こんばんわ こんにちわ Ohaようございます。

今日はTwitter見てみると京都観光を楽しんでおられる方々がいっぱいいらっしゃいますね。
きっと今日、立秋なので京都に納涼なんて素敵ですね。

そんなわけはなく、明日開催のホームタウンドルパ京都12の前日入りのご様子。
そんな中、BarCodeの新アイテムも前日入りしました。(持って行くためのトランクに)
「こんな時間に出来上がるんだから、さぞ楽な新作だろう。」なんてことはありませんよ。
逆に出発前だからこそ、今まで考えていた「失敗するor難しすぎて作れない」モノを挑戦するチャンスなんです。
だって失敗しても、時間的に量産化しない(できない) ので捨て身なアイテム案がテスト品として作られます。

今日はそんな感じで作られた、斬新かつオリジナリティあふれるアイテムですよ。
まずは見てみましょう。

_DSC4447
 
「ニットデザイナーズドレス」 です。

「おぃおぃ夏場にニットかよ。」なんてと思われますが、画像でお伝えできないのが残念ですが、薄いのです。
そして触り心地が特に良い感じ。
そしてよくみると・・・。

_DSC4450
 
タックは二か所ございますが
前身頃に継ぎがありません!
その辺がポイントなんです。
普通ズボンは、人間の厚み・股下・太腿にフィットする方法として真ん中に継ぎを使用するのが、ほぼ常識。
でないと、「股に食い込んでとてもじゃないけど着れない。」
「穿けたのはいいけど座れない&歩けない。」なんてことに・・・。 

そこを裁断の知恵と裁縫技術で常識をぶち壊してやりました。
もちろんちゃんと座れるし曲げてもきっちり追従しますよ。
それ「だけじゃない」のがBarCode 後ろにも工夫があります。

_DSC4452

着せ替えが不便無いように、ファスナーが一本のみ
つまり、BarCode史上もっとも継ぎがなく着せ替え簡単なトップボトム一体型の洋服なのです!
裾と襟は端の処理として無視しますが、実質3ピースで出来上がっています。
「残り20時間の中で精いっぱいの技術で勝負したい。」そんな気持ちが詰まったアイテム。
ヒラヒラ・キラキラしたドレスに飽きた方や、秋にむけてニットお探しの方、面白いモノ好きな方
是非一度ご覧になっていただきたい一品となっております。

配布予定価格は¥3500- 
今回、ホームタウンドルパ京都には5個しか持って行けませんがお許しください。
卓は「083」イベントステージと対面の位置です。
ほかにも、ラフでやんぐなアイテムも持てる分だけ持って行きます。
皆様のお越しを、心よりお待ち申し上げますよ。


昨日まで開催場所すら把握してなかった男 <しぃ>