BarCode

DD・MDDなどのお人形関連手作りのアウトフィット製作・紹介するブログです。お人形に嫌悪感のある方の閲覧は、自己責任でお願いします。 ツイッターなどもやってます。@barcode355 (http://twitter.com/barcode355) (創作造形(C)ボークス造形村)

2019年10月

いんびしぶる

こんばんわこんにちわ。

あっという間に10月も後半
皆様お元気にしていますでしょうか?
元気な方もそうでない方も、

来る明日、2019年10月27日 まんだらけ札幌店特設会場にて開催
夢見る乙女な祈りVol,23にBarCodeはディーラー参加します。

と言いましてもギリギリな告知なんでして来れないよって方はゴメンナサイ
もし札幌に遊びに来る予定の方はラッキーなチャンスなのでよかったら遊びに来て下さいね。

ってなわけで、折角のイベントですから、
いつも通り真面目に楽しく新しいアイテムをご用意しましたよ。

ではではさっそく見ていきましょ
じゃじゃーん


_DSC1494_186A1

「ファスニングチェスターコート」です。
今回はあえてニットをメインにした。柔らかいコートを目指してみました。
長さはDDでちょうど膝下ぐらいでブーツやハイカット系の靴との相性もばっちり。

_DSC1498_188A1

後ろはこんな感じ
と言ってもこの手のコートをゴチャゴチャとした姿にするのもアレなのでシンプルな感じ。
俗にいう「何の変哲もない」ってやつですね。

_DSC1497_187A1

そしてもちろんサイドには便利なポケット付いてます。
しかしなんとも味気がないコートのように感じるかもしれません

勿論それだけのためにわざわざ「新アイテムで~す」(笑)
なんてブログしてたら時間が幾ら有っても足りません。
つまり何かが絶対新しいんです。

それがコチラ

_DSC1499_189A1

内側にニョキっと生えた先端に玉の留め釦と紐
勿論両脇についてまして、
コレを引っ張って、ボタンを後ろにずらすと・・・

_DSC1500_190A1

こんな感じに所謂縮めるって言ったほうが良いのかもしれませんね
するとどうでしょう、外側から見ると…

_DSC1501_191A1

こんな感じ。
後ろが良い具合に縮んでくれます。

_DSC1502_192A1

サイドから見るとこんな感じでウエストに味のあるくびれができて何ともスマートな見た目になります。
今回お写真では控えめに縮めておりますが、結構ちじめることもできます。


_DSC1504_194A1

そんでもって袖にはフラップ付きでほんのり冬服っぽい重厚感をプラス
襟もファーで可愛くしてあります。

配布予定価格は¥6000-
勿論夢見る乙女な祈りVol,23から配布予定です。

実は不器用な男 <しぃ>

山は青く

こんばんわこんにちわ。

続きましては少し?ぶっ飛んだアイテムをご紹介。

と言いますのも、去年の今頃?くらいの

_DSC8173

コチラ覚えていらっしゃる方いらっしゃいますか?
当時総生産数10枚限定で作ったモノなのですが…
何と今回上記アイテムで使用した生地の色違いを入手いたしました。

EFn1xl7VUAAmfAf

それがお写真一番上に乗っているコレなんですが、勿論説明不要なイタリーのええ奴
でございまして、当然色違いという事でまた同じアイテムを色違いで作るってのもいいと思うんです。
だってその方がパターン等がしっかり残っている分楽ですし
何より新しく考えないでいいので時間に余裕ができたりするのですが、

が、

が、

それでは自分自身に納得ができないってのがBarCodeでございまして、
折角なら全てが対(つい)になるような面白いモノをという事で今回
新規で方を起こし何から何まで対照的なアイテムをつくりました。

まずはお写真から~



_DSC1368_164A1

「山紫水明(さんしすいめい)」です。
自然の壮大な美しさを秘めた不可思議なドレス。

あっちが”可愛い”ならこっちは”艶やか”がテーマな細身のマーメイドドレスに仕立ててみました。
前のアイテムを知らない方、読むのが面倒な方に簡単にご説明

先ほども説明があったこちらのメインの花柄生地はイタリア製シルク100%
染の花柄だけでなく地模様でも草花をモチーフにした柄が施された特級品。

_DSC1385_169A1

今回は前回のモノと違い袖も長く、胸元以外は単純に言えば肌の露出面積的には極小であり、
ボリュームも絞りどちらかと言えば体にフィットした形ですが、
その特性を生かし最大限に女性の美を活かせるようになっています。

_DSC1382_168A1

まずは、どう見ても気になっちゃうサイドからのぞくこちらのシースルーは、
今や普通の生地屋では見かけない赤と青の”二色偏光”の変わったモノ。
紫に見えていますが二色がもたらす偏光の魔術。
裾のレースもオーロラ偏光のモノをチョイスして独特な色艶を実現。

_DSC1399_171A1

後ろは折角なんでこんなポーズで。
挑発的なポーズにもしなやかについてくるこの感じが柔らかくやさしい生地の証拠。
勿論それだけを説明するためのお写真じゃないんです。
この角度から見ることによってわかる事それは
実はこの衣装スカートは先ほどご紹介した二色偏光生地”だけ”で既にマーメイド型なんです。
なのでこのバラ柄は正しくは”エプロン”状態の前垂れと後ろ垂れだったりします。
…つまり、サイドのベルト全て外すと・・・
その真実は手にした人のみぞ知る…なんちゃって。


_DSC1408_175A1

サイドのベルトは各自緩めたりきつくしたりできますよ。
立っている時は少しきつめ
座りや大胆なポーズ時は少し緩めにするといい感じですよ。

そしてこれも生産数に限界がありまして、今回も全数10セットの限定生産となります。

配布予定価格は今回も結構頑張りまして、¥12500-
第42回Doll’s Myth.から配布予定です。

日の光の中で山は紫にかすみ、川は澄みきって美しい
 一つ姿にとどまらず色々な表情をのぞかせるその姿はまさに自然そのもの

もの言わぬ自然の愛に泣く男 <しぃ>

広げて

こんばんわこんにちわ。

過ぎ去った嵐は色々な物を呑み込んで気持ちもすっかり落ち込む感じ
このブログをごらんの皆様はご無事だったでしょうか?
一日でも早い復旧を心よりお祈りしております。

ところでそんな暗いニュースが多い中ではありますが、

来る2019年10月20日OMM Cホールにて開催
第42回Doll’s Myth.にBarCodeはディーラー参加します。
ブース番号は「企02」です

そして今回のイベントにも勿論新しいアイテムもご用意しましたよ。
早速ご紹介したいと思います。

まずはお写真から~


_DSC1420_182A1

「サイドウイングレースデニム」です。
お名前の通り羽の様な形に中抜きされたデニムに
「翼」をイメージした白いレースで装飾を施した
今回は黒デニムで長く細めで少しセクシーな変形デニム。

そんでもって…

_DSC1421_183A1

最大の特徴はやっぱこれ!
このレースの透かしですよね。
それだけにとどまらず今回はレースの部分は切り返しを無くし、
単品パーツにすることによって独特な見た目になりました。
レースに合わせて可愛い感じのピンクのステッチで仕上げてみました。

_DSC1423_184A1

後ろ姿はこんな感じ
勿論レースは最後までぐるんと一周しています。

_DSC1426_185A1

ポケットはレースに写らない様に邪魔にならない様に
今回あえてショートパンツなどでよく使う浅めのポケットにしてみました。
おかげで少し太もも周りがすっきりしていたり?
浅いおかげでポケットがひっくり返らなかったりと意外なメリットがあります。

配布予定価格は¥3000-
第42回Doll’s Myth.から配布予定です。

飛べそうな気がした男 <しぃ>

しょーとカット

こんばんわこんにちわ。

もうすぐ夜明け5時過ぎですが皆様はいかがお過ごし?
というよりこの記事を更新直後に見れるアナタはかなりラッキーな早起きさんですきっと。
色々な準備が重なりかなり遅くの更新になりましたが
今回のI・Doll West VOL.29の新アイテムはここまでなのでご安心を。

そんでもって×2最後なんんでふさわしいヤツ用意しました。
とっておきってやつです。
まずはお写真から

_DSC1341_159A1

「BC-1 SB」です。


コレをベースにカスタムした、新定番なフライトジャケットですよ。

_DSC1343_160A1

今回カスタムした部分は、主に袖と身頃。
パッと見分かりづらいかも? ですが上記箇所を中心に他にも小改良しましたよ。

身頃は丈短くしぽポケットのフラップ(蓋)を無くし小さく細くを目指しました。
袖を緩やかに変形させ袖通り良くしつつ細身に見えるよう工夫してみました

_DSC1338_158A1


一応念のため以前の「BC-1」との比較…
向かって
右側が全開の「BC-1」、
左側が今回の新作「BC‐1SB」です。

丈の短さの違いで視覚効果が生まれ脚の長さが違って見えますよね。

右側の「BC-1」も重厚な感じでいいんですが、カジュアルファッションとして使うには、
それに負けない派手なデザインやカラーのモノと組み合わせることになりやや難しい部分もありました。

左の今回の新作「BC-1SB」の方がより細身でスタイリッシュな感じに丈の短さもあって他の着合わせしている部分の見える面積が多い分その難しい部分を緩和し使いやすくなりました。

_DSC1345_161A1

今回のサイドポケットは少しオシャレなタグ風リボンつけてみました。
なお特に意味はなく飾りなんですがうまく活用していただければと思います。

_DSC1347_162A1

後ろ姿はこんな感じ
ハイウエスト系のボトムがはっきり見えるので、
アクセントがベルト位置付近なアイテムでもご覧の様にしっかりアピールできます。

そして気になるお値段ですが、
フラップやその他色々と手間を省略し簡素化した分をそのまま値段に反映しました
配布予定価格は¥7000- 
勿論 I・Doll West VOL.29から配布予定です。
なおこちらの商品も、台風19号の接近に伴いイベントに参加するのが困難な方のために
イベント後にはなりますが最近よくイベントにご一緒している
「えとらんぜ」様の通販ページ(https://etrange.theshop.jp/)にて配布も予定しております。

くれぐれも当日は無理な参加はせず、上記通販などもご活用いただければ幸いです。

なんでも長めにしがちな男 <しぃ>

やわらか

こんばんわこんにちわ。

ブログを書いている最中に娘が「一人で立って歩く」という小さな成長系感動ドラマが繰り広げる中
今回もI・Doll West VOL.29に向けた
続きましてな感じの新しいアイテムをご紹介
今回ははこんなものをご用意しました。

_DSC1316_150A1

「わたモコパーカー」です。
上質なカシミア混のウールのニードルフェルト地という、
少し風変わりな素材を贅沢に使った温かいパーカーを作りました。

_DSC1318_151A1

普通ならコートとかに使われる冬物なコチラの生地を今回はあえて短めの、
しかも被りパーカーという変わった使い方で秋を表現
胸元までのファスナーで可愛らしい感じを演出しつつおへそがチラリ。

_DSC1320_152A1

逆にフードはしっかり大きめでわたモコな感じをイメージ
フワフワしたフードで暖かく過ごせますよ。

_DSC1322_153A1

後ろ姿はこんな感じ
柔らかい素材だからこそしっかりとステッチが目立ち
フワフワした中にもどこかスッキリとした形に仕上がりました。

_DSC1325_155A1

短さをあえて利用してシャツやカットソーやインナーをプラスして色感を加えるのも中々良いですよ。
勿論短いインナーと合わせて刺激的な感じを演出するのもアリですしファスナーを全開にしてオフショルダー風に着るのもアリ?

配布予定価格は¥3000-
I・Doll West VOL.29から配布予定です。
なお、今回は台風19号の接近に伴い、
イベントに参加するのが困難な方のためにイベント後にはなりますが、
最近よくイベントにご一緒している
「えとらんぜ」様の通販ページ(https://etrange.theshop.jp/)にて配布も予定しております。

くれぐれも当日は無理な参加はせず、上記通販などもご活用いただければ幸いです。

フワフワしてそうと最近言われる男 <しぃ>

爆発!

こんばんわこんにちわ。

台風の接近が少し心配な今日この頃皆様備えは大丈夫ですか?
今となっては昔なんですがキャンプとかにはまっていた時にあると便利だったのが
麻紐とプルタブ式の缶の食べ物でした。
麻紐は簡単なモノを結んだり、点火に使ったり。
缶の食べ物は保存面はもちろんの事、
お皿やコップや鍋に化けてくれる万能な器として重宝しますよ
いざってときに便利なアイテムでもしもに備えることも大切ですよね。

そんな嵐な中ですが、
来る2019年10月12日(土) インテックス大阪にて開催
I・Doll West VOL.29にBarCodeはディーラー参加します。
ブース番号は「H30-32」です。

今回もえとらんぜ様と共にのんびり頑張りたいと思います。

ってなわけでどんなことがあるかわかりませんが、用意は万全新しいアイテムを製作しました。
まずはお写真から~

_DSC1306_143A1

「Bon(ボン)・カスタムデニム」です。
シンプルで秋らしい赤いステッチの七分デニムです。
ハイウエストでキレイな曲線美を表現するために太ももにかけてやや細身にし、
裾にかけて少し広がったデザイン。
ブーツカットやサルエルほど大袈裟じゃないけど少し変型した感じの優しいスタイルです。

_DSC1308_144A1

今回はそんなスタイルにファスナーを採用
こうすることで前面をよりスッキリとした形にできました。

_DSC1310_145A1


裾はステッチの色に合わせた赤色のボタンで可愛く留めてみました。
スリットとして機能はしませんが、足元に彩をプラス。

_DSC1312_147A1


後ろ姿はこんな感じ

_DSC1313_148A1

やっぱり最大の特徴で名前の由来になったこちらの編み上げ。
リボン→ ribbon → rib bonでカスタムしたデニムだから、Bonカスタムだったりします。

通常ならドール服では片ハトメや三角なレースで再現するこの編み上げ。
アクセントとしてはこれ以上なく再現度が高くいいモノではありますが、
片ハトメだと裏に金属バリが出てケガをしたり、
三角レースだと糸という都合上しっかり編み上げれなかった今までの編み上げを、
今回は新たに紐を縫い付け強度持たせ、更に危険を減らした「ちゃんと使える編み上げ」
を目指して作ってみました。

強く引っ張れる証拠としてこんな感じに

_DSC1314_149A1

ヒップを突き出すようなポーズでも体に沿ったシルエット感を実現。
しっかりしてる分、安心して色々なことに挑戦する人を応援できればなぁと思っています。
飽きてきたらリボンを別の紐等に変えてアレンジするのも楽しいですよ。

配布予定価格は¥3500-
I・Doll West VOL.29から配布予定です。
なお、今回は台風19号の接近に伴い、
イベントに参加するのが困難な方のためにイベント後にはなりますが、
最近よくイベントにご一緒している
「えとらんぜ」様の通販ページ(https://etrange.theshop.jp/)にて配布も予定しております。

くれぐれも当日は無理な参加はせず、上記通販などもご活用いただければ幸いです。
心配する男 <しぃ>
ギャラリー
  • かるふゆ
  • かるふゆ
  • かるふゆ
  • かるふゆ
  • かるふゆ
  • 1100000011011110
  • 1100000011011110
  • 1100000011011110
  • 1100000011011110
QRコード
QRコード
記事検索
ランキング
ランキング2
読者登録
LINE読者登録QRコード