても形がまとまり、どんなシーンにも使いやすい。
それでもちろん被れマス。

_DSC7620

フードを被るとこんな感じ

_DSC7623

地味なカラーではありますが、それ故に合わせやすく使いやすい。


配布予定価格は¥3000-
Hiroshima I・Doll Vol.1から配布してます。

勿論Sendai I・Doll VOL.8にもコチラのアイテムございますので是非×2見に来てくださいね。


宙を自由に飛びたい男 <しぃ>

安全のために

こんばんわこんにちわ。

札幌アイドールから数日…皆様いかがお過ごしでしょうか?

暑さでダレてしまった方も、夏休みシーズン突入でウキウキな方も。
今週末関東圏にお住まいの方は待ちに待った?お祭りの時ですよ。

来る
2018年7月28日(土)「東京真夏の祭典 I・Doll Festival 2018」(1日目)ブース№「C19,20
2018年7月29日(日)「東京真夏の祭典 I・Doll Festival 2018」(2日目)ブース№「B19,20

にそれぞれ参加致します。

それと二日目と同時開催している幕張メッセのイベント
2018年7月29日(日)「ワンダーフェスティバル2018[夏]」に
「もけっとぽけっと」様のブースを少し間借りいたしまして出張所を設置予定です。


ってなわけで、今回はそんなお祭りに向け製作しましたアイテムを紹介したいと思います。
まずはお写真ですね。

べーん!

_DSC7570

「BCマウンテンパーカー めたりっくP」です。
やっぱりガッツリ大好評なマウンテンパーカー達(コレとかアレ)
ど派手になって更に小さな変更を加えての再登場です。
今回は山で万が一遭難した際にも目立つメタリックな紫を採用。
生地も今までのよりやや重くなりました。

_DSC7571

バックスタイルなんか特に変えず。
変わってないけどそれが良い?

_DSC7572

今回はフードを大きくしました。
これにより鼻もしっかり隠せ、
寒い地域や自分に向かってくる水しぶきなんかにもより心強くなれそうですね。

_DSC7573

裏地も変更はありませんがしっかり撥水の物を採用し使い勝手はバッチリです。
目立つだけでなくしっかり実用そんでもって、

配布予定価格は変わらず¥4500-
東京真夏の祭典 I・Doll Festival 2018(1日目)から配布予定です。

少しでも色々な事柄に触れあってみたいから

おしゃべりフェスティバルな男 <しぃ>

さぁ!じっけんだ

こんばんわこんにちわ。

船に乗り特にやることも無いので、電波有る限りではありますが、オマケ的なアイテムのご紹介。

早速ですが、お写真をご紹介~♪

ばーん

_DSC7508

「The ビキニ」です。
ビキニの名前の由来はご存じですか?

世界対戦の時にアインシュタインが核の実験をした島の名前なんですよ。
その時衝撃波が水着のソレを見たときの衝撃(男心的な)にちなんだ名前だったり。

今回のこのアイテムはどちらかと言うと実験的な意味でこのお名前にしましたよ。
形は毎度のごとく大胆なビキニスタイル。
今回は何と、パンツも付いてくる太っ腹具合。
水着初の抱き合わせされたセットアイテムとして試験的~♪

でもそれだけじゃない。

_DSC7509

バックスタイルも実験的。
パンツのベルト通しを利用して、トップスを結ぶ形に。

これにより開放的なお背中と、ズレ難さをてに入れました。
勿論普通に背中で結んでも良いように細めのストラップになっているのでお好みで楽しんで戴ければとおもいます。

色は面白いランダムを用意しています。
気になる方は是非×2遊びにいらしてくださいね。
配布予定価格は¥3500-
Sapporo I・Doll VOL.2から配布予定です。

実験大好きなかわった男 <しぃ>

登ったその先は

こんばんわこんにちわ。

だいぶ日も落ちて参りましたが、皆様今日の晩御飯はお決まり?
BarCode中の人しぃは絶賛迷い中だったり…。

ある時から食べたいものが中々思い浮かばなくなって、献立に迷う様に…。
皆様もそういう経験あります?


まぁ、どうせ晩御飯まで時間もある事ですので、
献立思いつくまで少し頑張ってアイテム作ってみましたのでご紹介。

_DSC7472

「BCマウンテンパーカー グレープ」です。
前回のイベントで好評配布していた「BCマウンテンパーカー」の色違い品を急遽追加しました。
今回はオトナな感じ漂う単色でまとまりのある濃い紫をチョイス。

_DSC7473

ポケットや後ろの仕様も一緒で、勿論フードも被れます。
前回言ってなかった裏ワザですが圧縮し空気を抜くことで結構小さくたためます。
突然の雨にもカバンに入れておけば一安心ですね。

_DSC7474

裏地も前回と同じく鮮やかな赤で撥水加工布で安心。

前回の迷彩も良いですが、少し大人しい方が好みの方にはコチラがオススメ。

配布予定価格は¥4500-
I・Doll West VOL.26から配布予定です。

献立の悩みはどうすることもできませんが
山で迷ったら頂上を目指せばいいのだとか

献立に大遭難中の男 <しぃ>

また来る前に

こんばんわこんにちわ。

そろそろ朝日も見える頃?
皆様おはようございます。
いつもの様に深夜の夜迷い人BarCodeしぃが、更新しております。
と言ってもただ寝るタイミングを見失っているだけだったりします。

ただダラダラとお話してもアレですので、
今回は前回に引き続きGW中に大好評だったアイテムの再生産をもう一つご紹介。

ただね、やっぱりそのまま再生産だとアレじゃないですか…

ドーン

_DSC7405

ドールショウの段階で完売した
「金魚鉢カットソー」です… が、少し雰囲気が違います。

何と今回

MDD版の小さなサイズを追加しました。
作る人(しぃ&工場長)の関係で解りやすく色を変えての追加です。

_DSC7409

実はコレ前回もさらりとご説明していた肩に伸びの良いニットを使っていまして、
コレのおかげで首回りどこを切らずとも着る事ができるカットソーだったりします。
勿論MDD用だからとその辺りを妥協せずパターンを工夫し、
できるだけそのままのスタイルにしました。
違いは丈と首周りの幅だけの最小限の変更となってます。

_DSC7411

なので後ろ姿もほぼほぼ変化なしに。
勿論DD用と同じく前後を同じにしてあるので、
前を探さずに着れるのもそのまま。

MDD用ばかりご紹介していますが勿論DD用も再生産していますので、
手に入れれなくて悔しい思いをした方にもチャンス到来であります。

配布予定価格は¥2000-
ドールズインワンダーランド 大阪 27から配布予定です。

熱意そのままにより良くなりました。

最近準備が遅い男 <しぃ>

コンテスト

こんばんわこんにちわ。

5/4「ドールショウ53初夏 浅草
5/5「ドールズ・パーティー39」にて遊びに来ていただいた皆様に感謝×2なこの日この頃。
 
GW中は皆様とふれあい元気をたくさんもらえたそんな日々でした。

そして皆様がきっと気になっているのはアレではありませんか?
ドールズ・パーティー39内で開催されていた、
「ディーラーアイテム人気コンテスト」に出品していたアイテムをしっかりご紹介。

当日は沢山のご投票と好評を博したことをありがとうございます。
改めて作り手として夢の様な一日で今までにない想いで一杯です。

コンテストという形故に、どんなアイテムなのか疑問も残る所、
折角なので自由に書けるブログにてしっかりちゃっかりご説明。

まずはいつもの流れ お写真から~。

どんどどどん

_DSC7335

「マダム デニム」です。
日本でいう「デニム婦人」という見たまんまなお名前。

上から下までほぼデニムなドレス。
デニムでこの形を再現したく贅沢に生地を使い、総重量おおよそ1㎏と重量級なものになりました。
4色のデニムをメインに出来るだけ自然素材のみの構成を意識して、
綿レースやレーヨンレースなどを贅沢に裾にあしらってみました。

_DSC7333

帽子だってもちろんデニムでしっかり。
頭に乗るということもしっかり念頭に置き、
重くならないように工夫しつつ貴婦人の様な豪華さ煌びやかさを追求。

_DSC7338

カシメの使用量も合計12か所と最多仕様なのもさりげないこだわり。
今まで作ったデニムのすべてを注ぎ込み出発の直前まで手を加えて作ったアイテムです。

_DSC7334

バックスタイルはこんな感じ。
ヒップにボリュームを足しつつ長く優雅なスタイルを再現するため、
前面よりもフリル量を多めに取り裾も少し長くしてあります。
ステッチは綿レインボーステッチを使いデニムの色合いに負けない鮮やかな色感で、
見るたびに新鮮味のある質感を意識しました。

_DSC7336

本来であればこんな所までマルチなサイズを求めるのは野暮なのですが、
そこまでこだわってこそBarCodeらしさなのではと考え、
DD M胸~DD L胸と出来る限りではありますが対応サイズにゆとりを持たせてあります。

そしてこだわりは勿論写真に写らない所まで、
このドレスBarCodeのデニムの例に漏れず色止め洗い済みで、
バスト&コルセット部分は綿サテンによる裏地付き。

そんでもって本体はちゃんと洗濯機で洗えます。(要洗濯ネット)

当日はこんな感じで展示してありました。

Dcado7XUQAAmsQT_1
(画像提供:リンスキー師範@rinski_shihan 様)

これからも皆様に「面白いと嬉しい」をお届けできればと思います。

一応コンテスト向けのアイテムですので配布は考えず作ったため、
今日になって色々と改善&工夫できる点等を加えたモデルをご要望なども踏まえ、
セミオーダーの形で真面目に検討させていただきます。

よって今回のアイテムは

配布予定価格はナイショ♪
配布予定は未定です。

詳細気になる方・アイテムの配布ご希望の方は、
よろしければTwitterの当アカウントBarCode(@barcode355)までお問い合わせください。


「もっと、もっと」を原動力にこれからも皆様と共に楽しんでいきたい

道楽男 <しぃ>

色変える

こんばんわこんにちわ。

地元開催って近い分だけ無理しちゃって後が大変な感じ?
毎度「近いから移動に時間かからないし」とか「道具そろってるから」とか言って
ほんとギリギリまで作業しているBarCodeでございます。

しかし睡眠は意外ときっちりとってますのでどうかご安心ください。
当日徹夜感バリバリでイベントとか私自身が嫌なので、
それだけはないようにがBarCode始まって以来のお約束だったり。

それはさておき今回もとっておきを一つご紹介。
メモの準備は大丈夫ですか?

それではまずはど定番お写真から

どどんどんどん

_DSC7268

「花畑ワンピース 紫」です。
以前作った「花畑ワンピース」の柄違い
今回は紫ベースの花柄をメインに白綿地と黒ストライプサテンで上品に仕上げたワンピース。
シャツの様な可愛らしい襟がなんともカントリーな一品。

特に生地とボタン以外は変更有りません。

_DSC7269


新アイテムというよりどちらかといえば「バリエーションが増えました。」な感じ。
一応念のためバックスタイルもどうぞ。

寒色系なので夏にも涼やかに見えていいかも?
コレ一着でも結構便利なのですが、
半袖なので上から何かを羽織ると結構楽しめます。

例えばこんな感じとか

_DSC7271

こんなのとか

_DSC7274

アレンジで色々と楽しめます。
是非自分だけのオリジナリティを追求してみてください。

配布予定価格は以前に同じく¥5000-
箱庭6から配布予定です。

色が違えば見方は変わる
こんなものと思わずいろんな角度でモノを見ると
世界はもっと楽しいはず


色違いの男 <しぃ>

USED


こんばんわこんにちわ。

今回は新作ではないのですが、折角なのでチョットしたものをご紹介。
色々とアイテムを作って来た中で、「アレンジ」されたモノって中々ありませんでしたね。
そこで今回はそのまま普通でもいいアイテムではありますが、
面倒で手を出しにくかったアレな物をご用意してみました。

まずは相変わらずお写真

ばばバン


_DSC7225

「ユーズド加工デニム」です。
ただただ加工しただけ、見たまんま。
太ももメインに皺に合わせて手洗いで退色させてみました。
勿論デニムとしてはしっかりとした作りで、
ポケット・ベルト通し等 はほかのデニムと同じくちゃんと使えます

アップで撮るとこんな感じ。

_DSC7227

あえてアイロンは掛けず洗ったままの姿。
まるで長い間苦楽を共にしてきた相棒の様に歴史を感じれるデニム。(作り物ですが…)

洗いもしっかり済ませ色落ち等にも気を使ってあります。

お写真のアイテム以外にも何枚か作ってみました

_DSC7229

こんな感じ。
片方だけユーズドだったり
茶色をプラスして歴戦のデニム風になっていたり。
どれも一枚一枚味のあるモノとなっておりますので、
その中からお気に召すものがあればいいなーなんて思いながら。

手作業故に同じものが二つとないアイテム。
オリジナリティーを求めるアナタも。
忙しいし、手を汚したくないなし、何よりも面倒だし、なアナタも。

加工済みでばっちり解決! BarCodの加工済みデニム。
おひとついかがでしょうか?

配布予定価格は¥3500-
I・Doll VOL.52から配布予定です。

加工済みな男 <しぃ>

また見つかっちゃった。

こんばんわこんにちわ。

まだまだがんばりますよ~。
時間が許してくれる限り頑張りたいですからね。
だって少しでも皆様の「コレ良いね」が聞きたくて…。

とは言ったものの、正直少し疲れたり、ダラケてしまうこともあります。
人間ですからね。てな分けで今回は新作ではないのですが、
この時期にあればうれしいアイテムを一つご紹介。

早速ですがまずはお写真から~

どんぱっぱ

_DSC7184

「ルーズカットソーサワー」です。
お名前でピンと来た方もそうでない人もついでなのでご紹介。
実はコレ「ルーズカットソー」の柄違いのアイテムだったりします。

前回は形状の説明がなかったのでちょっとだけ

_DSC7186

前はこんな感じのクロスした見た目ですが

_DSC7185_01

後ろは一枚になる不思議かつ面白いデザイン。
勿論どんな布でもこの形が作れるわけではございません。
伸びの悪い素材だと着る事すら困難なくらいの物になります。

今回はそんなこんなでよく伸びる水玉ニットが手に入ったので復活させてみました。
前回はオレンジのみで寂しかったので今回はカフェオレとネイビーの二色で選びやすく。
使い勝手の良い色で通年通してお使いいただけるかと思います

配布予定価格は前のと同じく¥2500-
ホームタウンドルパ京都15から配布予定です。

男 <しぃ>

一歩踏み込んで

こんばんわこんにちわ。

今週も冷え込むらしい天気予報に少しゲンナリな私しぃが今回もザックリ&バッサリと、
新しいアイテムの魅力をお伝えするこのコーナー適当に数えて大体240回目といったところだったり。

そんなことはさておきまずはイベントの情報から。
来る 2018年2月4日 夢メッセみやぎ にて開催の「Sendai I・Doll VOL.7」に、
BarCodeはディーラー参加いたします。
ブースは「B31,32」となっております。
寒くて出るのが億劫だと思いますが、
今回ご紹介するものをはじめ様々なアイテムと皆様のお越しをお待ちいたしております。
是非×2遊びに来てくださいね。

てなわけでそんな仙台にもっていくアイテム第一弾のご紹介。
今回は日取り的にも厳しくはありますが精いっぱい頑張ります。
どうせなら「新しいの」がいいでしょ?

早速ですがまずはお写真

ドーン。

_DSC6902

Love Somebodyこーと 寒冷地仕様」ですの。
冬前に出したコレを更に寒さと戦える仕様に仕立ててみました。
この寒さを打開するべく急遽仕様変更し作りました。

まずは定番生地の変更から。
今回は寒さに強くあるために二重に織られたポリエステル+綿の硬い生地。
綿単品だと雪や雨に濡れた際乾きが遅くかえってそれが冷たく寒い。
そこで乾きのいいポリエステルを混紡させた生地で速乾性にも気を使っています。

_DSC6903

後ろはこんな感じ。
寒いに冗談やお飾りは通用しません質実剛健にかつ、
シルエットは可愛くなるようにほんの少し裾を広くしました。

_DSC6906

勿論前回のもの同様フードも使える本格派。
今回は身頃の色に合わせて白色ファーでメリハリ付けました。
フードだってもちろん裏地入りで風を遮断。

_DSC6907

ファスナー式なのも相変わらずで首元までしっかりガード。
ファスナーの前にはしっかりと前立てまでついてますので、
隙間を縫う様に入ってくる冷気だってしっかり防げます。

_DSC6900

シッカリ厚手なのも大事ですが、中に入ってる綿も大事
前回同様しっかりと詰まった綿なのはもちろんの事、
更に今回はメッシュ綿で型崩れを予防し均一な厚みで熱を逃がしにくくしました。
裏地はファーと同じ白色で明るい感じをプラス。

寒冷地仕様って車でもなんでもお値段をプラスするのが世の流れ。

しかし
そんな流れここで断ち切ってさっぱりと参りましょう。
配布予定価格は普通のと同じく¥4500-
勿論Sendai I・Doll VOL.7からの配布予定品です。

何処に居たって人間皆同じ、あったかい方がいい。

情熱で燃える男 <しぃ>

も~っとにゅ~な感じ

こんばんわこんにちわ。

忘れる前にまずは告知
明日 1月28日にOMMビルCホールにて開催の「第37回 Doll’s Myth.」に、
BarCodeはディーラー参加いたします 。
今回も色々ありまして企業ブースにて参加いたしておりますので、是非×2遊びに来てくださいね。

告知はここまでにしまして、

年始のドタバタで気が付けば二月が目前。
そんでもって、その間何やってたんだと思えるくらい日があっという間に過ぎてますね。
しかも今年は数年に一度の大寒波だそうで寒いだけならまだ良いのですが、
大阪でも雪が降るなどして天候も悪い様で辛いです。
しかし、
寒いからと言って物づくりの手を休められない性なのがBarCode。
折角なので去年よりも進化(深化)した製作を行っていきたいと考えております。
というわけで今回はそんな「進化」したアイテムを一つご紹介。
流行と使いやすさの為に日々進化していかなければ置いてけぼり食らっちゃいますからね。
去年の今頃も似たようなこと言ったような気がするけど…まぁいいや♪
てなわけでまずはお写真を

ドーン!

_DSC6847

「シャツ ver.5.2」です。
去年の今頃出した「シャツ ver.5」の改良版
そして今回のが5.2ということで疑問が浮かぶ感じ。
間に存在するはずの5.1に関しましては実は「シャーリングシャツ」の事。

ここからは余談ですが
去年もチラリとお話しましたが”定番のシャツ”と”アレンジシャツ”とはベースを同じとする姉妹品。
上記の「シャーリングシャツ」は「シャツ ver.5」を基に進化させたもの。
逆の例は「花柄クリスタルセットアップ」のシャツ部分からフィードバックを得て、
現在まで続くシャツシリーズの薄くてしっかりとした襟に進化していたりします。

もう一つ余談ですが、と「シャツ ver.5」と今回のシャツとの間にあらにもう一つシャツ系のアイテムがある事ご存知ですか?
コレなんですけれども「アバンギャルドシャツ」実はこれver.5.2と呼びたいところですがこれは複雑な経緯があり実はver.4系の進化系で正しいバージョンは「ver.4.7ga」という超ややこしい感じですみません。


それはさておき今回何処が変更になったかというと、

ver.5を流行りに合わせて、全体的に先祖返りさせつつ使いやすさはそのままにしました。
襟や裾をver.2を参考にしました。
襟は少し大きく、裾はなでらかにそんでもって少し長めに変更。

_DSC6848

バックスタイルはこんな感じ
シャツ ver.5」と違う点はヨーク(肩甲骨付近のパーツ)の下にある小さなタックが復活した点。
有るのも無いのもそれぞれにメリットがあるのでどちらが良いと言い切れませんが、
今回は流行りに則った形で動きやすいゆとりのあるタック有りを採用しました。
背筋を伸ばしたお写真みたいな状態ですと少し布が余った感じになっていますが、
意外にも体を動かすと良い具合についてくることでツッパリや皺を予防して、
綺麗なシルエットを維持してくれます。

肝心の配布価格ですが昨今の値上がりラッシュを耐えに耐え抜いたのですが、
そろそろキツイということで誠に申し訳御座いませんが

配布予定価格は¥2500- となります。

約5年と半年間ずっと同じ値段でクオリティを追い求めてきましたが、
やはり時代の波にはかないませんね。 

第37回 Doll’s Myth. から配布予定です。

心苦しい新価格
でもしっかり進化しているんです。

進化にこだわる男 <しぃ>

アレアレ模様

こんばんわこんにちわ。

学生たちより遅めの夏休み~(?)。
大変お待たせいたしました、BarCodeしぃでございます。
今週から、2017年8月6日(日)インテックス大阪 5号館A・Bにて開催
ホームタウンドルパ大阪9」にお持ちするアイテムをぼちぼちご紹介して行く予定です。
BarCodeは「131-DD」にて皆様のお越しをお待ちしております。

今年の夏は荒れた天気に見舞われ大変な感じ。
予報では降る降る詐欺で中々降らない雨。
逆に降るときは災害レベルで降っちゃって大変な限り…。

そういえば学生のころ何人かいませんでした?
夏休みになるとタガが外れて色とりどりな髪色にしてみたり、
こんな時期だけすごく祭り男な学生さん。
「オトナなんかに俺たちの事は止められない!」的な思春期の荒れたハートの学生さんたち。
ファッションも個性的で目立つアノ感じ。
今回はそんなアイテムの再来ですよ。

ジャパニーズ独自の個性派アイテム再登場です。

「更にマブくなった俺たちを写真と共にご紹介していくんで 夜露死苦」…なんちゃって。

_DSC6201

「スカジャンRS-ZZ」です。

説明不要 ツッパリたちが一度は憧れる(?)目立つお洋服の華麗なる復活。

今回も光沢ある上質なサテンを使い肌触り滑らかで色もインパクトを更にアップ。
生地に至っても柄付き高級サテンを使えるようになったりと、今まで以上にマブくなりました。


そしてもちろん・・・・・ 

_DSC6204

ポケットは使えないと始まりません。
その他にもパターンを再度作り直しました。

シルエットの美しさを追求し、細くなった袖。
オールシーズンの使用を想定し、中綿を前回より薄い物を使用したり、
その他色々と実用に向けて改良いたしました。

着た人全てにあふれ出る自信を持っていただきたく、
細部までキマったお洋服になりました。
そんでもって、最大の特徴はやっぱり・・・

_DSC6205

イカした刺繍。
やはりコレがないと締まりが悪いですよね。
しかも今回は和柄な刺繍を独自ルートで制作いたしました。
前回よりも更なる強さをまとった本物志向。

そして何よりうれしいのが、刺繍の安定供給により再販が可能な点です。
なので前回の時のようなイベント会場で気に入った「色&柄」を
探すのに苦労しなくてもいいようになれるはず…。

ランダムに数種類を今回ドルパにてお持ち致しますので、
是非×2見に来てくださいね。

季節的には少し早めの登場にはなりますが、
嬉しさ故の急ぎ足だと思って許していただければ幸いです。

大変恐縮ではございますが原料価格高騰の影響をうけ、
配布予定価格は¥6000- (今回持ち込み分)
から配布予定です。


更に!!

世界に一つのオリジナリティを更に追い求める人向けに。
納期・配布価格要相談にてカスタムオーダーもお受け出来る体制を準備中。

刺繍をはじめ様々に拘りを実現するべく、

_DSC6207

写真の様にファスナーを2種類選択できたり。
左:ナイロンファスナー (開閉が楽でファスナーによる傷になり難いのがメリット)
右:メタルファスナー (半物志向の本格派 やっぱりカッコ良さはこちらに軍配が)

_DSC6206

今回登場のピンク・青のような柄入りの高級サテン地や
柄無し光沢のみのサテンや絹サテンなど生地だって選ぶことができるよう鋭意準備中です。

詳しくはブース又はTwitterのダイレクトメッセージ(@barcode355)にてお問い合わせくださいませ。

社会への小さな抵抗、自分の存在理由を探す旅人にピッタリな一枚をさらに追及。
パンチ力のあるカジュアル服としてもより鋭くカッコ良く。

電車の座席を座るのにやや抵抗感のある男 <しぃ>

サイレントクロー

こんばんわこんにちわ?

蒸し暑い感じが続いてますね。


今日ご紹介するのはアウトフィットではないんです。
誰しもたまには違うことをしながら気分転換したい時ありません?
BarCodeだって飽きるほどの布と戦いながら日々を過ごしてはいるのですが、
たまには息抜きと言うことでこんなものを作ってみたんです。

_DSC6165

「BCネイルハンド」です。
そうなんです。
ネイルハンドなんです。
空き時間を使いコツコツと作ってみました。
他のディーラー様のものほど装飾はありませんが、「カジュアルに合う」をメインに、
使いやすさ重視のシンプルな仕様。

_DSC6174

こんな感じでさり気無くお手元を演出。
形的にも使いやすいオーバル形。
対応はセミホワイト肌のDDS~DDdy

1セット限定とはなってしまいますが、要望があれば追加生産も考えています。
配布予定価格は¥4000-
第35回 Doll’s Myth.にて配布予定です。

さり気無く爪痕を残すインパクト

つめは短めな男 <しぃ>

す~い、すいすい♪

こんばんわこんにちわ。

またまた微妙な時間となりましたが如何お過ごしでしょうか?
私はまだまだ元気いっぱい明日のI・Doll West VOL.24に向けた準備中。
地元大阪なのでのんびりとした気持ちで、
夏物を重点的に皆様が少しでも満足行くモノと出会えるように鋭意製作中。
まだまだご紹介したいアイテムあるので頑張っちゃいますよ。

今回は先ほどにならい涼しいアイテムをもう一つご紹介。
と言っても新作ではありませんがBarCodeイチ推しの「あの」アイテムの登場です。

こちら!!

_DSC6043

「スイムウェアBC2」です。
つまり今年はコレの色違いを作ってみました。
今回は刺激強め?の赤白のツートンでどんな
性能や使い方は去年の物と同じく方のストラップによって自在なサイズ調整ができます。
勿論水に濡れたって安心の速乾3wayニットを使った本格派。

_DSC6044


バックスタイルは特に変化無しですが、それがこの水着には不可欠。
余計な結び目や継ぎ目を少なくしているので、ゴテっとした感じがなく使いやすさに貢献。
さり気無く去年のモノとは違った裾の処理をし、より丈夫になりました。
今回のリボン端は銀色のリングでスッキリした感じに統一しました。

_DSC6045

白ですが透けが少ないので、あわやなハプニングもしっかりガード。
形が独特で赤色がさらに夏の日差しに映えます。

配布予定価格は¥3000-
I・Doll West VOL.24(京セラドーム大阪 スカイホール)から配布予定です。

水際の男 <しぃ>

真っ直ぐの証

こんばんわこんにちわ。

ただいまの気温28℃…。

すでに暑いデスネ 熔けそうですよホントに。
今の時期くらいからへばっていてはダメなのもわかってはいるのですが辛い限り。
お仕事で外出が多い方はくれぐれも熱中症なんかに気を付けて、
こまめな休息をとってくださいね。

さてさて暑い暑い言っても仕方ありませんね、新しいアイテムご紹介して行きましょうか。
今回はこの時期くらいから欲しくなっちゃうアイテムですよ~。

メモの準備はよろしいですか?

こんなアイテム達です。


_DSC6016

左から「ダブルウェストホットパンツ2017 白」と
   「白ストレッチフィットタイトスカート改」です。
待ってた方も多いかも?なアイテム二つを作ってみました。
それぞれ個別に詳しく見て行きましょうね。

まずはパンツの方から…

_DSC6018

「ダブルウェストホットパンツ2017 白」です。
BarCode発信の「変形デニムホットパンツ系」を待望の白で作りましたよ。
再生産としては実に5度目のウルトラロングセラーアイテムで、
実は一番最初にこのブログで紹介したのもこのシリーズのアイテムなので歴史も古め。
しかし型紙は幾度となく変更されていたりします。
今回もその例に漏れず変更点ありますよ。
まずはサイドポケットの位置をほんの少しですが下げてみました。
他にもウエストベルト同士の距離を少し離してみました。
これによりスリムな見た目になりました。

_DSC6019

バックスタイルもしっかりヒップに追従したスタイルとなっているので使いやすさもUP!
様々なシーンで合せ安く気軽にアクティブさをプラスできますよ。


続きましてスカートはと言いますと…

_DSC6021

「白ストレッチフィットタイトスカート改」。
以前の「白ストレッチフィットタイトスカート」を少し改良して再登場です。
「個性の強いお洋服に合わせやすい」「ボトムに困ったらコレ」といった声が多く、
丁度品切れとなったので再生産致しました。
そのまま再生産と言うのもつまらないので、改造しちゃったわけなんです。

まずは、最近の流行に合わせやすいようにポケットをほんの少し下にして現代風に。
二つ目の変更は…

_DSC6023

ウエストをこんな感じのダミー分割式にしてより遊び心のある仕様にしてみました。

_DSC6024

バックスタイルは変化無しファスナーで簡単お着換えの便利仕様。
後ろのスリットで余計なまでのセクシー要素を出さず適度な感じにとどめてあるのも魅力。


最後にまたまた2ショット。

_DSC6026

今回は2つともステッチを藤色にしてみました。
生地のカラーがない分よりステッチの味が出て面白いんじゃないでしょうか?

配布予定価格はどちらも¥2500-
ドールズインワンダーランド 大阪 25から配布予定です。

線画の様に真っ直ぐなステッチで、これからの暑い時期の思い出を描いてみませんか?

汗を流す男 <しぃ>

ニュー・ヨーク

こんばんわこんにちわ。
おおよそ一週間ぶりでございますね。
皆さまお元気でしょうか?
すっかり夏日な気温と大型連休のせいか陽気な気持ちになりますね。
しかもGWはイベントが連続してることですし、うきうき気分?
BarCodeは勿論、5月4日(木祝)ドールショウ50初夏 浅草5H-09.10」&
5月6日(土)ドールズ・パーティー37032-DD」両日参加予定でございますよ。

皆様にとっては経済負担も大きいはず…。
なので作っちゃいました定番の「アレ」。
何時ものあいさつと言えば新作のご紹介だと身構えてしまう気持ちをそっと置いといて、
ブログ更新のリハビリ感覚でお楽しみくださいませ。

まずはお写真~♪

_DSC5968

「スリムデニム リターンズ」です。
遂に帰ってきました普通のデニムの薄いヤツ。
ボトムを何にするか迷った時の救世主だったり?
実はブログでは定番モノ故に一度も紹介したことがないので今回特別出演を果たしました。
今までご紹介した数々のデニムパンツと基礎は同じ。
「末永く愛される "相棒" 的アイテム」と言う拘りとただただ純粋に向き合ったアイテム。
対応サイズはDDS・DDS男の子~DDdyまで。
マルチなサイズで穿けるデニム。
今でこそBarCodeでは当たり前ですが、それを常識にしたのもこのデニムがあったからこそです。
全てのスリム系スキニー系の元となったアイテムの再生産品。

_DSC5969

バックスタイルも、もたつきの少ない綺麗な感じ。

BarCodeが実はこだわっているのは股下。
以前のスリムやスキニーは股下のゆとりまでも削った「シルエットに極限まで合わせた」モノが
多かったのですが私たちのデニムはそこまでヒップ周りを締め付けていません。
BarCodeでは「可動の邪魔にならないこと」と「美しく隠す」事を何よりも大切にしています。
「立ち姿だけでなくアクティブなポーズでもリアルなキレイであってほしい」
関節のシルエットを極限まで隠しそれでいてぶかぶかにならないヒップラインを目指しています。
勿論BarCodeのデニムは洗いと色止め作業済で買ってその場でお着換え出来るほどに洗ってあります。

配布予定価格は4年前と変わらずな ¥2500-
2017年5月4日(木祝)ドールショウ50初夏 浅草5H-09.10
2017年5月6日(土)ドールズ・パーティー37032-DD」から配布予定です。

たかが安いデニムでも誰かの「最高」の為に作り続けて4年。
デニム洗いの際に染まった手はきっと誰かの「良かった」に繋がると信じて

ニューヨークな履き心地を目指した男 <しぃ>

トップ・オブ・ザ

こんばんわこんにちわ。

さらに続きましてご紹介したいアイテムは再生産アイテムです。
幾度となく生産され皆さまにも中々に良い評判を頂いております定番アイテム。
正直かなりの枚数が出てはいるのですが、コレクションにあると非常に使い勝手がいいので、
まだお持ちでない方も、そろそろ替えが必要な方にも満足行くアイテム。
それがコレ!

_DSC5857

「ダブルウェストホットパンツ プレーン」です。
このブログが一番最初に紹介致しましたアイテムを四度めの再生産です。
以前紹介する前からBarCodeの定番として君臨し、
今もなお愛用していただいてる方もいらっしゃるはず…。
飽きの来ない形と使いやすさがちょうどいいアイテムです。 

_DSC5858

今回はより使いやすいように前後とも生地変更をせずほぼ単色で仕上げてみました。
ステッチはほのかに目立つ赤色でさり気無い存在感。
裾も今回はシンプルな仕様で、
ストッキング・タイツ・ソックス等の良さを最大限引き立ててくれます。

配布予定価格は¥2500-とお馴染み。
ホームタウンドルパ京都14(卓番号:205-DD)から配布予定です。

再確認する定番の良さ
長年愛されるのはワケがある
そんなアイテムを是非コレクションに加えてみませんか?

コレクター癖の男 <しぃ>

続きましてはいつものように

こんばんわこんにちわ。

先ほども割と多めにご紹介しましたが、まだまだご紹介したいアイテムがあるんですよ。
何時もながら微妙な時間にスミマセンネ・・・。
なにぶん作るのに一所懸命になるとその他の業務を放り出す悪い癖が・・・。
来年には治せるよう努力したい・・・。

皆様も来年の抱負を考える時期になってきた感じですが、
それはまた別の機会にしていただいて・・・・。

今回ご紹介するアイテムはリクエストなアイテム。
ラジオやクラブハウスのDJ感があってなんかカッコイイ響き。
まずは格好よく写真でキメていきましょう。

_DSC5709

「ロングダウンライクジャンパーR」です。
要は前々回のアレのリクエストカラーでございます。
意外と要望の多かった「明るいカラー」を頭を空にしてそのまま作ってみました。
普段なら何かと捻って考えるのですが、そうすると配布価格が上がってしまう結果となります。
そうなると今年この価格帯のアウターがなくなるピンチに・・・。
ということで前々回のと同じくな仕上がりにしました。

_DSC5710

閉めたときもシルエット自体には変化がありません。
逆に珍しいくらいの普通さです。
しかし色が変わると雰囲気も一転し、軽やかさがUP。
勿論お洋服の重さには変化はありませんが、
中に着るお洋服が暗くて重い感じでもこれを羽織ると明るくまとめることができます。

_DSC5711

バックスタイルですら前々回の感じをそのままに。
ですがそれを言っても元も子もない話なので、ここで簡単な裏話。
このお洋服お名前の通り「ダウン風のジャンパー」なのですが、
羽毛をあえて使わないのは以前にも簡単にお話ししました。
それ以外にも羽毛を使わない理由があったりするのです。

それは「音」にあります。
軽くて暖かな羽毛は一見最良の素材ですが、
羽がどうしても布を貫通し飛び出してしまうのは皆さまも知っていますよね。
それを予防するために裏に加工を施した布で作ったり、
ビニールで閉じ込めたものを縫い合わせるなんてことも・・・。
そしてそのほとんどのダウンで起こりうる「シャカシャカ音ガシャガシャ音」
その不快な音を減らすというどうでもいい拘りを追求した結果だったりします。

裏話としては微妙なお話ですが、BarCodeではブログで紹介しきれない拘りによって成り立っております。


配布予定価格は前のとおなじく ¥3500-
勿論12月18日(日)「ドールズパーティー36」から配布予定です。

まだまだお騒がせする男 <しぃ>

ましんがんメドレー

こんばんわこんにちわ。

いよいよ今年も大詰めなこの日この頃。
皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
年内最後に向けてお仕事に学業に多忙かとは思います。
私たちも、12月18日(日)「ドールズパーティー36」で今年は最後のイベントとなりますよ。

年末に向けて私たちも色々とアイテムを追加してみました。
まずはカンタンに馴染みの良いアイテムをご紹介。
メドレーという形でズババンとお送りしたいと思います。
まずは一つ目をドゾ。

_DSC5699

どれがおnewなの?と思いますが、
今回は足元に注目!

_DSC5701

冬の新色(侵食)「色々なタイツ」ですよ。
別段おすすめすることのないこのアイテムもついにブログに登場。
「短いスカートやパンツの時の足元に何かプラスしたい」とお思いの方に、
申し訳程度に出していたアイテムに新たに写真の紫とオリーブ色等の癖のある色を追加。
ある意味さらにやる気なさを加速させてるように感じますが、
これはこれでボトムにインパクトが少ない日や、逆に靴が派手になりすぎている時の緩和に威力を発揮。
80デニールで足元が暖かくなるだけでなく微妙な透け感があるのが良い感じ。

配布予定価格は一足¥300- といつもの感じでひっそりおいてます。

続いて二つ目のアイテムは前回のイベントのアイテムで、ご紹介できなかったアイテムをご紹介
と言ってもさっきから気になった方もいるはず!
SO! それなんですよ。

_DSC5703

「オトナめフロントクロスカットソー」です。
今年の3月頃に出たコレをアレンジして冬向けに使いやすくカットソーにしてみました。
そのまま裾を短くするのでは芸がないので、今回はクロスした布が裾の最後まで来るように改良。
さらに胸元もスッキリ単色のギャザーで仕上げてみました。 
 
_DSC5702

後ろから見ると超シンプル… ですが、これにはワケがございます。
最初に言っていた冬向けと言うところにその答えがありまして、
重ね着を重視しさらに部屋着としても快適便利にするために、
後ろに余計なものは足さずに仕上げた結果こんな感じ。
袖も細身で動きやすく寒い時も手の甲をしっかりガードの萌え袖仕様。

配布予定価格は¥2000-


更にさらに3つ目!!
折角なので追加でこんなものも・・・



_DSC5722

「冬だって使える!フォーマル系袖切りすぎちゃいました」です。
要は色違いなんですが、袖がない分重ね着に便利と愛用されている方がいるアイテム。
なにせネクタイだってズボラ出来ちゃうのでお得なのは間違いありません。

_DSC5707

緑も前のとは違う淡い感じのカラーを追加。
冬物の濃い色が多い上着等の中でもバッチリな存在感。
しかも対応サイズも広いのが魅力で、
カットソーなどの袖のあるアイテムの上からこれを重ねるという小技が効くすごいヤツ。

配布予定価格は¥2000-

そんでもって今回ご紹介のアイテムは全て
今年の最終決戦12月18日(日)「ドールズパーティー36」に持って行く予定です。

今年もたくさんの笑顔で支えて頂き感謝×2。
皆様のその笑顔で良い年を迎えれるようにまだまだ頑張りたい。

年末もお騒がせ男 <しぃ>

キミの心にレボリューション★

こんばんわこんにちわ。

やっとやってきた冬本番!
寒いデスネ。
「毎朝お布団が私を離してくれない!」なんて言うような寒さに突入し、
遂に我が工場でも暖房をまわして元気に活動中。

暖かいって素晴らしい!

ですが暖房って乾燥するせいなのか静電気がすごいんです。
一日作業するだけで気が付いたら糸埃でカラフルな感じになってしまうほどだったり。

もちろん今日も糸埃にまみれながらブログ更新。
と言ってもイベント前の新しいアイテムのご紹介なんです。
その代わりと言うわけではございませんが全力でご紹介させていただきます。
まずは正面のお写真からドゾ。

_DSC5676

「ゴージャスレギンスカスタム」です。
いわゆる車業界の「フルエアロ」的なアイテムでございます。
ほんのこの前にご紹介したアイテムをBarCodeが真面目にカスタマイズしました。
特徴的なダミーカフスやハイウエスト化など分かりやす所から手を付けて・・・。

今回は冬のイベントシーズン向けにカラーも変更。
ど派手な「赤系」の色でどんな人ごみにも混ざらずしっかりと存在感をアピールできます。
素材は前回と同じくニット特殊加工の布ですので伸びるの良さは勿論艶やかに足元を演出いたします。

それだけじゃないんです。

前回よりも更にタイトに仕上げほぼ切り詰めるところが無いほどの超タイト仕様。
通常なお着換えが超大変なのですが、
素材の良さを最大限につかいこのタイトな見た目でもすんなりお着換え出来ちゃいます。

_DSC5678

バックスタイルは大げざなカスタムはしていませんが、ふくらはぎ辺りを少し詰めて脚の美しさに貢献。
裏からだとわかりやすいのですが、関節部分は余り詰めておりません。
可動を犠牲にせず曲げた際に関節内に噛み込みが少ないように、
最適化された適度なゆとりで調整してあります。
なので可動は勿論その稼働の後にできるシワもつっぱらず無理のないシワに仕上がりますので、
長くご愛用頂けると思います。


配布予定価格はほんの少しUPの¥3500- にて宜しくお願いします。
2016/11/27(日) 開催の「神戸ファッションドール振興会 第3回 手づくり市」から配布予定です。

それぞれの個性をカスタマイズで表現
誰かの「カッコイイ」を形に、カスタムのお手本になればいいな。

肝心なところでカッコ悪い男 <しぃ>
ギャラリー
  • ノワール
  • ノワール
  • ノワール
  • ノワール
  • リーチフォーザスカイ
  • リーチフォーザスカイ
  • リーチフォーザスカイ
  • マリア・テレジア
  • マリア・テレジア
QRコード
QRコード
記事検索
ランキング
ランキング2
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード