BarCode

DD・MDDなどのお人形関連手作りのアウトフィット製作・紹介するブログです。お人形に嫌悪感のある方の閲覧は、自己責任でお願いします。 ツイッターなどもやってます。@barcode355 (http://twitter.com/barcode355) (創作造形(C)ボークス造形村)

ここにあった

こんばんわこんにちわ。

というわけでご用意しちゃいました。
まずはお写真から見ていきましょうね。

べべべべん!

_DSC7901

「スカート」です。
チェックの生地にピンクベージュが秋らしい弱変形スカート。
前が2cm程短くなっておりヒップで持ち上がる後ろと合う絶妙な丈感。
シンプルなのに目立つ大きなリボンでありながら、
色が大人しいためどんなシーンにも合わせやすいですね。

_DSC7902

バックスタイルはこんな感じ。
今回は長さにも余裕がありますし、
生地も秋冬用の厚手のモノなので、
シルエットに影響が少ないためセンターファスナーを採用しました。

_DSC7903

コレだけ寄って撮ってもハッキリとしたリボンのおかげてしっかり目立つスカートです。
ニュートラルなスタイルなのにどこかかわいらしい。

配布予定価格は¥3000-
Fukuoka I・Doll VOL.9から配布予定です。

「こういうの探してたんだよね」は無くなる前にお早めに。

旬を大事にしたい男 <しぃ>

照らすは夜の

こんばんわこんにちわ。

出発までもう少し時間がありますので、用意しつつブログ(;'∀')φカキカキ。
そういえば、前回のイベントアイドールwest前に急遽ご紹介したアレ

Twitter無い人向けにこんなドレス ↓↓
_DSC7868

正式版出来上がったのでご紹介しようと思います。
会場では色々と秘密をお教えしたのですが、さらに改良しより面白くなりましたよ。

まずはお写真から~

ドッカーン


_DSC7878

「月光」です。
月のように白く滑らかな色と透き通るような輪郭が何とも愛おしい一品。
サテンとオーガンジーの絶妙なハーモニーに中に込められたピンクのレースが、
月明かりに照らされた素肌の様に淡く切ない。

と性に合わない言い回しはここまでにしまして、

_DSC7889

全体像はこんな感じ。
今まで作って来たドレス系のアイテムをところどころベースにしつつ、
独特なシルエットのウェディング系ドレスに仕上げてみたアイテム。
サテンも「ただ白だから」と考えず、
質感の違いや特性の違いを生かした2種類のサテンを大胆に使いました。
スカート部分はオーガンジーの透け感が美しいバルーン型。
中にピンクのレースが覗きなんとも幻想的。

_DSC7890

後ろはこんな感じ。
チョットだけベールを外したお姿になってもらいまして
後ろはお着換えに便利なファスナーには相変わらず拘ります。
それでいてサイズや布の余りを気にしなくてもいいように、
コルセット部の一部にゴムを採用しシルエットを崩しません。

_DSC7891

オマケにお付けするヘッドドレスは、
偏光チュールやオーガンジーでシンプルかつ豪華に見えるそんなアイテムに。

_DSC7892

トップにはウエストのリ番と同色のリボンのバラをさり気なく。

ってなわけで、配布予定価かk… のその前に。









正直な話。
BarCodeがコレだけのためにわざわざブログ書き起こすほどの、
ドレスとは思えませんよね?

ドレスっていうのはいつの時代であっても”特別”な存在であってほしいモノ。

実生活には溶け込めないし、不便で場所取って、しかも重い。
だからこそ着るだけで気持ちを別世界に連れて行ってくれるのかもしれません。
あるいは見える景色が変わりそれはもう至高のひとときにさせてくれるものだと信じたい。

だからこそBarCodeもそんな想いに応えたい。
というわけで、今回はこんな仕掛けをご用意。

_DSC7898

まずは先ほどと同じく蛍光灯やフラッシュライト下で撮影したごく普通のアイテムの着用写真。
白くキレイな質感なのは先ほど紹介した通り。

それをこうして、こうじゃ!的な感じでブラックライトやブルーLEDのもと撮影すると…

_DSC7894

こんな感じ。
近紫外線に反応して中のピンクがよりはっきりとしたり、
使い分けをしていたサテンが青く輝いたりして、
まるで月光の様な淡い中に秘められた威風の感じる色合いに。

_DSC7880

スポット的に青色LEDをスカート裾に当てフラッシュを弱くかけてみました。
コレはこれでなんとも幻想的な感じではないでしょうか?

特別な明かりに照らされて、なおかつ写真では表現できない深い味わい。
まさに超特別なドレスとなっております。

_DSC7899

更に×2DD系のどのバストサイズにも合わせるべく余裕の対応力
お写真右はDDdy左はDDS/S胸と対応しています。

配布予定価格は¥20000- 限定数3枚
Fukuoka I・Doll VOL.9から配布予定です。

何もかも特別な日に特別な一枚を

ヴェルターズオリジナルをもらえなかった男 <しぃ>

mini autumn

こんばんわこんにちわ。

前回のアイドールwestが終わってはや5日皆様おげんきでしょうか?
私は相変わらずドタバタな感じ。
少し肌寒い感じはしますがまだまだ陽気の感じれるいい季節ですね。
そんなgoodなタイミングの

来る2018年10月14日福岡国際会議場にて開催
Fukuoka I・Doll VOL.9にBarCodeはディーラー参加します。
ブース番号は「F09,10」ですよ。
準備期間は短めだったけど、
面白いモノを多数取り揃えまして皆様のお越しをお待ちいたしております。
是非×2遊びに来てくださいね。

というわけで今回もアイテム作ってまいりましたのでご紹介しますよ。
まずはこのアイテム!

デーデン!

_DSC7874

「レースinハイネックカットソーmini」です。
コレをMDD/SDC向けに小さくし生地を変えて明るく可愛くしたアイテム。
機能面はそのままにチビっ子たちにもちょっとオトナな雰囲気を楽しんでもらえるカットソーに。


_DSC7870


全体像はこんな感じ。
丈感はほんの少しDD向けのモノより長めにして、おなかを見せない安心をプラス。
白レースと明るいめのチェックがオトナ過ぎず可愛すぎない絶妙な感じ。

_DSC7872

バックスタイルはこんな感じで。
DD用と同じくファスナーですよ。
このカットソーの小さな売りは、
袖のところはちゃんと身頃地を使っていて、
耐久性・実用性面での当たり前をさり気なく意識しているところ。
もちろんこっちの方が”可愛かった”からって理由の方が大きい気が…。

ただ小さくするだけでなく、使いやすくなアイテム
配布予定価格は¥2500-
Fukuoka I・Doll VOL.9から配布予定です。

耳が小さいと言われる男 <しぃ>

in the autumn

こんばんわこんにちわ。

台風さんが無くなって意外と暑いそんな三連休中日。
皆様いかがお過ごし?

お出かけするにはいい感じですので行楽とか、ただ散歩するだけでも楽しそう。
春と違って日本では比較的のんびりとした時間が流れているような気がしますね。

そんなのんびりとした時間を過ごすのにちょうど良いアイテムが一つ出来上がりましたので、
ご紹介いたします。

どーん

_DSC7850

「レースinハイネックカットソー」です。

けっこう人気だったコレを今風にした感じのカットソー。
身頃地はウレタン入りウールで体を冷やしにくく動きの邪魔になりません。
レースも今回は少し柔らかく伸びのあるものを利用し最近にも通ずる進化を遂げました。

_DSC7852

後ろはこんな感じ。
レースをしっかり使い、前身頃のイメージを崩さず仕上げてみました。
それでいて今回はファスナー式にして着替えやすさUPで大変便利。

_DSC7856

ついでにコーディネートの見本を。
パンツと合わせた紹介のお写真の様な組み合わせもいいですが
この前紹介しましたスカートを使って何だかセンセーみたいな感じに。
家庭教師のお姉さん風といったところでしょうか。

男子は何だか期待が膨らむかも??

_DSC7859

裏の縫い少々を工夫して繋ぎ目に黒のラインが入っているように見えるのが、
今回のアイテムのちいさなオススメポイント。

フォーマルにもカジュアルにも使い方次第で色々遊べるので、
この秋のコーディネイトの基にしてみてはいかが?

配布予定価格は¥2500-
I・Doll West VOL.27から配布予定です。

この時期でも額に汗な男 <しぃ>

ひとつウエノ

こんばんわこんにちわ。

休憩をはさんで、またまたお目にかかりましたね。
意外と夜は更けっているものでそろそろ明朝と深夜の境目?
世界のどこかで起きて見てくれてる人が居ると信じながら今回もアイテムを一つご紹介。

まずは定番のお写真から~

どん! どん!


_DSC7841

左「ノーブルマンブラウス」と右「プリンスブラウス」です。

ベースを同じくし、色や対応サイズで名前を分けてみました。

ノーブルマンの方はDD・DDS・DDdy向け袖無しピンクストライプ柄のブラウス。
プリンスの方はMDD・SDC向け袖ありのモノトーンストライプ柄です。

まずはノーブルマンの方からご紹介。

_DSC7776

「ノーブルマンブラウス」
お名前の由来は「貴公子」、どこからか感じる高貴さが魅力。
軽くてしなやかなサテン地ストライプ柄で艶感のある手触り滑らかなブラウスです。
襟周りにレースやダミーのアスコットタイ(高貴そうなネクタイ)を付きでとってもゴージャス。
コチラは袖がない分胸元に目線が行く感じですね。

_DSC7778

バックスタイルはこんな感じ。
ヨークは今回無しにして素材本来の柔らかさを生かし厚み感を減らしてみました。
裾の長さはボトムに入れても出しても使えるちょい短め。

_DSC7846

パンツだけでなくスカートだって似合うんです。
その他にも袖がない事を利点にスーツやカーディガンと合わせやすいのも魅力だったりします。


続きまして、

_DSC7842

「プリンスブラウス」
お名前の由来は「王子様」
まだ、小さいけれど覇気を秘めた感じの堂々としたブラウス。
袖がある分より高貴な感じもありつつどこか可愛い。

コチラもサテンではありますが、少し硬めで光沢も控えめ。
その代わり手触りや生地自体の強さは「ノーブルマンブラウス」より強く、
引っ掛かりにくいので、暴れん坊な王子様&おてんばなお姫様に最適です。

_DSC7844

バックスタイルはこんな感じ。
コチラもヨークを無しにして少しでも薄くを目指しました。
その分動きにくく在ってはならない様に身頃はやや広めにとりました。

配布予定価格はどちらも¥3000-
I・Doll West VOL.27から配布予定です。

気品は身に纏いついてくるもの

気品あふれる男になりたい… <しぃ>
ギャラリー
  • ここにあった
  • ここにあった
  • ここにあった
  • 照らすは夜の
  • 照らすは夜の
  • 照らすは夜の
  • 照らすは夜の
  • 照らすは夜の
  • 照らすは夜の
QRコード
QRコード
記事検索
ランキング
ランキング2
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード