BarCode

DD・MDDなどのお人形関連手作りのアウトフィット製作・紹介するブログです。お人形に嫌悪感のある方の閲覧は、自己責任でお願いします。 ツイッターなどもやってます。@barcode355 (http://twitter.com/barcode355) (創作造形(C)ボークス造形村)

マリア・テレジア

こんばんわこんにちわ。


明日はお休みで夜更かしなアナタも、
お仕事を頑張ってるあなたも、
皆様、夜遅くまでお疲れ様です。

BarCodeはもう少しお仕事な今日。
さすがにこの時間まで何か作業していると疲れが蓄積した来た感じがします。
こんな時欲しいモノと言えばやはり「甘いモノ」ですよね。

私もそろそろオトナ、学習しましたよ。
ちゃんと用意してあるんですよ「甘いモノ」。

折角なんで皆様にもお披露目~

どどど~ん


_DSC7670

「ブルーキュラソーワンピース」です。
柑橘系のフレッシュな香りが特徴の青いリキュールの様な甘いワンピース。
青をベースにリボンにボタンをこれでもかと青ずくし。
更にレースやパワーネットでデコレーションしパフェの様な盛り×2な甘さ成分で仕上げた一品。
メインの生地は綿を使っているので扱いやすくこう見えて…洗えるのもウリです。

_DSC7675

バックスタイルはこんな感じ。
後ろだって甘さ成分はそのままに、
便利な後ろファスナーで甘い夢から覚めさせません。(嘘)

_DSC7676

そして今回の特徴はトップ部のブラウス。
残念ながらフロントオープンはできませんが、
リボンと調和の取れたボタンが女子力120%をお約束。
細部まで甘いワンピース皆様もおひとついかが?

配布予定価格は¥5000-
Nagoya I・Doll VOL.26から配布予定です。

疲れが取れない男 <しぃ>

シークレット×2

こんばんわこんにちわ。

わりと長い間お待たせしました。
夕方に引き続きおニューなアイテムを引き続きご紹介していきたく思います。

今回はあえて自分にケンカを売るような不思議なアイテムを一つご紹介。
まずはお写真をどーぞ

シュパパっと

_DSC7666

「ポーカーフェイスワンピ」です。

最近少し流行りも変わり大人びたスタイルに再びブームの予感?ということで、
少しオトナな感じのワンピースを作ってみました。
しかしなんの制限もないのは作る側として面白くなかったので、
今回あえて自分に課した条件は、_DSC7623
コレに使用した生地のみで作る」です。

まだ在庫があるアイテムを選んだのには理由があります。
材質は同じでも形や使い方でどれだけのものができるのか?
という純粋な製作中の疑問に素直に向き合ってみたかったからです。

なので全く同じ素材のグレーのニットを使いシンプルで、
何処か大人の余裕がうかがえる形にしてみました。


_DSC7667

バックスタイルはこんな感じ。
便利な後ろファスナーなのは勿論着易さを重視した襟作りで扱いやすさもトップレベル。

そしてこのアイテムの最大の肝と言えるべくはやはり…

_DSC7669

この型のレース部分。
涙型を意識したくり抜きにパーカーでも使っていたレースを配置。

パーカーより透ける部分としては少ないのですが、
服のシルエットが想像を掻き立て窓から望むであろう光景を思い浮かべることができます。

配布予定価格は¥3000-
Nagoya I・Doll VOL.26から配布予定です。

シークレットな部分が多いほど人は魅力的に見える

冬場はトップ(頭)シークレットに過ごす男 <しぃ>

平穏

こんばんわこんにちわ。

3週連続したイベントも終わった後、
休む間もなく台風やらなんやらでドッタバッタな日々を過ごしていました。
北海道では大きな地震もあり日本全国それぞれに大変な事ばかりだと思いますが、
皆様御無事でしょうか?

BarCodeは何とか無事でございますのでご安心を。

しかし何があろうとも月日は流れるものでして、
来る2018年9月16日吹上ホール 第1・2ファッション展示場にて開催
【Nagoya I・Doll VOL.26】にBarCodeはディーラー参加します。
ブース番号は「G11,12」です

暗い事ばかりで、気が滅入る昨今ですが、
明るい気持ちで秋を迎えれるように頑張ってまいります。
どうか皆様に明るい平穏が訪れますように。

というわけで今回は明るくなれるような新作を、
いつもより張り切って作って参りましたのでご紹介。

まずはお馴染みお写真から

でぇ~ん!!

_DSC7655

「リストレイントパンツ」です。

「拘束する」を意味するこのパンツ。
生地は綿地をメインに等間隔に空いた穴が何だか縛られているかの様な姿に。
色も黒ということで締まりのある細身効果を狙ってありますが、
スタイル的にはスリムストレートで意外な穿きやすさ。

_DSC7657

バックスタイルはこんな感じ。
今回はあえて複雑化や綿地ならでわのツッパリを無くすべく後ろポケットはありません。
その分縦に走るステッチが一段と脚線美を演出。

そんでもって最大の特徴は…

_DSC7656

横からの図。
一つ×2てリボン風に摘まんでありまして、まるで「リボンを穿く様な」そんなパンツ。
留めはサテン地で滑らかさと、質感の違いで満足度の高い一品。
名前は禍々しい感じですが合わせる上によっては可愛くも恰好良くもなる万能なアイテムですよ。

配布予定価格は¥3500-
Nagoya I・Doll VOL.26から配布予定です。

常識に縛られずワタシらしく

拘束時間は∞。終わりなき雑務に追われる男 <しぃ>

アレ×2模様のアメアラレ

こんばんわこんにちわ。

イベントが続くと色々と思うことがありまして。
家に帰らない日が多くなり食べ物の賞味期限が…とか。
移動中や製作などで外部からの情報が少なく、
浦島太郎的な感じで時事ネタについていけなかったりとか。

しかしそんな中、遅なリましてスミマセンです。
色々作ってまして遅れちゃいましたがついに完成しましたよアレ。

アレですよアレ。

何が?と思われる方もそうでない方も。

気になると思いますので先ずはお写真を

どばばば~ん!!

_DSC7627

「BC特攻セット」です。

ツッパリ達の憧れであり、プライドそのものと言っても過言ではないアイテム。
彼らのハレの日に着用したり、チームの制服としての需要があったりします。
今回は白の皺になりにくい生地を使用してパキッとした見た目に重きを置いて作り、
左襟には菊紋の刺繍をあしらい本格的に。
できる限りそのままの形をミニチュア化できるよう工夫しました。

_DSC7629

というわけで、バックスタイルはこんなんっす!
今回は本物に倣い文字系の刺繍を当てました。
一文字×2が大きいのでその迫力足るのも見事。
文字は「喧嘩上等」のほかに「夜露〇苦」や「全国制覇」等をラインナップ。

_DSC7628

そしてそして、上着の前を開くとこんな感じ。
中に着ているのはサラシ風チューブトップ。

本物のサラシを巻く方が勿論カッコいいのですが、
正直面倒だし、お着換えも大変になりがち…。
というわけでオマケでありますがサッと着れるチューブトップにしました。
チューブトップの推奨はDDM胸~DDdy であくまでオマケ。

_DSC7630

ついでに横から。
腰までしっかり伸びたスリットによって動きやすさも折り紙付き。
ポケットに手を突っ込むという当たり前ができなきゃダサいよね?

_DSC7631

そんでもって上着を脱いでいただいて…
ボトムに穿いたボンタンもしっかりと。
タックはツータックにして腰回りは細く
下の絞りはできうる限りの細さで綺麗な膨らみにこだわりました。
本来は広い裾を巻き上げて絞るのが本格派ですが、やっぱり面倒なのでその辺も簡略化。
ブーツ等に裾を仕舞って入れておくとそれっぽく見えますよ。

_DSC7632

上着無しの後ろはこんな感じ。
今回は後ろポケットをあえて無くし座りやすく。
その代わりベルト通しを太めに。

そして今回のアイテムも、スカジャンと同じく刺繍やボタン等カスタムできます。
お気軽にご相談ください。

配布予定価格は¥9500- (既製品版の標準として)
Sendai I・Doll VOL.8から配布予定です。

実社会において中々着る機会はないですが、これなら楽しめる?

団体行動でよくはぐれる男 <しぃ>

見ざる 言わざる 着飾る

こんばんわこんにちわ。

暑い×2と言いますが、平成最後の夏休みももう終わり?
地元では半ドンで帰ってくる学生をチラホラ見かけ夏の終わりを感じています。

ということは、
必然的に秋に突入したわけでして、BarCodeもしっかりと秋物を作っていきたいところ…
って言っても暑いわけなので、少しズルい秋物を作ってみました。

要するに秋の準備号みたいな、
残暑でも涼しくなってきても使えるアイテムを作りましたのでご紹介。

まずはお写真を

ばばば~ん

_DSC7614

「シャツワンピ」です。
遡る事2年何となく思い付きで生まれた改造品を流行りに合わせてワンピにしてみました。
前の物は普通のシャツをベースにしてありますが、
今回のコチラのアイテムは新規パターンで作り発想だけ似た感じの別物。

素材も現代に合わせるべくややストレッチの効くシャツ地を採用。
袖は暑い日でも鬱陶しくなく肌寒い日でもうれしい7分袖。
カフスはちゃんとしたシャツクオリティ。

_DSC7615

バックスタイルはこんな感じ
ヨークや切り替えはシャツをそのまま継承し体に沿う着心地の良いようにしました。
ただシャツを伸ばしただけでなく、ワンピースとしての可愛らしさなんかも追求してます。

_DSC7616

勿論今回の目玉と言ってもいいリボンは飾りじゃないですよ。
今回お写真では前の方で結びましたが、結び方や結ぶ場所(前or後ろ)はお好みで

_DSC7617

試しに後ろで結んでみました。
スッキリと並ぶボタンが上品なかんじ?
他にも簡単なリングや髪留めなんかを利用して色々と遊ぶのもいいですね。

配布予定価格は¥4000-
Sendai I・Doll VOL.8から配布予定です。

飾り一つで可愛くも綺麗にもなる 誰かのためじゃなく自分のために

リボン結びが下手な男 <しぃ>
ギャラリー
  • 冬に咲く
  • 冬に咲く
  • 冬に咲く
  • 冬に咲く
  • 冬に咲く
  • 冬に咲く
  • 冬に咲く
  • 冬に咲く
  • 来たぜ幸せ
QRコード
QRコード
記事検索
ランキング
ランキング2
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード