こんばんわこんにちわ。

今週は結構ハードな一週間だった気がするそんな7月のラッキーデー。
そうです七夕ですよ。
織姫様と彦星様が年に一度だけ逢える橋が架かるそんな日。
何だか和製ロミオとジュリエットのようですね。
しかし織姫様は会いたくても震えたりしないしないあたりそごく辛抱強い気はします。
天の川がどれだけの濁流かはわかりかねますが、
彦星様ももう少し頑張ってもイイのではないでしょうか?

それはさておき丁度明後日
2017年7月9日(日)は、Sendai I・Doll VOL.6 
BarCode も勿論ディーラー参加しますよ。
ブースは「K01,02」にて、東北の皆様とお会いできる機会を頂きましたよ。
彦星様よりレア度は低いですが、
年におおよそ2回のチャンスです是非×2遊びに来てくださいね。

そんでもって
今回ご紹介するアイテムは、
そんなSendai I・Dollにお持ちするアイテムをご紹介。
もったいぶらずにお写真どーん。

_DSC6188

「バルーンデニム」です。
大阪のとある川で行われる七夕の灯篭流しがアイデアの元。
一説に睡魔を払うために、
眠りを紙で作った人形に肩代わりしてもらって川に流して祓い清める習慣なんだそうです。

このデニムで睡魔を退治はできませんが、
ゆらゆら川を流れる灯篭のような可愛い感じを形に。
ショートパンツ系の短い丈から伸びる脚で目が冴えることを祈ってます。

全体の形に目が行きがちですが、実はポケットを少し工夫。

_DSC6189

お写真の様に斜めにかつ大き目に切られた形で、
フワッとしたこのデニムでも手を滑り込みやすく、
小物を出し入れしやすい形状にしてみました。

可愛い系ではありますがデニムらしい使い心地はそのまま。

_DSC6192

バックポケットだって装備してあります。
勿論先ほどから見えているベルト通しもちゃんと使えますよ。

しかしあえて、その辺のこだわりを隠す形で

_DSC6194

こんな感じのヒラリとしたトップスとあわせてボリューミーにすることで、
DDSでもお写真の様に足が長く見える裏技的使い方もできますよ。

デニムと言うことで毎度ながら、色止め&洗い作業も完了済み。
色移りに恐怖せず少しでもデニムをお楽しみいただけるよう、
小さなお節介させていただきました。

配布予定価格はやっぱりデニムなので¥2500-
2017年7月9日(日)は、Sendai I・Doll VOL.6から配布予定です。

星に願いを 
川に祈りを

意外と泳げる男 <しぃ>