こんばんわこんにちわ。
まだあるんですよ 新しいの。
今月は作ってばかりでお写真が遅れ気味だったためこのように連続した更新となってしまい申し訳ありません。


続いてご紹介するアイテムは長らくご要望があり約半年くらい研究と試作を重ねたアイテムのご紹介。
要望があった頃は作ることが難しく満足のいく仕上がりにならなかったので断念していたのですが、
日々色々なアイテムを作っていく中で私たちのスキルも上がって
今回無事作ることに成功いたしましたアイテムのご紹介。

そのアイテムは・・・。

_DSC5204

「ポロシャツ」ですよ。
なんてシンプルなアイテムでしょう。今まで何故無かったという方も多いかも?
まず簡単に豆知識から。
ポロシャツは本来「ポロ」と呼ばれるお馬さんに乗ってする球技の競技者が着ていたシャツが元だったりします。
ワイシャツベースで袖が邪魔にならぬように絞ってありスポーツ向け。
もう一つの特徴は伸縮性と吸汗性に優れたニットを使うことが特徴だったりします


で、作るのが難しい理由が、ほぼ「襟」であるといっても過言ではありません。
ワイシャツのような「カッコイイ襟周り」とポロシャツで大事な「伸縮性」
の双方が両立することが一番の理由です。
本来この手の襟をつける際布が伸びない方が作りやすく、しっかりとした形に仕上がるのですが、
ポロシャツは伸びます。

見頃が伸びないようにして襟を作ると着るのが難しくなりとてもじゃないですが、
人間業でお着換えができなくなります。

逆に伸びる襟で伸びる身頃に襟付けするとだらしなく仕上がりかっこよく襟立をするのが難しく、
「ポロシャツなのか?」くらいルーズなアイテムに・・・。

人間のサイズですと布の選択肢がかなり多く、
ポロシャツの襟向けのニットなるものがあって作りやすいのですが、お人形用なるものはありません。

今回はそんな襟を様々なアイテムを作る際の経験を活かし技術のブレイクスルーに成功。
「縫製のみでどこまでできるか。」というBarCodeの総力をもって完成。
見た目は小さな進歩ですが、文字に直すと長いお話になっちゃってますね。
それはさておき、シンプルな見た目は自信の証。
勿論襟周りはしっかり伸びますので、お着換えのし易さは勿論襟もシャキッと仕上がってます。

_DSC5205

後姿もポロシャツらしくシンプルかつ動きの邪魔にならないように。
袖も短くスポーティと同時に可愛らしさに大きく貢献。

_DSC5206

最後に襟周りどアップ。

タイ襟もしっかり完備で「ポロシャツ風」ではなくしっかりと作りこんでみました。
今回はあえてボタン無しで涼やかに仕上げたのも大きなポイント。

配布予定価格は¥2500- とお手軽。
名古屋アイドールより配布予定ですです。

BarCodeではこれからも「あんなモノ良いな、あったら良いな」を形にしてゆければと思います。


明日への挑戦を続ける男 <しぃ>