BarCode

DD・MDDなどのお人形関連手作りのアウトフィット製作・紹介するブログです。お人形に嫌悪感のある方の閲覧は、自己責任でお願いします。 ツイッターなどもやってます。@barcode355 (http://twitter.com/barcode355) (創作造形(C)ボークス造形村)

2016年09月

ちょっと急ぎ

こんばんわこんにちわ。
流石に今日は更新無いと思っていた方、予想外な更新しちゃいました。
こんなタイミングで新アイテムを作るのは流石に不可能に近いのですが、作っちゃいました新しいの。
早速ご紹介しますね。

_DSC5583

「ダブルウエストスキニーデニム」ですよ~。
定番アイテムを欲張りに合体!
スキニー初の紺色単色デニムでしかもストレッチするのがウレシイ!
変更点としてはダブルウエストそれぞれにベルト通しを付ける事で思った以上に個性的。
ステッチは紫で遠目に見てもわかる存在感。
ありそうで無かったのスキマを埋めるそんなアイテムとなっております。

_DSC5585

バックスタイルも申し分なく。
スタイリッシュな腰回りと細く長い足元が、今まで以上にすっきりとした印象を与えてくれます。

配布予定価格は¥2800- 
2016年10月2日(日) Fukuoka I・Doll VOL.7より配布予定です。

最後まで油断は大敵! 秋だって油断してるとすぐに過ぎていっちゃうかも?

たまに予想外な男 <しぃ>

楽しむため

こんばんわこんにちわ。

そしてやってまいりましたよ連続更新第三弾!!
目にやさしくなくてスミマセン・・・。
休み休みでお気軽に読んでいただいて構いませんので目を労りながら読み進めて頂いて大丈夫ですよ。
書いている私自身目がしょぼしょぼしているくらいなので。
第三弾ということでお察しのいい方ならお気づきだとは思いますが、
イベントに向けてのアイテム紹介といたしましては後半戦でございます。
少し前にもチラッと言ったのですが、2人でアイテムを製作する都合
どう頑張っても一週間で作れる限界値が決まっています。
ですがこれからも「面白い・便利・お手頃」をメインテーマに頑張っていきたいですね。
これからもどうぞ宜しくお願い致しますね。

それはさておき新アイテムのご紹介に移ります。
お写真と共にご説明します。

_DSC5580

「レイヤードパーカー」です。
前回のイベントで配布いたしましたパーカーも数えるほどだったので、
秋に向けて違うアプローチのアイテム作ってみました。
コチラもユニセックスアイテムとしてご使用いただけるようにベーシックなカラーリング。

「スポーツの秋」をテーマにレイヤード服をスポーティに仕上げてみました。
袖や身頃に重ねがあるのですが軽く、動きやすく冬も見据えて重ね着出来るようにシルエットを細めにしました。
極端にスポーツ寄りにしていないのでキュートなアイテムとあわせても使いやすく、
アクセントとして使っていただいてもいいですね。

_DSC5581

フードはこんな感じで真ん中にラインが入ってさり気無いスポーツ感をアピール。
横幅を少し増やしボリュームのあるヘアスタイルでも被りやすくなっていますよ。
軽めのパーカーをお探しの方にもご満足いただけるアイテムとなっていますよ。

配布予定価格は¥2500-
2016年10月2日(日) Fukuoka I・Doll VOL.7より配布予定です。

涼しい季節のアクティブな相棒、
キミとならなんだってできる気がする。
そんな秋。

かくいう私は文科系の男 <しぃ>

増えたんです

こんばんわこんにちわ。

続けざま更新の第二弾になりますよ。
準備しながらなのですが何だかお空の雲行きが超アヤシイですね・・・。
雨に降られたってめげませんよ、少しブルーには成りますが・・。
お伝えするのがいつも遅くなってしまって申し訳ないのですが、
2016年10月2日()Fukuoka I・Doll VOL.7は卓番「E23,24」となっております。
予報では雨らしいのですが、お出かけいただければ幸いです。
ご挨拶はこの辺に新アイテムをご紹介。
今回も皆様のとっておきになればいいなと思い作ってみました。 まずはお写真から。

_DSC5567

「コンビネーションハーフパンツ」です。
ニット系とクラッシュデニムを組み合わせた便利なハーフパンツ。
クラッシュデニムでは初となるパンツを前回イベントで好評だった「テクニカルトーンデニム」を更に改造し、
普段使いをより快適なものにしてみました。
ハーフパンツですが厚めで重厚感のある仕上がりになっています。
単体でもカッコイイですが、カラータイツなどでオリジナリティを出すのもいいかもしれません。
勿論デニムを使用しているため洗い済み。 当然ながらご家庭でも洗えるタフな仕様で、汚れても安心。

_DSC5568

バックスタイルでも存在感しっかり。
ポケット周りはいつもの使いやすさをそのまま絶妙なニットとの切り返しがカッコイイんです。
立ってるままだとニットの良さが伝わらないので・・・

_DSC5572

座ってみました。
適度な密着感とツッパリ感の無さがうかがえると思います。
こうやって座ったポーズでのお写真が余裕の証。
気軽に使えるデニムとして色々な場面でご活用いただければと思います。

さらにさらに!
ビックニュースですよ。

何と!

_DSC5576

今回から登場DDS男の子にも対応するべく少しパターンの改良が加わったのもアピールポイントだったり。
勿論既存の女の子サイズでも着用可能なので、利便性の向上といった感じでしょうか。
男のこの特徴である腰回りのストレート感にもマッチしているとともにずれ落ちないので、
大ぶりな動きのあるポーズもガンガン楽しんでください。

配布予定価格は¥2800-
2016年10月2日(日) Fukuoka I・Doll VOL.7より配布予定です。

日々進化するファッションにこれからも便利な驚きを追求してゆきたい。

便利を追求するアナログ男 <しぃ>

後だしジャンケンは突然に

こんばんわこんにちわ。
だいたい二週間の沈黙。
おおよそ活動していない風なブログに見える今日この頃。
近頃流行りの放置系? 
いえいえ、そんな事ありませんよ。

今回は時間との戦いの末あえて定番の「ギリギリ戦法」をとっただけ
つまり・・・ いつものようにやってまいりましたよ。
土壇場新アイテム紹介!!
話せば長くなるので省略いたしまして、イベント前の待機中に確認がてら読めればと思い書いています。
というわけで、今回は色々と更新が多忙となってしまいますがお付き合いいただければと思っております。

まずは軽めなアイテムをご紹介。

_DSC5562

「レースサンドカットソー」です。
レディースの代名詞とも言えるレースを、透け感のある胸元と袖に使った秋に使えるアイテム。
本来なら襟をつけるのがメジャーですが、折角のレースの縁を活かしたくて考案致しました。
襟が無いので身頃を挟むように配置するのでこんなお名前だったり。
モスグリーンの胸元とは対照的に薄グレーのジャージ生地が程よい感じの上品さに貢献。
肌を見せている面積からは想像しにくいですが、意外と暖かかったりします。

_DSC5564

サンドというからには裏もこんな感じ。
前後がわからなくなるかと思い少し工夫で前身頃の裾がほんの少し長くして、
高低差で前後の区別して頂けるようにしています。
前後ろに迷ったら「肩の縫い目をもって裾が長い方が前」と覚えて頂けると便利ですよ。

配布予定価格は¥2000-
2016年10月2日(日) Fukuoka I・Doll VOL.7より配布予定です。

胸元はレースで華やかに
準備はチキンレースでドタバタに

そんな慌てん坊な男 <しぃ>

全力勝負のニューフェース

こんばんわこんにちわ。

今日が連日イベントに向けての準備の日としては最終日ですね。
ウチでは初日が名古屋ということもあって近所なので、ギリギリまで新しいモノを作っていたいですね。
言ってる間にハロウィンやクリスマスもやってきますし、
色々作りたいアイテムもありますので楽しみながらお時間許す限りガンバリマス。

それはさておき今回そんなギリギリにご紹介するアイテムも力の限りを尽くしたものとなっております。

_DSC5540

「バイオレットマジカルレディードレスセット」です。
BarCodeのイメージカラーを前面に押し出した初のドレスセットになります。
カジュアル系がほとんどのウチとしてはかなり変化球となります。
布もカジュアルに不向きでなおかつ裁縫の難しい玉虫生地を大胆に使い、
レースも贅沢な使いで異彩を放つ一品。

でもね・・・ 上下のセットだけとか思っちゃった人も多いはず。

魔法は簡単には終わら無いんです!

_DSC5542

何とオーバースカート式で取り外して写真のように短めのパーティードレスにもなります。
生地がかなりの光沢なのでこのスタイルでも目立つこと間違いなし。

_DSC5543

勿論ボレロだって外せば、軽快な感じになります。
付属意外にお手持ちのボレロ等とあわせてもおしゃれですよ。
逆にボレロだけ使うのも勿論アリです。

_DSC5546

バックスタイルはBarCodeの定番ファスナー+ゴム仕様で面倒なお着換えはありません。
元々ボリュームもあるのでパニエが無くてもお写真のような仕上がりに。

_DSC5552

セット内容はこんな感じで、 ワンピースドレス・オーバースカート・ボレロの3点セット。
今回はサイズをDDS・DDのM胸以上~DDdy対応と全対応とはいかなかったのですが、
サイズを絞った分一段と美しさを追求しています。
今回は量産が難しいため限定4着のみとさせていただきます。

配布予定価格は¥20,000- とお高めですがご満足いただけること間違いなしです。

・・・と紹介を終わらせるところでした。 あぶない危ない。

今回のアイテムを今度のNagoya I・Doll VOL.22ドールショウ47秋 池袋にご購入いただいた方に、
もれなくおまけつけちゃいます!!

_DSC5561

こんな感じの貴婦人な帽子もおまけでお付けいたします!!
防止は裏にパッチンするタイプのピンが付いていますので、斜めにかぶってもずれない安心設計。


つまり・・・ 4点セットで配布価格そのままに ¥20,000- 
Nagoya I・Doll VOL.22配布予定です。
限定の数のあるアイテムですので品切れの際はご容赦願います。


いつだってジェントルマンでありたい男 <しぃ>

予防できること

こんばんわこんにちわ。

毎日の最低気温もそろそろ下がってきた感じ?
夜間は大分と過ごしやすくなってきたばかりか、
少し風が冷たくなってきた気がして秋めいているのを肌で感じるこの頃。
日中は残念ながらもう少し夏模様みたいですね。

この時期の寒暖の変化で体調を崩しやすくなるので注意です!
今日はそんなややこしめの気温変化にやさしく対応していけるようなアイテムのご紹介。
サクサクと見ていきましょうね。

_DSC5513

「トランペットショートボレロ」ですよ。
夏物のオフショルダーや半袖のアイテムを上手に着まわしたい時に便利なアイテム。
今回はあずき色とベリーピンクをご用意いたしました。
ほぼ袖だけといってもいい潔さで下に着ているお洋服の邪魔をしないのが魅力。
少し光沢感のある薄めのジャージ生地で利便性とお手軽感で、
ついつい使っちゃうアイテムに仕立てました。

_DSC5514

袖はこのようにかなり下に広がったトランペットのベルの部分をイメージ。
重ねが前提のアイテムなのでやや襟ぐり広めで通しやすくしました。

_DSC5515

後ろは肩甲骨程の丈の長さでウエストの細いインナーの良さをそのままに、肩はしっかり暖かく。
シャツやオフショルダー系だけに留まらずサマーワンピースやキャミソール等の上から重ねるだけで、
秋物に変身できますよ。

配布予定価格は¥1500-
Nagoya I・Doll VOL.22より配布予定です。

そろそろ焼き芋が恋しい男 <しぃ>

王様

こんばんわこんにちわ。

そーいえば、参加するイベントの卓番をお知らせするのをすっかり忘れていました。
毎度ながらスミマセン。

今度のNagoya I・Doll VOL.22は卓番「G11,12」更に、
翌日のドールショウ47秋 池袋 「H-31.32」と、
連休中の各イベント参加させていただいています。

告知はこの辺にしまして、本題に。

実は今年の秋のBarCodeいつもと少し様子が違います。
相変わらず新しいアイテムは多めなのですが・・・。

無いんです…。 アレが…

毎年この季節になると必ず1種類はご紹介するアイテム。
毎回このジャンルのアイテムは愛用していただいている方も多く、種類も多岐に及んでいます。

今回はそんなど定番系の新しいアイテムをご紹介。

_DSC5530

「オープンショルダーパーカー」です。
お待たせしました、ほぼ説明不要なギミック洋服の王道に新たな種類が加わりました。
お馴染みのオープンファスナーと実用的なポケット搭載。
さらに今回は切り返し部を大胆にドット柄パワーネットを使い透け感をプラス。
それだけにとどまらず切り返しを利用してショルダー部分をオープンに。

_DSC5532

さり気無く襟部分も大き目にカットし、大き目フードで被りやすくしてみました。
お写真はショート髪ですが、ロングやパーマ系の髪型でもすっぽりかぶれるのがうれしいところ。
ポケットもパワーネットなので物を無くしやすい方でも一目で中身がわかるので安心(?)

大きなフードはもう一つ役目がありまして、

_DSC5534

肩に掛けるとちょっとした肩の防寒も出来ます。
機能美に拘れるのは、パーカーの良いところですよね。

_DSC5533

バックスタイルは大きなフードが目立つのは勿論、
袖も独特の存在感がある下に大きく膨れたビショップスリーブ。
緩めの袖絞りでほんのり萌え袖狙ってみました。
後ろの裾はボトムと合わせやすいように短く。
パンツなどの後ろポケットの良さを活かせるアイテムとなってます。

配布予定価格は¥2500-
Nagoya I・Doll VOL.22より配布予定です。

オシャレは次のステージへ。
機能性は時を超えて進化してゆく。

<追記>
企業努力的なもので別カラーも作ってみました。

_DSC5560

メインの仕様はそのままに
ワインレッドと透けないタイプのグレーでちょっぴりポップな物にしてみました。
二色あるとコーデネートの幅も広がるかも??


そして男は物忘れに悩む <しぃ>

秋襲来

こんばんわこんにちわ。
まだまだ週末まで時間はたっぷり。
勿論まだまだあります新アイテム今日もその魅力できる限りお伝え出来ればと思っています。
今回ご紹介するのはBarCode通の方々なら見たことある(?)布を別のアプローチで利用。

_DSC5524

「キャッスルスカート」です。
名前から漂う存在感。
理由はその見た目で、黒いプリーツが瓦屋根に、赤い部分がお城の壁に見立てて命名いたしました。

ちょっと前に使ったプリーツ布と以前からちょくちょくと使っていた赤い着物布を、
キュートなスカートに仕上げてみました。
視覚的インパクトを与えるのは勿論の事ミニスカートとしても柔らかで使いやすい一品。
ギミック等無い分ごまかしのないしっかりとした仕上がり。

_DSC5527

バックスタイルもいつものお仕事をしっかりと。
後ろファスナー開きでカンタンお着換え。
キュート系だけでなく色々な装いに合わせやすく、ボトム周りをしっかりとアピールできるのは何とも魅力。
カットソーは勿論シャツと合わせたり、冬場コートやジャンパー等からちらりと見える赤の存在感は、
一度見た者の心をしっかりとつかんで離さない。
まさにお城の名を冠したスカートとしてこの秋大活躍間違いなしです。

配布予定価格は¥2500-
Nagoya I・Doll VOL.22より配布予定です。

ものすごく早く過ぎ去ってしまう秋にしっかり残る印象をアナタにも。

実は印象の薄い男 <しぃ>

2つで解決

こんばんわこんにちわ。
深夜遅くなってまいり元気になりつつあるしぃが、
「どこかの誰かが見ているはず」と思いながら今日も新しいアイテムのご紹介。
いつも微妙な時間の更新なので少し不安があったりはしますよ?

今日はそんな気持ちをブッ飛ばす気でがんばっていきます!

何せ今回は・・・

トクベツなのですから。
何が特別かはお写真見ながら。

_DSC5500

新シリーズ「テクニカルトーンデニム」を追加致しました。
今回は左から順に、
「テクニカルトーンカスタム」と「テクニカルトーンスキニーデニム」です。
どちらも股下から脚の中心部を二分するカラーが特徴的。
このように色分けすることで脚線をキレイに見せるだけでなく、
曲げ伸ばしの際も膝周りにシワの少ない外側フトモモ周りを演出できたりします。

ややこしいそれぞれの特徴似ついて順にみていきましょう。

_DSC5504

まずは「テクニカルトーンカスタムデニム」から。
外側膝から裾までのギャザーがなんとも独自的な感じ。
スキニーとは違いストレート系がベースで、太ももやお尻周りにはジーパンらしいゆとりある履き心地。
膝のギャザーもゴムによる収縮を利用し、膝の曲げ伸ばしも見た目から想像できないなめらかさ。

_DSC5505

バックスタイルは個性を出すために右のみにバックポケットを付けてみました。
後ろがアシンメトリーなデニムはBarCodeでは珍しいかも?
秋らしい八分の長さなのでブーツなどとあわせてもいい感じです。

_DSC5506

続いてはこっち「テクニカルトーンスキニーデニム」ですよ。
スキニーデニムとしては第4作目にあたる今回も変形物。
この手を作る際どうしてもネックなのが「穿きやすさ」と「タイト感」のせめぎ合いです。
今回は2つのデニムでその両方を欲張りに追及してみました。
それでいてマルチなサイズにも対応。

_DSC5507

バックスタイルでもわかる適度なタイト感です。
勿論膝の曲げ伸ばしにもちゃんと効果を発揮し柔らかく曲げることができます。
パターンにも小さな改良を加えよりナチュラルに足回りを演出。

配布予定価格はどちらも¥2500-
Nagoya I・Doll VOL.22より配布予定ですよ。

「トップスは決まったけど合わせるボトムにお悩み」の方
この2つも候補に入れてみてはいかがですか?


本番に弱い男 <しぃ>

BarCode秋の夜の部

こんばんわこんにちわ。

さっきも更新したばかりですが、もう一つこのタイミングでさらに乗っけていくのもまたBarCodeらしいかも?
「それぞれのアイテムの良さを分かりやすく・面白くご紹介したい。」そんな思いを、
突っ走らせ続けているだけだったり…。
夏休みのままのテンションで元気なだけだったり…。

そういえば紹介前にどうでもいいお話ですが、
実はほとんどの記事で適応サイズ表記が無かったりする記事が多いのに気付いた方、
いらっしゃると思います。


はちゃんと表記しているんです・・・ さり気無く・・・。

記事の最後のタグのところにご注目すると…  ね、さり気無いでしょ?

・・・とはいうものの実は殆ど(60㎝級や40㎝級で別れてはいるものの)スケール感が同じであれば、
フリーサイズにしているため私自身は上手く活用できてないのですが、
もしかしたら今後サイズを細かく指定することがあれば活用していきます。(多分)
よろしければブログ内の検索等にご活用いただければ幸いです。
そして今の今までご案内できず大変申し訳ございませんでした。

そんなことはさておき新アイテムですよ 新・ア・イ・テ・ム!
今回ご紹介するアイテムはオトナ系のアイテム。
秋になるとどうも身体が勝手に作りたくなってしまうそんな超身勝手なアイテムです。

_DSC5492

「レースオフショルダーカットソー」
さっきもカットソーなので、ダブった感じはしますがそんなのは気にしない!
ど定番の形のカットソーの上部をレースで仕上げたレディーの為のカットソー。
そのままお肌を見せるよりも上品かつセクシーな品格を実現。
下部も薄手ですが透けにくいパワーネットを使いニットのカットソーとは差別化もしています。
上部レース地はお写真にある選べる2タイプでどちらも魅力的。

_DSC5494

バックスタイルもレースをしっかり使い、前身頃のイメージを崩さす仕上げてみました。
それでいて開き過ぎていないので、嫌みのない感じとなっております。

_DSC5498

おまけでフロントのドアップ。
襟ぐりも妥協無くレースを丁寧に端処理してあるので、独特な風合いに。
谷間がほんの少し見える切り返しとセットでセクシーさを演出。

配布予定価格は¥2500-
Nagoya I・Doll VOL.22より配布予定となっております。

夏にはない透け感のセクシーさであの娘より差をつけよう。


この秋も男の暴走はとどまることを知らない <しぃ>
ギャラリー
  • 不足を解消
  • 不足を解消
  • 不足を解消
  • 南の方から
  • 南の方から
  • あらま、見つけちゃった?
  • あらま、見つけちゃった?
  • あらま、見つけちゃった?
  • 最後の攻め?
QRコード
QRコード
ランキング